坂本龍馬の手紙/慶応元年12月29日付印藤肇宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

昨日山口より中島
四郎、能間百合熊、福
原三蔵外要路
の人山田宇右衛門と
か申人被参候。い
まだ咄合も不仕候
所なれども、案ズ
ルニ今日中ニ事
すミと相成可申か、
山口よりハ木圭小五郎
よりも長〻敷手紙
参、半日も早く
上京をうながされ
候。然レ共此度の上
京私一人外当時
船の乗組一人位の
事なるべくたれか
京ニ御出しなれバ、
はなはだつがふ
能しかるべし。
一、山口の方へハ薩州人
 黒田了介と申人参
 居候故、此人とともニ
 桂氏ハ先日上京と
 承り候。其桂ニ
 諸隊の者人物
 とよバれ候人を七
 八名も同行致セし
 よし申来り候。
一、私しの船ハ正月二日
 三日頃出しも可
 仕か、いまだ不分明
 なり。
右よふ成行ニ候
得バ其御心積
なり。
  廿九日  謹言〻。

印藤様     龍馬