坂本龍馬の手紙/文久3年3月20日付坂本乙女宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本乙女のページがあります。

扨も人間の一世ハがてんの行ぬハ
元よりの事、うんのわるいものハふろ
よりいでんとして、きんたまをつめわ
りて死ぬるものもあり。夫とくらべ
てハ私などハ、うんがつよくなにほど
死ぬるバへでゝもしなれず、じぶん
でしのふと思ふても又いきねバならん
事ニなり、今にてハ日本第一の
人物勝憐太郎殿という人に
でしになり、日々兼而思付所を
せいといたしおり申候。其故に
私年四十歳になるころ
までハ、うちにハかへらん
よふニいたし申つもりに
て、あにさんにもそふだん
いたし候所、このごろハおゝきに
御きげんよろしくなり、その
おゆるしがいで申候。国の
ため天下のためちから
おつくしおり申候。
どふぞおんよろこび
ねがいあげ、かしこ。
   三月廿日           龍
    乙様
     御つきあいの人ニも、
     極御心安き人ニハ
     内〻御見せ、かしこ。