坂本龍馬の手紙/慶応3年10月24日付岡本健三郎宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア岡本健三郎のページがあります。

唯今は御使被下難有、
然ニ越前行は今日出達
仕候よふ、後藤参政より昨日申
被聞候。是も、ものゝついで
に鳥渡聞候事故、今日
四ツ時に彼是取遣候為、私より
後藤の方参り候はずニ致候。
大兄御同行のことは
まだ不申候得ども、今日
は申出シ必御同行と存居申候。
夫であなた及私し家来
一人〆三人ニて今日出足
七ツ時頃よりも出かけ致度、
其御心積ニて、先キ触
大津の方迄御出し
可被遣候よふ御頼申入候。
竊ニ聞ク、越前侯は廿八日
国を発シ上京と。夫で
我等はよふ出足を急所也。
先は早〻、頓首。
 廿四日       龍

健三郎先生     梅太郎
     左右