坂本龍馬の手紙/慶応3年2月22日付三吉慎蔵宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア三吉慎蔵のページがあります。

  近時新聞
○薩州大山格之助廿日関
 ニ来ル。則面会。此人築
 前ニ渡リ本国ニ帰ル。其
 筑前ニ渡る故ハ此度、
 朝廷より三条卿を初メ
 五卿を御帰京の事被
 仰出候よし、此儀ニ依而の
 事なり。
○先日井上聞太が京師
 より下りし時の船ニて、西郷
 吉ハ帰国致セし。此故ハ
 薩侯御上京の儀を
 以て下りし。
○此頃幕ニも大ニおれ合、
 薩州にこび候事甚しく、
 然レども将軍ハよ程の憤
 発にて、平常に異り候
 事共おゝく、ゆだん不成
 と申合候。
○薩の周旋此頃よ程行ハレ、
 先ニ御引込ニ相成候、廿四卿の御
 寃罪も相解ケ、築前の
 三条卿ハ御帰京の上ハ、
 天子の御補佐とならさせられ
 候よし、此儀ハ小松、西郷など
 決して見込ある事のよし。
 然レバ先ヅ天下の大幸とも
 いうべきか、可楽〻。
○此頃将軍ハ海軍を大ニ
 ひらかんとて、米国へ大軍艦
 一艘船人ともに借入候よし。
 五ケ年ニて八十万金程費と
 申事のよし。幕、原一之進
 が咄し致し候よし。
  以上五条
   二月廿二日 認    龍馬
    慎蔵先生
        足下