坂本龍馬の手紙/安政3年9月29日付相良屋源之助宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

  二白、御家内へも宜敷御伝声可被下候、以上。
一筆啓上仕候。冷気次第に相増し候へ共、弥御安全可被成目出度奉存候。随而野生儀道中筋無異議江戸に着仕り、築地屋敷に罷在候。乍憚御休意被下度候。陳者出足の節は御懇念被下、又御見事成る御送物被下千万忝き次第に奉存候。早速御礼申上筈の処、失礼に打過ぎ候段、御仁免可被下候。定而御国下御静謐恐悦至極と奉存候。先者右御礼迄、早々如此に御座候。
                                  恐惶謹言。
    九月二十九日                        坂本龍馬
     相良屋源之助様
            御左右