坂本龍馬の手紙/慶応3年10月?後藤象二郎宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア後藤象二郎のページがあります。

唯今田生に聞候得バ、小松者おふかた蒸気船より帰るろふとの事なり。思ふニ中島作太郎も急ニ、長崎へつかハし度。紀州の事をまつろふ。陸からなれバ、拾五金もやらねばならず。小弟者御国ニて五十金、官よりもらいしなり。夫お廿金人につかハし自ら拾金計つい申、自分廿拾金計持居申候。中島作につかハさんと思ふニよしなし。

夫ニ三条侯の身
内小沢庄次と申
もの、小松のたより
に西ニ帰り度との
こと、
  是ハ相談して京ニ
  止まらせ申度、先刻
  申上置候ものなり。
右のものも何か買
ものも致し、又西
行するに廿金
かりてほしいと申候。
 但シ先生に。
是ハ先生のおぼ
しめし次第也。
実御気のどく
申上かね候。よろし
く。
其上ヱ小松へ
御聞合被遣
一人同船蒸気船の儀、御
頼可被遣度奉願候。
  但、中島長崎へ
  つかハす為。
後藤先生     才谷
    左右