坂本龍馬の手紙/慶応元年12月3日付印藤肇宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

一筆啓上仕候。
然ニ私十一月廿四日
浪華出帆、同廿六夕
上の関ニつき申候。
夫より今日下の関ニ
参り其まゝ御とゞ
け申上候。いづれ
拝顔の上万々。
      謹言
  十二月三日 龍馬
   聿大兄
      足下
  印藤様   直陰