坂本龍馬の手紙/慶応3年3月20日付印藤肇宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

 珍事御見ニ入候時、御耳入候。龍
今日出ましたる故ハ、一昨日薩州
村田新八山口の方へ、御使者ニ参り
たる事件云々。
又今日石川清之助が薩州より、
 条公までの使ニ参り、夫より
急〻上京する也。
吉之助翁ハ、先日土佐ニ行、
老侯ニエツし候所、実ニ同
論ニて土老侯も三月十五日まで
に大坂まで被出候よし、薩侯
にも急〻大坂まで参り土老と
一所に京方に押入、先
日州の大本を立候との事、
西郷も此度ハ必死覚ごのよし。
今日ハ外ニ用向もあり、
是より印藤翁と出かけ候。
三吉慎蔵様       直柔
     急報