坂本龍馬の手紙/慶応2年3月8日付高松太郎宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本直(高松太郎)のページがあります。

細左馬事、
兼而海軍の
志在、曽而馬関
を龍と同伴
ニて上京致候。在故
て薩に下らんとす。
今幸ニ太郎
兄が帰長の事
を聞ク。今なれバ
彼ユニヲンに左馬を
のせ候ても宜
かるべく、左馬事ハ
海軍の事ニハ
今ハ不者と
雖ども、度〻戦
争致候ものなれバ、
随分後にハ
頼も敷ものとも
相成候べしと楽居候。
もしユニヲンのつ
がふが宜しいとな
れバ、西吉、小大夫の
方ハ拙者より申談
候てつがふ宜く候。
能御考可被下候。
早々頓首〻。
  八日  龍
此書錦戸ニ頼ミ遣ス。
 但シ太郎ハ又変名在之。

多賀松太郎様  龍