坂本龍馬の手紙/慶応2年7月27日付木戸孝允宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア木戸孝允のページがあります。

五大才にハ火薬千
金斗云頼置候。
一、小松、西郷などハ国ニ
居申候。大坂の方ハ大
久保、岩下がうけ持
なりとて、彼レ両人の周旋
のよしなり。
一、人数ハ七八百上りたり
と聞ユ。
一、幕の翔鶴丸艦ハ長
州より帰り、又先日出帆
致し、道中ニて船を
すにのりかけて、今長
崎へ帰りたり。
一、幕ハ夷艦を買入致
す事を大ニ周旋、今
又、二艘斗取入ニなる
よふす。
一、幕船たいてい水夫
共何故にや、将の命令
を用ひず。先日モ
翔鶴丸ハ水夫頭
及び其外十八人一同
ににげだし行方
不知。
一、私共の水夫一人 随分気強;キ者ナリ
幕船へのりたれ
バ 夫もまだたしかに;ハ知れず。 もし
関の方へ行よふなる事
なれバ、平生の幕船
とはちがい候かもし
れず、御心得可然哉、為之
申上る。
  七月廿七日  坂本龍馬
   木圭先生
        左右