坂本龍馬の手紙/慶応3年1月17日付伊藤助太夫宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

九日下の関を発ス。同十一日 
長崎港の口に来る。夫より私
壱人上陸、水夫等ハ同
十四日ニ上陸、荷物
もあげ申候。右よふ
御役所まで御達可被遣候。百拝。
   十七日
 伊藤九三様    才谷梅太郎
     御直披