北海道歌 (1904年)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

歌詞[編集]

  1. 寒潮流かんちょうながれて きたよりし 暖汐走だんせきわしれり みなみより
    四海しかいなみの ところ いだすや無比むひの 海産物うみつもの
  2. 西大陸にしたいりくの かよい 東巨洋ひがしきょようの かぜ
    世界せかいせいの ところ ここぞ無尽むじんの 富源ふげんなる
  3. 石狩いしかりかわ わたり 後志しりべしやま てん
    炭砿深たんこうふかく 油泉湧ゆせんわく あなうるわわしの 島根しまねかな
  4. 森暗もりくらくして 熊叫くまさけび 浪高なみたかくして 鯨吼くじらほ
    風蕭々かぜしょうしょうとして 水寒みずさむし あないさましの 景色けしきかな
  5. 札幌さっぽろはら 春立はるたてば 屯田浅とんでんあさく かすみこめ
    函館はこだてわん 秋来あきくれば 弦月淡げんげつあわし 五稜郭ごりょうかく
  6. 小樽おたるなつの あけぼのに 款乃遠ふなうたとおき 真帆まほ片帆かたほ
    根室ねむろふゆの たそがれに ゆきふみわけて 鹿しか
  7. こなたにのぞむ 率土そとケ浜がはま 雲井くもいとおく あおぐなる
    きみ稜威みいづらされて あらたなり 国土こくど
  8. あなたに一葦いちい へだつるは うらみもふかき 樺太からふと
    むかしながらの 山河さんが いま朝日あさひや こいぬらん
  9. 神風一かみかぜひとたび でて 北溟ほくめいこん おどりなば
    千年ちとせあいだ つめぐ 荒鷲あらわしも なにかある
  10. われ北方ほっぽうの きょうとして われ北溟ほくめいの こんとして
    いで銅標どうひょうを きみがため 北辰星下ほくしんせいかに うつしてん

  • 底本:『北海タイムス』明治37年(1904年)11月3日付1面
    • 原文は旧字・旧仮名遣い。

この著作物は、1945年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。