国会開会式のおことば (令和時代)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

国会開会式のおことば (令和時代)(こっかいかいかいしき の おことば)は、日本の第126代天皇今上天皇(徳仁)が在位中(2019年5月1日 - )の国会開会式において述べた「おことば」である。


第199回(臨時会)

2019年(令和元年)8月1日 国会議事堂参議院議場[1]

  本日,第百九十九回国会の開会式に臨み,参議院議員通常選挙による新議員を迎え,全国民を代表する皆さんと一堂に会することは,私の深く喜びとするところであります。
  ここに,国会が,国権の最高機関として,当面する内外の諸問題に対処するに当たり,その使命を十分に果たし,国民の信託に応えることを切に希望します。
(同年5月1日,天皇の退位等に関する皇室典範特例法施行により,第125代天皇上皇明仁から譲位され皇位継承をし,第126代天皇に即位した。)

第200回(臨時会)

2019年(令和元年)10月4日 国会議事堂参議院議場[2]

  本日、第二百回国会の開会式に臨み、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。
  ここに、国会が、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、国権の最高機関として、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します。


脚注[編集]

  1. 第199回国会開会式 - 衆議院
  2. 第200回国会開会式:衆議院

関連項目[編集]