坂本龍馬の手紙/慶応元年10月3日付池内蔵太宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア池内蔵太のページがあります。

去月二十九日上関に薩の小蝶丸にて参りたり。然るに此度の用事は云々、先づ京師のヨフスは去月十五日将軍上洛、二十一日、一、会、桑、暴に朝廷にせまり、追討の命をコフ。挙朝是にオソレユルス。諸藩さゝゆる者なし。唯薩独り論を立たり。其よしは将軍廿一日参内、其朝大久保尹君に論じ、同日二条殿に論じ、非義の勅下り候時は、薩は不奉と迄論じ上げたり。されども幕のコフ所にゆるせり。薩云々等朝に大典の破し事憤りて、兵を国より召上せ、既に京摂間に事あらんと。龍也此度山口に行、帰りに必ず面会、事により上に御同じ可仕候かとも存候。何れ近日、先は早々頓首。
      三日
       内蔵太 様                       龍馬