坂本龍馬の手紙/慶応元年9月7日付坂本権平・乙女・おやべ宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本権平のページがあります。
Wikipedia
ウィキペディア坂本乙女のページがあります。

九月六日朝、はからず京
師寺町ニ川村盈進
入道ニ行合、幸御一家
の御よふす承り御機嫌宜
奉大賀候。二ニ私共初、太郎
無異儀憤発出勢
罷在、御安慮奉願候。
一、目今時勢御聞入候。
当時さしつまりたる所ハ、
此四月頃宇和島候より長州
え送一封の事也。夫ハ
此度将軍長征ノ故を、幕
史より書付を以て送りタル写也。
其文ニ曰ク、
此度進発在ルハ長州
外夷と通じ、容易ならざる
企有之候。尤和蘭コンシユル横
浜ニ於て申立也と。
又曰ク下の関ニ私ニ交易場
を開キたり。
其外三条皆小事件也。
時ニ龍ハ下春江戸より京ニ上
リ、夫より蒸気の便をえしより、
九国ニ下リ諸国を遊ビ、下の
関ニ至る頃、初五月十日
前なりし。当時長州ニ
人物なしと雖、桂小五郎ナル者アリ。
故ニ之ニ書送リケレバ、早速ニ
山口ノ砦を出来リ候。数件ノ
談アリ。末ニ及ビ彼宇
和島より来るの書の事ニ
及ビ候。龍此地ニ止ル前後六十
日計ナリ。其頃和蘭舶
中国海より玄海ニ出ルアリ。
時ニこれを止ム。長官ノ者上
陸人数八名、其内英人一名
アリ。桂小五郎及井藤春
助ラ、大ニ憤リ、アル時ニ当レバ彼
ノ宇和島より来ル所の書を以
て曰ク、 此時春外長二名;及龍馬もアリ 無種の流
言して幕府長との中
をたがへ、目今将軍大兵
を発し大坂ニ来ル、是和
蘭の讒より起りし事也。
何故ニ候やと申ヨリ初メ
前後談数語別ニ書有、
和蘭人も赤面し義セし
ナリ。
和蘭曰ク毛も長を讒セし
事なし。是則小倉候
ヨリ長州の讒申立しニ
よりし、則小倉より申立
し書付ハ外国奉行より
見セくれしより、手帳ニ記シ
アリし故、御見目かけ
申べし。夫を幕史らが
和蘭より申立し事と、
事をあやしく仕立しなり
と申しき。
長、井藤春曰ク、然レ
バ近日幕兵一戦ニ
及バヽ、先初ニ此談ニ及ぶべし。
又小倉えも此国より無種
流言其罪を責候べし。
其時ハ立合呉候べきかと
尋候。
蘭うなづき承知致セし、
夫ハさてをき
上の事を一〻書付を以て
此頃小倉を責問セしニ、
小倉言葉なく幕府
ニ其長の書と小倉の
家老の付紙とを以て、急ニ
御詮儀被下度とて願出
候。
此上の事許ハ先、幕
か蘭か小倉か其罪
をうけずしてハすまず。
○此頃幕府より長州家
老又ハ末藩召出し
の儀を下したり。然ニ
長州ハ曽てより不出と
云儀を定たり。幕ハ
不出バ大兵西下と義
を定メ、諸々触出したり。
其兵を出スの期根ハ九月
廿七日也。
此頃、長ハ兵を練候事
甚盛。四月頃より今ニ至ル
まで、日〻朝六時頃より四ツ時
頃迄、国中の練兵変ル
ヿなし。先三百人より四百
人を一大隊とす。一大隊ごとニ
惣官参謀あり、郷〻村〻
朝〻大隊の練兵す。
日本中ニハ外ニあるべからず。
其国ニ入レバ山川谷〻皆〻
護胸壁計ニて、大てい
大道路不残地雷火
ニて、西洋火術ハ長
州と申べく、小し森あれ
バ野戦鉋台あり、同
志を引て見物甚おもしろし。
私夫より此頃上京ニ有り、
又摂ニ有、唯頓所ニ居申候。
御安心可被遣候。申上レ
バかぎりも無事ニて
候間、後便ニのこし候
  七月七日         稽首謹白。
                 龍馬
  尊兄
  大乙姉
  於ヲやべどの
追白、乙大姉ニ申奉ル。かの
南町のうバヽどふしている
やら、時〻きづかい申候。もはや
かぜさむく相成候から、
なにとぞわたのもの御
つかハし、私しどふも百里
外、心にまかせ不申、きづかい
おり候。
此書御らんの後ハ安
田順蔵大兄の本ニ御廻
願入候。かしこ。