十二ケ月唱歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

修身教育十二ヶ月唱歌

中村秋香 作歌
一月
門に立てたる 松竹に さす朝日影 いさましく 軒にかゝげし 日のはた ふきわたる風 のどかなり」
和服洋服 とり/″\の よそひめでたき 年始客 はうながし まち/\の 姿すがたをかしき 五萬歳
ひるたこあげ 獨樂こままはし 又は羽根はねうち まりをつき よるは雙六 歌がるた 笑ひさゞめく おもしろさ」
興ある月は 一月や 樂しき時は 新年や これも思へば 御世の恩 いざや歌はん 君が代を」
二月
今日はかしこき 紀元節 折しもあたりし 初午はつうまかすみそめたる 大空おほぞらのぼあさ影清かげきよく」
二つ三つ四つ はるげて ほゝゑむまどうめてはしばく 鶯も まだかたなりの ホーホケキヨ」
のきにひらめく 日のはたを 見れば心も うごくなり 鎭守ちんじゆもりの 大皷の音 聞けばむねさへ とどろきぬ」
次郎よお春よ いざさらば くもそびゆる たか千穗ちほうたひつれつゝ もろともに 稻荷いなりやしろまうでばや」
三月
雪もこほりも うぐひすの 聲もろともに とけゆきて やゝもえそむる 若草の たもとに吹きて 寒からぬ」
風にほゝゑむ 口びるの いろなつかしき もヽのはな 雨にひそめる まゆずみの にほひえならぬ 青柳あをやぎや」
野はおしなべて 淺みどり しとねを敷きて 人をまち 山にはなびく 八重やへがすみ とばりかかげて 花をぶ」
試驗もけふにて はてにけり 明日あすあさより おもふどち 野やまの春を さぐりてん 天氣も定めて よかるべし」
四月
新學年は 來りたり 男 われら女 わなみは級も すゝみたり 今日けふは神武の 御祭日 空よく晴れて うらゝかに」
かすみをもるゝ 春風は うぐひすのを さそひきて たもとをかろく 吹きかへし 柳のいとに あやをり」
蝶はうかれて 花にまひ はちはたはれて 空にとぶ いざわれ/\も 野にいでゝ 男 ベースボールを女 すずなたんぽゝ うつたへにつみはやし」
樂しくのどけく おもしろく 遊びくらさん 今日ひと このまつりに この春の きうたはママいはひも とりそへて」
五月
くわういんのごとし かすみか雪か はた雲か とばかり見つる やまざくら 花のさかりも とく過ぎて」
山吹つゝじ なしのはな にほへるいろの ふかくさ 春も末野の さくら草 夏にかゝれる 松のふぢ
わかばすゞしく ふく風に たなびくこひの 吹きぬきや 五月の空とは なりにけり げに光陰は 矢のごとし」
いでや月日を をしみつゝ まなびを修めて 鯉のごと 雲井にたかく あふがるゝ いさをし立てん 世のために」
六月
日はながくして 年のごと 教のにはより かへり來て 家庭の復讀さらひ をはりても 遊ぶいとまは なほ多く」
 せん さい れい さまざまの女 おに事ままこと かくれんぼ あそびは夕より 夜にかけて 月夜はことに おもしろく またやみの夜は 螢がり」
田舍ゐなかはこのごろ 製茶時 ある養蠶こがひ植付うゑつけせはしきうちの のどけさは 都にしらぬ ぞめきなり」
昨日も今日も をやみなく ふりつゞきたる さみ月雨たれ外面とのものあそびも なしがたし えい骨牌かるたを いざとらん」
七月
やまほとゝぎす なきふるし つばめのひなも 生ひたちて 百日紅は 咲きそめぬ 夏期の試驗に ちかよれり」
わが師の君は のたまへり 勤むるときには よくつとめ 遊ぶときには よく遊べ 遊ぶはつとむる ためなりと」
この學年と なりしより 運動會に 遠足に また學校の ほかにても われらわなみは十分 あそびたり」
試驗のした おこたらず いざやつとめん 復習を 勤むるわれらわなみが 脊のほとり 樂しき休暇は 來てまてり」
八月
試驗も首尾よく 事はてゝ よるひる待ちに またれつる 樂しくうれしく 男愉快なる女 のどかなる 夏期休業は 來りたり」
この愉 快のどかなる 休業を われらわなみはいかに おくるべき 川にやゆかん 裁縫料理の 川がりに あそびごと 海にやゆかん 稽古ながらに しほあみにしてやみん」
我等は海國 をなくに 男子なり たみなり 游泳およぎをしらで國につくさで あるべしや あそびながらにまづ第一に この夏は 泳游をよぎを習ひ看護婦あそびを おぼゆべし むねとせん」
海もよしまたそのひまにまた 川もよし裁縫や すゞみがてらの料理應接 水およぎさまざまの その隙々に遊びをなして 狩をもしおのづから すなどりもして家政の事をも 樂 ま んまなぶべし」
九月
夏期休業中 とざしつる 學のまどは 開かれて 十二時びけも 今日かぎり あすより常と なりぬべし」
われらわなみは永き やすみ中 種々の遊びに 日をおくり ほと/\今は みはてゝ 學校戀しく なりにけり」
すだれうごかす ゆふ風は 袖にすママしく おとづれて 夜もやゝながく ともしびの かげなつかしく なりそめぬ」
いでやつとめん 復習を まさに夜學の 時はきぬ ながき休暇を おもしろく 樂しく過ぎしは 今日のため」
十月
めもはるかなる まちの こがねの波は ゆたかなる 年のひかりを うちよせて にほ榮ゆる うまし稻」
早稻わせをばきのふ かりそめぬ 中稻なかておくても おしなべて たのみ多かる としぞとて ざゞめきあへり 里びとは」
今日は十月 中七日 神嘗かむなめまつりの 御祭日 鎭守のやしろの 日待の日 いざやまうでん うぶ土神すなへ」
里にはひらめく 日の御旗 森にはとゞろく 大皷の音 こゝろは空に うきたちぬ いざやまうでん うぶすなへ」
十一月
今日のこの日は わが國の 三大節の うちにても ことにめでたき あきつかみ わが天皇すめらぎ御誕生みあれの日」
吾天皇われすめらぎは 我國に 立憲制度を 敷かせられ 我々われ/\たみに 民權を 下し賜ひし 君ぞかし」
わが天皇すめらぎは わがくにの 版圖をひろめて 東洋の 覇國と世界に うたはるゝ もとゐを開きし 君ぞかし」
いざやうたはん もろともに 天津日影を 折かへし いざや祝はん もろ聲に 今日のよき日を くりかへし」
十二月
昨日とくらし 今日と過ぎ 月日流るゝ あすか川 ゆきてかへらぬ とし波は しはすてふ瀬に うちよせぬ」
こゝにかしこに すすはらひ もちつくおとの いさましく かなたこなたの きぬくばり とりやりするも にぎはゝし」
神棚はじめ 浪速しめママはへて 屠蘇とそ喰積くひつみ凖備いそぎつゝ 門にはしつらふ 松かざり はや一月の ここちせり」
一月來らば いかにせん 凧に羽子板 こまてまり 樂しきあそび いとおほし く一月に なれよかし」

この著作物は、1947年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。