坂本龍馬の手紙/慶応元年9月9日付坂本乙女・おやべ宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本乙女のページがあります。

私共とともニ致し候て、盛なるハ
二丁目赤づら馬之助、水道通
横町の長次郎、高松太郎、
望月ハ死タリ。此者ら廿人斗
の同志引つれ、今長崎の方
ニ出、稽古方仕リ候。御国より
出しものゝ内一人西洋イギリ
ス学問所ニいりおり候。日本
よりハ三十斗も渡り候て、共ニ
稽古致し候よし。実ニ盛
なる事なり。
私しハ一人天下をへめぐり、
よろしき時ハ諸国人数
を引つれ、一時ニはたあげ
すべしとて、今京ニありけれ
ども五六日の内又西に行
つもりなり。然共下さるゝ
ものなれバ、ふしみ宝来橋寺田や
伊助まで下され候よふ
御ねんじなり。
じつにおくにのよふな所ニて、
何の志ざしもなき所ニ
ぐず/\して日を送ハ、実ニ
大馬鹿ものなり。

かへす/″\も今日ハ九月節句とて、
おやべがこんぺいとふのいがたが、おし
ろいにてふさがり候こと察いり候。ねこ
おいだき西のをくのゑんニて、ひなたぼつこ
ふ大口斗へヽラ/\さつしいり候。
  乙大姉ニ申奉ル。
扨、先日文さしあげ候。
よろしく御らん可被遣候。
○ちかごろおんめんどふニ
候得ども、実におね
がいニ候間、御聞込つかハ
されかし。
あのわたくしがをりし
茶ざしきの西のをしこみ
書物箱がありし、其中ニいかにも
こげしか;きがみか のひよふしかゝり候、
小笠原流諸礼の書十
本斗、ほんのあつさハ一分二
分斗の本のあつさニて候。此
頃あるかたより諸礼の
書求くれよとあり候得ども、
どふもこれなく、あれでなけれ
バどふもなり不申候。かならず/\
めんどふとうちすておかずニ
御こしつかハされたくねんじ候。
  是よりおやべどんニ
  もふす。
近頃御めんどふおんねが
いニ候。どふぞ御きゝこみねん
じいり候。扨、わたしがお
国ニおりし頃ニハ、吉村三太
と申もの頭のはげたわ
かいしゆこれあり候。これが
もち候哥本、新葉集
とて南朝 楠木正成公などの;ころよしのニて出来;しうたのほん也。
にてできし本あり。これ
がほしくて京都にて
色〻求候得ども、一向手ニいらず
候間、かの吉村より御かりもとめ
なされ、おまへのだんなさん
におんうつさせ、おんねがい
被成、何卒急ニ御こし
可被下候。
上申上候乙大姉えの御
頼の本、又おやべより被下
候本ハ、入道盈進まで
おんこし被成候時ハ私まで
とゞき候。
もし入道盈進ヱイシムがおく
にニかへり候時ハ、伏見ニて
おやしきのそバニ宝来ハシ
申へんに船やどニて寺田
や伊助、又其へんニ京橋
有、日野屋孫兵衛と申
ものあり。これハはたごやニて候。
此両家なれバちよふど私が
お国ニて安田順蔵さんのうちニ
おるよふな、こゝろもちニており
候事ニ候て、又あちらよりもおゝ
いにかわいがりくれ候間、此方
へ薩州様西郷伊三郎と御あて
のて、品ものニても、手がみニても
おんこし被遣候時ハ、私ニとゞき
候。かしこ。
  九月九日            龍
    おやべさん

  京のはなし然ニ内〻ナリ
とし先年雷三木三郎、梅田源二
郎、梁川星巖、春日など
の、名のきこへし諸生太夫が朝廷
の御為に世のなんおかふむりし
ものありけり。其頃其同志
にてありし楢崎某と申医師、
夫も近頃病死なりけるに、
其妻とむすめ三人、男子
二人、其男子太郎ハすこし
さしきれなり。次郎ハ五歳、
むすめ惣領ハ二十三、次ハ十六
歳、次ハ十二なりしが、本十分
大家にてくらし候ものゆへ、
花いけ、香をきゝ、茶の湯
おしなどハ致し候得ども、
一向かしぎぼふこふする事
ハできず、いつたい医者いしや
いうものハ一代きりのものゆへ、
おやがしんでハ、しんるいと
いうものもなし。たま/\あるハ
そのきよにじよふじて、家道
具などめい/\ぬすみてかへりたる
位にて、そのとふじハ家や
しきおはじめどふぐじ
ぶんのきりものなどうりて、
母やいもふとやしないありしよし
なれども、ついにせんかたなく、
めい/\とりわかり、ほふこふ致し
候てありしに、十三歳の女ハ殊
の外の美人なれバ、悪者これ
おすかし島原の里へまい
子にうり、十六ニなる女ハ
だまして母にいゝふくめさせ、
大坂に下し女郎ニうりし
なり。五歳の男子ハ粟田口
の寺へつかハせしなり。夫
おあねさとりしより、自分
のきりものをうり、其銭を
もち大坂にくだり、其悪もの
二人をあいてに死ぬるかくごにて、
ものふところにしてけんくわ
致し、とふ/\あちのこちのといゝつ
のりけれバ、わるものうでにほり
ものしたるをだしかけ、ベラボヲ
グチにておどしかけしに、元より
此方ハ死かくごなれバ、とびかゝりて
其者むなぐらつかみ、かを
したかになぐりつけ、イハク其方が
だまし大坂につれ下りし妹
とをかへさずバ、これきりであると
申けれバ、わるもの曰ク、女のやつ殺す
ぞといゝけれバ「女曰ク、殺し殺サレ
ニはる/″\大坂ニくだりてをる、夫ハ
おもしろい、殺セ/\といゝけるニ、
さすが殺すというわけニハまい
らず、とふ/\其いもとおうけ
とり、京の方へつれかへりたり。
めづらしき事なり。かの京の島原
にやられし十三のいもふとハ、とし
もゆかねバさしつまりしきづかい
なしとて、まづさしおきたり。
夫ハさておき、去年六月望月
らが死し時、同志の者八人斗も
皆望月が如戦死したりし。
そのまへ此者ら今の母むすめ
が大仏辺にやしないかくし、
女二人してめしたきしてありしが、
其さわぎの時、家の道具も皆
とりでの人数が車につみとりかへ
りたれハハ、今ハたつきもなく、
自分ハ母と知定院と言亡父が
寺に行、やしなハれてありし。日〻クウ
やくハずに、じつあわれなるくらしなり。
此あとハ又つぎニ申上る。
 右女ハまことにおもしろき女
 ニて月琴おひき申候。今
 ハさまでふじゆうもせずく
 らし候。此女私し故ありて
 十三のいもふと、五歳になる男子
 引とりて人にあづけおきすく
 い候。又私のあよふき時よくすくい
 候事どもあり、万一命あれバどふ
 かシテつかハし候と存候。此女乙大姉
 をして、しんのあねのよふニあいた
 がり候。乙大姉の名諸国ニあらハれ
 おり候。龍馬よりつよいというひよふばんなり。
 ○なにとぞおびか、きものか、
 ひとつ此者ニ御つかハし被下度、
 此者内〻ねがいいで候。此度の
 願候よふじハ、
 乙さんニ頼候ほん
 おやべニ頼みしほん
 夫ニ乙さんのおびか、きものか
 ひとすぢ是非御送り、
 今の女ニつかハし候。今の
 の名ハ龍と申、私しニにて
 おり候。早々たずねしニ、
 生レし時父がつれし名よし。
 ○そして早〻忘れし事
 あり。あの私がをりし茶
 ざしきの西の通りがある、其
 上ニ竹が渡してゑやら字やら
 なにか、とふしニ記し候もの
 あり、其中、順蔵さんのかきし
 ものあり。御送り、そして短尺タンシヤク
 箱に 母上―;父上の 御哥、おばあさんの
 御哥、権兄さんのおうた、おまへさ
 んの御うたこれありけり。なニ
 とぞ父上母上おばあさんなど
 死うせたまいし時と日と、皆
 短尺のうらへおんしるしなされ
 おんこし。この中ニ順蔵さん
 が私しニおくりし文がとふし
 ニしるし、大てい半紙位の
 ものあり、御こし。是ハ英太郎
 が父の者ほしがり候間、つかハし
 候。
 夫ニ此度の御ねがいハ、それ/″\
 おんきゝすてなく御こし
 ねんじ、かしこ。
      九月九日        龍
乙あねさん
おやべどん
 御頼のもの;かず/\並ニ;おはなし;長き御返じ;被下度候。