坂本龍馬の手紙/慶応3年2月16日付三吉慎蔵宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア三吉慎蔵のページがあります。

此頃出崎の土佐参政後
藤庄次郎近頃の人物ニ
て候。内〻御見置可被成候
も、よろしからんと存じ、さ
し出し候          龍
   慎老台
おうち様まで御頼申置
慎蔵先生 左右           龍馬

  〈追白、此頃も相不変御いそがしきよしにて候。御出かけなどハ、御無用、其内又参上候。弟拝首。〉
此十日助太夫方まで帰り申候。折柄、満珠艦出帆の時にて、同人にも吉太夫ニも御目にかゝらず。
○此度ハ又〻家内のおき所にこまりしより、勢止お得ず同行したり。此儀ハ飯田在番ヘハ耳に入置たり。御聞置可被遣候。
○長崎の勢ハ一向常ニ変りたる事なし。
○其内、土佐国の勢がよ程なおり、長崎ニ出たる参政後藤庄次郎共、小弟に面会、十分議論致したりしに、大ニおもしろき勢、当年七八月の頃ニハ、土佐も立なおりて、昔日の長薩土となりハすまいかと相楽ミ申候。
○長崎ニて会津の家老神保修理に面会。会津ニハおもいがけぬ人物ニてありたり。
其時小弟ハ土佐人高坂龍次郎と申て出かけ、色々おかしき談ありしが、変りたる事なし。
  十六日
                                  龍馬