坂本龍馬の手紙/慶応元年9月9日付池内蔵太家族宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア池内蔵太のページがあります。

時々の事ハ外よりも御聞被遊
候べし。然ニ先月 初五月;ナリシ
長国下の関と申所ニ参り滞
留致し候節、蔵に久しく
あハぬ故たずね候所、夫ハ
三日路も外遠き所に居
候より其まゝニおき候所、ふと蔵ハ
外の用事ニて私しのやどへ
まいり、たがいに手おうち候て、
天なる哉/\、きみよふ/\と
笑申候。このごろハ蔵一向
病きもなく、はなはだたしや
なる事なり。中ニもかん
しんなる事ハ、いつかふうち
のことをたずねず、修日だ
んじ候所ハ、唯天下国家の
事のみ。実に盛と云べし。
夫よりたがいにさき/″\の事ち
かい候て、是より、もふつまら
らぬ戦ハをこすまい、つまら
ぬ事にて死まいと、たがいニ
かたくやくそく致し候。
おしてお国より出し人ニ、戦
ニて命ををとし候者の
数ハ、前後八十名斗ニて、
蔵ハ八九度も戦場に
弾丸矢石ををかし候得ども、
手きずこれなく此ころ蔵
がじまん致し候ニハ、戦
にのぞみ敵合三四十間ニなり、
両方より大砲小銃打発
候得バ、自分もちてをる筒
や、左右大砲の車などへ、飛
来りて中る丸のおとバチ/\、
其時大ていの人ハ敵ニつゝの
火が見ゆると、地にひれふし
候。蔵ハ論じて是ほどの近
ニて地へふしても、丸の飛行
事ハ早きものゆへ、むへき
なりとてよくしんぼふ致し、
つきたちてよくさしづ致し、
蔵がじまんニて候。いつたい
蔵ハふだんニハ、やかましく
にくまれ口チ斗いゝてにくまれ
候へども、いくさになると人がよく
なりたるよふ、皆がかわいがる
よしニて、大笑致し候事
ニて候。申上る事ハ千万なれ
バ、先ハこれまで、早々。かしこ。
    九月九日      龍
     池 さま
     杉 さま
猶〻、もちのおばゞハいかゞや、
おくばんバさんなどいかゞや、
平のおなんハいかゞや。其
内のぼたもちハいかゞや。
あれハ、孫三郎、孫二郎お養
子ニすはずなりしが、是
もとがめにかゝりし、
いかゞにや時々ハ思ひ
出し候。
○あのまどころの島与
が二男並馬ハ、戦場ニて
人を切る事、実ニ高名
なりしが、故ありて先日賊
にかこまれ 其かず二百斗;なりしよし。 はら
きりて死たり。

〈ここより裏面〉
このころ時々京ニ出おり候ものゆへ、
おくにへたよりよろしきなり。
然バお内の事、ずいぶんこいし
く候あいだ、皆々様おんふみつ
かわされたく候。蔵にも
下され度候。
私にハあいかわらず、つまらん
事斗御もふし被成候
に、おゝきに私方も
たのしみニなり申候。
あのかわのゝむすめハ、
このころハいかゞニなり候や、
あれがよみ出したる月
の歌、諸国の人が知りて
おり候、かしこ。

お国の事お思へバ、扨今
日ハ節句とてもめんの
のりかいきものなどごそ/\と、
女ハおしろいあぎのかまほね
より先キに斗、ちよふどかい
つりの面の如くおかしく候
や。せんも京ニてハぎおん新
地と申ところにまいり候。
夫ハかのげいしやなどハ、
西町のねへさんたちとハかわ
り候。思ふニ、然レ共あの
門田宇平がむすめ下本
かるもが、さかり三林亡サンリンボヲなど
などお出し候時ハ、そのよふニ
おどりハ致すまじく、
たあほふのよふたばかり
かわり候べし。
○時に広瀬のばんばさん
ハ、もふしにハすまいかと存候。
○わたしがお国の人をきづ
かうハ、私しのうバの事ニ
て時々人にいゝ、このごろハ
又うバがでたとわらハれ候。
御目にあたり候得バ、御かわ
いがりねんじいり候。
○世の中も人の心もさわ
いだり、みだれたり致候得バ、
かへりてしづまり候て、
治世のよふなり候。なり
かへりて一絃琴などおん
はじめ、いかゞ。かしこ。
○文おんこしなれバ、乙女におん
たのみぢきとどき申候。このころ
ハよきたよりにでき候。蔵にも
かならず御こし、かしこ。
 池 さま
     各女中衆    龍より
 杉 さま