坂本龍馬の手紙/慶応3年11月10日付林謙三宛

From Wikisource
Jump to navigation Jump to search

尊書よく拝見 但再度の 仕
候。然ニ船一条甚因循の
よし御苦心御察申上候。
別紙山崎へ送り候間、
内〻御覧の上山崎へ
御送り 但シ其封へのりを付て 奉願候。
此上君をして船から
でよの、なんのと云へバ、道
理ニ於、私し不
得不申」思ふニ唯君の
ミならず、久年積学、
もふ此頃ハ船の一ツも、私
より御渡し可申ハ当然
の所なるを、御存の通の
次第、ここに於ては私シ汗顔
の次第なり。されバ此
大極丸の一条ヘチヤモ
クレ、御一身おもしろく
なしとくれバ、海援
隊の名ハ身をよする所な
れバ、持ておるがよろし。それとも
幕へでも、薩へでも
唯君をよろこび、君
又天下に海軍を
以てちからをのべたまふ
所へ御出も、又御同意ニ
候。もし是より又御進
退の筋も在之候得バ、
一通御達置可被遣候。
前条の下の段申上候は
再度の御書中ニ於御察申、
御尤の御事と奉存候。
先は早〻、謹言。
 十一月十日      龍