坂本龍馬の手紙/文久3年8月14日付?坂本乙女宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本乙女のページがあります。

  此はしハまづ人にゆハれ
  んぞよ。すこしわけがある。
長刀順付ハ千葉
先生より越前老公
へあがり候入江、御申付ニて
書たるなり。此人ハ
おさなというなり。本ハ
乙女といゝしなり。今
年廿六歳ニなり候。
馬によくのり劔
も余程手づよく、長
刀も出来、チカラハなみ
の男子よりつよく、
先たとへバうちに
むかしをり候ぎん
という女の、力料斗も
御座候べし。かほかたち
平井より少しよし。
十三弦じうさんげんのことよくひき、
十四歳の時皆傳カイデンいたし
申候よし。そしてゑもかき申候。
心ばへ大丈夫ニて
男子などをよばず。
夫ニいたりてしづか
なる人なり。ものかず
いはず、まあ今の
平井
○先日の御文難有
拝見。杉山へ御願の
事も拝見いたし候。
其返しハ後より
 十四日
  乙様                  龍