国際連合安全保障理事会決議678

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
決議678(1990年)
1990年11月29日に開催された安全保障理事会第2963回会合において、投票により、賛成12、反対2(キューバ及びイエメン)、棄権1(中国)で採択された。

安全保障理事会は、

1990年8月2日の決議660(1990年)、1990年8月6日の決議661(1990年)、1990年8月9日の決議662(1990年)、1990年8月18日の決議664(1990年)、1990年8月25日の決議665(1990年)、1990年9月13日の決議666(1990年)、1990年9月16日の決議667(1990年)、1990年9月24日の決議669(1990年)、1990年9月25日の決議670(1990年)、1990年10月29日の決議674(1990年)と1990年11月28日の決議677(1990年)を想起、再確認し、

国際連合による努力にも関わらず、イラクは決議660(1990年)と上記の関連する決議を履行する義務に従うことを拒否し、安全保障理事会に対する甚だしい侮辱を行ったことに留意し、

国際連合憲章の下、国際平和と安全保障の保護と持続のための義務と責任を認識し、

これら決定の完全な遵守を確保するため決断し、

憲章第7章の下で行動し、

1.イラクが決議660(1990年)とそれに続く全ての決議を完全に履行することを要求し、全ての決定を留保しつつ、善意の行動として、イラクがこれを行う為の最後の機会を与えることを決定する。

2.クウェート政府と協力している加盟国に対して、1991年1月15日当日かそれより前にイラクが第1項に定める事項の完全な履行を行わない限り、前記の決議の通り、決議660(1990年)とそれに続く全ての決議の支持と履行のためと、地域内の国際的な平和と安定回復のために、必要な手段を全て使うことを許可する。

3.全ての国に対して、本決議の第2項に基づいて実施される措置に対して適切な支援をすることを要請する。

4.関係国に対して、本決議の第2項及び第3項に基づいて実施される措置について、安全保障理事会に定期的に通知するよう要請する。

5.問題に対して引き続き取り組むことを決定する。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この文書は、国際連合の公式文書であり、パブリックドメインの状態にあります。次の文書は、国際連合のAdministrative Instruction ST/AI/189/Add.9/Rev.2により、世界中でパブリックドメインの状態に置かれています(これは参考要旨です)。

  1. 国際連合の機関又は会議の手続に関する公式記録(議事録、付属機関・関連機関への報告書、決議集等)
  2. シンボルマークを付して公式に発表された国際連合の文書
  3. 国際連合の広報資料(主に国際連合の活動を周知するために作成された出版物、定期刊行物、パンフレット、プレスリリース、カタログ等。ただし販売されているものを除く。)
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。