坂本龍馬の手紙/慶応3年4月7日付坂本乙女宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本乙女のページがあります。

私しが土佐に帰りたりときくと、
幕吏ゑどやくが大おそれぞ、はやきおもみ
申候。四方の浪人らがたずねて
きて、どふもおかしい。近日京ニ
後藤庄次郎どのおらんと思ひ
候。其時ハ伏見の寺田やでやど
かり、伏見奉行をおそれ
さしてやろふとぞんじおり候。
何かさしあげ度候得ども、鳥渡
これなく白がねきひときさしあげ候。
御めしものニ被成候得バ、ありがたし。かしく。
  四月七日                龍馬
   乙様