坂本龍馬の手紙/慶応3年2月13日付寺田屋お登勢宛1

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアお登勢のページがあります。

先日手紙さし出し候あとにて
箱が一ツある。宿のをかみさん
が、もし是は何ンでござり
ますゾへ、こゝにわすれた。
夫ハさておき今日虎が
きて心の竹をかきくどき
彼一ツけんを咄し聞候、今
すこし御めいわくかけ
金でこふとハおもわな
だに、御気の毒様
にて候。かしこ。
 十三日

寺田屋様    うめより
    御直披