国際連合安全保障理事会決議84

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
決議84(1950年)
1950年7月7日に開催された安全保障理事会第476回会合において賛成7、反対なし、棄権3(エジプト、インド、ユーゴスラビア)で採択された。

安全保障理事会は、

北朝鮮からの軍による大韓民国に対する武力攻撃は平和の侵害を構成すると認定し、

国際連合加盟国が武力攻撃の撃退し、地域の国際平和と安全を回復するために必要と思われる援助を大韓民国に対して提供することを勧告した。

1.国際連合の政府や人々が、大韓民国を武力攻撃から防衛する支援のための、また地域の平和と安全を回復するための、1950年6月25日並びに27日の決議82(1950)並びに決議83(1950)に与えた迅速で強力な支援を歓迎する。

2.国際連合加盟国が、大韓民国に対する支援の提供を国際連合へ伝えたことに留意する。

3.前述の決議に従い武力及びその他支援の提供する全ての加盟国は、そのような武力及びその他支援をアメリカ合衆国指揮下の統一部隊へ供することを勧告する。

4.合衆国に対して、その軍の司令官の指名を要請する。

5.統一部隊がその裁量により北朝鮮軍に対する作戦の過程において各国の旗とともに国際連合の旗を使用することを許可する。

6.統一部隊の下で取られた行動の経過は、安全保障理事会へ適宜報告することを合衆国へ要請する。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この文書は、国際連合の公式文書であり、パブリックドメインの状態にあります。次の文書は、国際連合のAdministrative Instruction ST/AI/189/Add.9/Rev.2により、世界中でパブリックドメインの状態に置かれています(これは参考要旨です)。

  1. 国際連合の機関又は会議の手続に関する公式記録(議事録、付属機関・関連機関への報告書、決議集等)
  2. シンボルマークを付して公式に発表された国際連合の文書
  3. 国際連合の広報資料(主に国際連合の活動を周知するために作成された出版物、定期刊行物、パンフレット、プレスリリース、カタログ等。ただし販売されているものを除く。)
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。