坂本龍馬の手紙/文久3年5月17日付坂本乙女宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本乙女のページがあります。

此頃ハ天下無二の軍学
者勝麟太郎という
大先生に門人となり、ことの
外かはいがられ候て、先
きやくぶんのよふなものに
なり申候。ちかきうちにハ
大坂より十里あまりの地ニて、
兵庫という所ニて、おゝきに
海軍ををしへ候所を
こしらへ、又四十間、五十間
もある船をこしらへ、
でしどもニも四五百人
も諸方よりあつまり
候事、私初栄太郎
なども其海軍所
に稽古学問いたし、
時〻船乗のけいこもいたし、
けいこ船の蒸気船ジヨウキセン
をもつて近〻のうち、
土佐の方へも参り申候。
そのせつ御見にかゝり可申候。
私の存じ付ハ、このせつ
兄上にもおゝきに御どふい
なされ、それわおもしろい、
やれと御もふし
のつがふニて候あいだ、
いぜんももふし候とふ
り軍サでもはじまり候時ハ
夫までの命。ことし命
あれバ私四十歳に
なり候を、むかしいゝし
事を御引合なさ
れたまへ。すこしヱヘン
ニかおしてひそかにおり申候。
達人の見るまなこハ
おそろしきものとや、
つれニもこれあり。
猶ヱヘンヱヘン、
                 かしこ。
   五月十七日          龍馬
     乙大姉御本

右の事ハ、まづ
あいだがらへも、すこしも
いうては、見込のちがう
人あるからは、をひとり
ニて御聞おき、
       かしこ。