坂本龍馬の手紙/慶応元年閏5月5日付渋谷彦介宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

○坂本龍馬ヨリ渋谷彦助へ―将軍上洛ノ件
〈包紙ウワ書〉
「薩州御藩
  渋谷彦助様        坂本龍馬
       足下
  〆                」
 二白、本文ニ土方楠左ハ国
本より出候ものゝ内ニハ一寄咄合て
遣候ものニて候よし、時情も存候ものなり。
以後御引合在之候時ハ必此者がよろしく候、
かしこ。
其後益御安泰奉大賀候。然バ此度
土方楠左衛門上国より下り候。此者の咄、
将軍家かつて伝聞の通り既ニ
発足。東海道通行軍旅候て、人数
五万と申事のよし、一件に付岩下
左兄早々蒸気船を以て御国許ニ帰
られ、今月十日頃ニハ西吉兄及
 小大夫
など御同伴のよし承り候、それニ付てハ
私よりハ書状ハ御国ヘハ出し不申、兎
も角も御老の上雅兄よろしく
土方楠左より長及時勢被聞取の上久
 ハ敷
御国ニ御伝ヘ可被下候、先ハ早々謹白候。
  末五月五日       龍馬
   渋彦大人
      足下

 追々
 来五月六日桂小五郎山口より参り面会仕候所、惣方長州の論とハかわり余程大丈夫ニてたのもしく存候。
当時小五郎ハ大ニ用られ国論なとも取定候事書出候よしニて、ともに/\よろこび候事ニ御座候、かしこ