坂本龍馬の手紙/安政5年11月19日付住谷信順・大胡資敬宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

尊札拝見仕候。寒気之節益御安泰、長途無御罣御修業、珍重之御儀奉存候。扨仰被越候御趣、何レ拝願之上御相談可申上奉存候。然ニ奴儀無拠要用ニ相掛居申候間、明後出足ニ而其御許迄参上可仕奉存候。誠ニ偏境之地、殊ニ山中御滞留故、御徒然奉察候。
                                  恐惶謹言。
   十一月十九日

                                  坂本龍馬
  加藤於莵之介様
  菊地清兵衛様
      貴下