坂本龍馬の手紙/慶応3年4月27日付寺田屋お登勢宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアお登勢のページがあります。

此一品ハきみへにおつかハし被成度、
あれハ今どこにおるかしらん、たゞ
きづかい候。此度ハ下の関にせつかく
つれてこふとおもいしニ、やれ/\、又これより
ながさきにかへるわ。言わいでもよろし
きことなれども、御きおつけて被下まし。
  四月廿七日
   おとせさま               梅より