坂本龍馬の手紙/慶応3年1月14日付木戸孝允宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア木戸孝允のページがあります。

 追白、溝淵広之丞よりさし
 出し候品ものハ中島作
 に相頼申候間、御受取
 可被遣候。彼広之丞誠に
 先生の御恩をかんじ
 実ニありがたがり居申候。
         再拝〻。
一筆啓上仕候。益御
安泰可被成御座候
然ニ先頃ハ罷出段〻
御セ話難有次第奉万
謝候。其節溝淵広
之丞ニ御申聞相願候
事件を、同国の
重役後藤庄次郎
一〻相談候より余程
夜の明候気色、重
役共又竊に小弟に
も面会仕候故、十分
論申候。此頃ハ土佐国ハ
一新の起歩相見へ申候。
其事共ハくハ敷、さし
出候中島作太郎に
申聞候間、御聞取可被遣。
もとより此一新仕候も
誠に先生の御力と
奉拝候事ニ御座候。当時
ニても土佐国ハ幕の
役にハ立不申位の所ハ
相はこび申候。今年
七八月にも相成候へバ、
事により昔の長
薩土と相成可申と
相楽ミ居申候。其
余拝顔の期、万〻
申上べく候。稽首〻。
 十四日    龍馬
 木圭先生
     足下