創世記1 (文語訳ルビ付)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<文語訳旧約聖書 (ルビ付)

舊新約聖書 [文語]』日本聖書協会、1953年
明治元訳聖書
創世記

第1章[編集]

1はじめかみてんちつくりたまへり 2かたちなくむなしくしてやみわだおもてにありかみれいみづおもておほひたりき

3かみひかりあれといひたまひければひかりありき 4かみひかりよしたまへりかみひかりやみわかちたまへり

5かみひかりひるなづやみよるなづけたまへりゆふありあさありきこれはじめなり

6かみいひたまひけるはみづなかおほぞらありてみづみづとをわかつべし 7かみおほぞらつくりておほぞらしたみづおほぞらうへみづとをわかちたまへりすなはかくなりぬ

8かみおほぞらてんなづけたまへりゆふありあさありきこれふつかなり 9かみいひたまひけるはてんしたみづひとところあつまりてかわけるつちあらはるべしとすなはかくなりぬ

10かみかわけるつちなづみづあつまれるをうみなづけたまへりかみこれよしたまへり

11かみいひたまひけるはあをくさたねしやうずるくさそのるゐしたがむすびみづからたねをもつところむすいだすべしとすなはかくなりぬ

12あをくさそのるゐしたがたねしやうずるくさそのるゐしたがむすびてみづからたねをもつところいだせりかみこれをよしたまへり

13ゆふありあさありきこれみつかなり 14かみいひたまひけるはてんおほぞらひかりありてひるよるとをわかまたしるしのためときのためのためとしのためになるべし

15またてんおほぞらにありててらひかりとなるべしとすなはかくなりぬ 16かみふたつおほいなるひかりつくおほいなるひかりひるつかさどらしめちひさひかりよるつかさどらしめたまふまたほしつくりたまへり

17かみこれをてんおほぞらおきてらさしめ 18ひるよるつかさどらしめひかりやみわかたしめたまふかみこれをよしたまへり

19ゆふありあさありきこれよつかなり 20かみいひたまひけるはみづにはいきものさはしやうとりてんおほぞらおもてうへとぶべしと

21かみおほいなるうをみづさはしやうじてうごすべていきものそのるゐしたがひてつくまたつばさあるすべてとりそのるゐしたがひてつくりたまへりかみこれよしたまへり

22かみこれしゆくしていはうめふえうみみづみてまたとりふえよと

23ゆふありあさありきこれいつかなり

24かみいひたまひけるはいきものそのるゐしたがひいだかちくはふものけものそのるゐしたがひいだすべしとすなはかくなりぬ

25かみけものそのるゐしたがひつくかちくそのるゐしたがひつくすべてはふものそのるゐしたがひつくたまへりかみこれよしたまへり

26かみいひたまひけるはわれらかたどりてわれらかたちごとくにわれらひとつくこれうみうをそらとりかちくぜんちところすべてはふものをさめしめんと

27かみそのかたちごとくにひとつくりたまへりすなはかみかたちごとくにこれつくりこれをとこをんなつくりたまへり

28かみかれらしゆくかみかれらいひたまひけるはうめふえみてこれしたがはせよまたうみうをそらとりうごところすべていきものをさめよ

29かみいひたまひけるはわれぜんちおもてにあるたねのなるすべてくさたねあるこのみすべてとをなんぢらあたふこれはなんぢらのかてとなるべし

30またすべてけものそらすべてとりおよびすべてものなどおよいのちあるものにはわれしよくもつとしてすべてあをくさあたふとすなはかくなりぬ

31かみそのつくりたるすべてものたまひけるにはなはよかりきゆふありあさありきこれむいかなり

第2章[編集]

1かくてんちおよびそのしうぐんことごとなり2なぬかめかみそのつくりたるわざをへたまへりすなはそのつくりたるわざをへなぬかやすみたまへり

3かみなぬかしゆくしてこれきよめたまへりかみそのつくりなしたまへるわざことごとをへこのやすみたまひたればなり

4ヱホバかみてんつくりたまへるてんちつくられたるそのゆらいこれなり

5すべていまにあらずすべてくさいまだしやうぜざりきはヱホバかみあめふらせたまはずまたつちたがへひとなかりければなり

6きりよりのぼりてつちおもてあまねうるほしたり 7ヱホバかみつちちりもつひとつくいのちのいきそのはなふきいれたまへりひとすなはいけるものとなりぬ

8ヱホバかみエデンのひがしかたそのまうけそのつくりしひとそこおきたまへり

9ヱホバかみみるうるはしくらふにもろもろつちよりしやうぜしめまたそのなかいのちおよびぜんあくしるしやうぜしめたまへり

10かはエデンよりいでそのうるかしこよりわかれてよつみなもととなれり

11そのだいいちはピソンといふこれきんあるハビラのぜんちめぐものなり 12そのきんまたブドラクとへきぎょくかしこにあり

13だいかははギホンといふこれはクシのぜんちめぐものなり 14だいさんかははヒデケルといふこれはアッスリヤのひがしながるるものなりだいかははユフラテなり

15ヱホバかみそのひととりかれをエデンのそのこれをさこれまもらしめたまへり

16ヱホバかみそのひとめいじていひたまひけるはそのすべてなんぢこころのままにくらふことを

17されぜんあくしるなんぢそのくらふべからずなんぢこれくらにはかならしぬべければなり

18ヱホバかみいひたまひけるはひとひとりなるはよからずわれかれかなたすけかれのためにつくらんと

19ヱホバかみつちすべてけものそらすべてとりつくりたまひてアダムのこれいかなづくるかをんとてこれかれところひきゐいたりたまへりアダムがいきものけたるところみなそのとなりぬ

20アダムすべてかちくそらとりすべてけものあたへたりされどアダムにはこれかなたすけみえざりき

21ここおいてヱホバかみアダムをふかねむらしめねむりしときそのあばらぼねひとつにくをもてそこふさぎたまへり

22ヱホバかみアダムよりとりたるあばらぼねをんなつくこれをアダムのところつれきたりたまへり

23アダムいひけるはこれこそわがほねほねわがにくにくなれこれをとこよりとりたるものなればこれをんななづくべしと

24このゆえひとそのちちはははなれてそのつまふたりいつたいとなるべし

25アダムとそのつまふたりともはだかにしてはぢざりき

第3章[編集]

1ヱホバかみつくりたまひしいきものなかへびもつとさがへびをんなひけるはかみまことなんぢらそのすべてくらふべからずといひたまひしや

2をんなへびいひけるはわれらそのくらふことを 3されそのなかあるをばかみなんぢらこれくらふべからずまたこれさはるべからずおそらくなんぢらしなんといひたまへり

4へびをんないひけるはなんぢらかならずしぬことあらじ 5かみなんぢらこれくらにはなんぢらひらなんぢらかみごとくなりてぜんあくしるいたるをりたまふなりと

6をんなみれくらふうるはしくかつかしこからんがためしたはしきなるによりてつひそのとりくらまたこれおのれともなるをつとあたへければかれくらへり

7ここにおいてかれらともひらけかれらそのはだかなるをすなはいちじくつづりつくれり

8かれらそのうちすずしころあゆみたまふヱホバかみこゑききしかばアダムとそのつますなはちヱホバかみかほさけそのあひだかくせり

9ヱホバかみアダムをよびこれいひたまひけるはなんぢいづこにをるや 10かれいひけるはわれそのうちなんぢこゑはだかなるによりおそれてかくせりと

11ヱホバいひたまひけるはなんぢはだかなるをなんぢつげしやなんぢなんぢくらふなかれとめいじたるくらひたりしや

12アダムいひけるはなんぢあたへわれともならしめたまひしをんなかれそのわれにあたへたればわれくらへりと

13ヱホバかみをんないひたまひけるはなんぢがなしたるこのことなにぞやをんないひけるはへびわれまどはしてわれくらへりと

14ヱホバかみへびいひたまひけるはなんぢこれなしたるによりなんぢすべてかちくすべてけものよりもまさりてのろはるなんぢはらばひいつしやうあひだちりくらふべし

15またわれなんぢをんなあひだおよびなんぢすゑをんなすゑあひだうらみおかかれなんぢかしらくだなんぢかれくびすくだかん

16またをんないひたまひけるはわれおほいなんぢはらみくるしみすべしなんぢくるしみてうままたなんぢをつとをしたひかれなんぢをさめん

17またアダムにいひたまひけるはなんぢそのつまことばききなんぢめいじてくらふべからずといひたるくらひしによりつちなんぢのためにのろはるなんぢいつしやうのあひだくるしみそれよりしよく

18つちいばらあざみとをなんぢのためにしやうずべしまたなんぢくさくらふべし

19なんぢかほあせしてしよくもつくらつひつちかへらんそのなかよりなんぢとられたればなりなんぢちりなればちりかへるべきなりと

20アダムそのつまをヱバとなづけたりかれすべていけるものははなればなり

21ヱホバかみアダムとそのつまのためにかはごろもつくりてかれらせたまへり 22ヱホバかみいひたまひけるはかのひとわれらひとりごとくなりてぜんあくされおそらくはかれそのいのちをもりてくらかぎりなくいきんと

23ヱホバかみかれをエデンのそのよりいだしそのとりつくられたるところのつちたがへさしめたまへり 24かくかみそのひとおひいだしエデンのそのひがしにケルビムとおのづからまはほのほつるぎおきいのちみちまもりたまふ

第4章[編集]

1アダムそのつまエバをかれはらみてカインをみていひけるはわれヱホバによりてひとりひとたりと

2かれまたそのおとうとアベルをうめりアベルはひつじものカインはつちたがへものなりき

3のちカインつちよりいづもちきたりてヱホバにそなへものとなせり

4アベルもまたそのひつじうひごそのこえたるものたづさへきたれりヱホバ、アベルとそのそなへものかへりみたまひしかども

5カインとそのそなへものをばかへりたまはざりしかばカインはなはいかかつそのおもてをふせたり

6ヱホバ、カインにいひたまひけるはなんぢなんいかるやなんおもてをふするや 7なんぢもしよきおこなはばあぐることをえざらんやもしよきおこなはずばつみかどぐちかれなんぢしたなんぢかれをさめん

8カインそのおとうとアベルにものがたりぬかれらにをりけるときカインそのおとうとアベルにたちかかりてこれころせり

9ヱホバ、カインにいひたまひけるはなんぢおとうとアベルはいづこにをるやかれわれしらずわれあにわがおとうとまもりてならんやと

10ヱホバいひたまひけるはなんぢなにをなしたるやなんぢおとうとこゑよりわれさけべり

11さればなんぢのろはれてこのちはなるべしこのちそのくちひらきてなんぢおとうとなんぢよりうけたればなり

12なんぢたがへすともふたたびそのちからなんぢいたさじなんぢさまよさすらひびととなるべしと

13カイン、ヱホバにいひけるはつみおほいにしてふことあたはず 14なんぢけふこのちおもてよりわれおひいだしたまふわれなんぢかほることなきにいたらんわれさまよさすらひびととならんおよわれものわれころさん

15ヱホバかれいひたまひけるはしからずおよそカインをころものしちばいばつうけんとヱホバ、カインにものかれうたざるためしるしかれあたへたまへり

16カイン、ヱホバのまへはなれでエデンのひがしなるノドのすめ17カインそのつまかれはらみエノクをうめりカインまちそのまちそのしたがひてエノクとなづけたり

18エノクにイラデうまれたりイラデ、メホヤエルをみメホヤエル、メトサエルをみメトサエル、レメクをうめ19レメクふたりつまめとれりひとりはアダとひとりはチラといへ

20アダ、ヤバルをめりかれてんまくすみかちくところものせんぞなり

21そのおとうとはユバルとかれことふえとをとるすべてのものせんぞなり

22またチラ、トバルカインをうめかれあかがねてつもろもろものきたものなりトバルカインのいもうとをナアマといふ

23レメクそのつまたちいひけるはアダとチラよわがこゑけレメクのつまよわがことばいれわれわがいたでのためにひところすわがきづのためにわかうどころ

24カインのためにしちばいばつあればレメクのためには七十七ばいばつあらん 25アダムまたそのつましりかれをとこのこそのをセツとなづけたりかれかみわれにカインのころしたるアベルのかはりにほかたねあたへたまへりといひたればなり

26セツにもまたをとこのこうまれたりかれそのをエノスとなづけたりこのときひとびとヱホバのよぶことをはじめたり

第5章[編集]

1アダムのでんふみこれなりかみひとつくりたまひしかみかたどりてこれつくりたまひ

2かれらなんによつくりたまへりかれらつくられしかみかれらしゆくしてかれらのをアダムとなづけたまへり

3アダム百三十さいおよびてそのかたちしたがおのれかたどりてそのをセツとなづけたり

4アダムのセツをうみのちよわひは八百さいにしてなんしによしうめ5アダムのいきながらへたるよはいすべて九百三十さいなりきしかしてしね

6セツ百五さいおよびてエノスをうめ7セツ、エノスをうみのち八百七ねんいきながらへてなんしによしうめ

8セツのよはいすべて九百十二さいなりきしかしてしね9エノス九十さいにおよびてカイナンをうめ

10エノス、カイナンをうみのち八百十五ねんいきながらへてなんしによしうめ11エノスのよはいすべて九百五さいなりきしかしてしね

12カイナン七十さいにおよびてマハラレルをうめ13カイナン、マハラレルをうみのち八百四十ねんいきながらへてなんしによしうめ

14カイナンのよはいすべて九百十さいなりきしかしてしね15マハラレル六十五さいおよびてヤレドをうめ

16マハラレル、ヤレドをうみのち八百三十ねんいきながらへてなんしによしうめ17マハラレルのよはいすべて八百九十五さいなりきしかしてしね

18ヤレド百六十二さいおよびてエノクをうめ19ヤレド、エノクをうみのち八百ねんいきながらへてなんしによしうめ

20ヤレドのよはいすべて九百六十二さいなりきしかしてしね21エノク六十五さいおよびてメトセラをうめ

22エノク、メトセラをうみのち三百ねんかみとともにあゆなんしによしうめ23エノクのよはいすべて三百六十五さいなりき

24エノクかみともあゆみしがかみかれをりたまひければをらずなりき 25メトセラ百八十七さいおよびてレメクをうめ

26メトセラ、レメクをうみしのち七百八十二ねんいきながらへてなんしによしうめ27メトセラのよはいすべて九百六十九さいなりきしかしてしね

28レメク百八十二さいおよびてをとこのこ29そのをノアとなづけていひけるはこのはヱホバののろひたまひしれるわがはたらきわがほねをりとにつきわれらをなぐさめん

30レメク、ノアをうみのち五百九十五ねんいきながらへてなんしによしうめ31レメクのよはいすべて七百七十七さいなりきしかしてしね

32ノア五百さいなりきノア、セム、ハム、ヤペテをうめ

第6章[編集]

1ひとおもてふえはじまりてをんなのここれうまるるにおよべるとき

2かみたちひとむすめうつくしきをそのこのところものとりつまとなせり

3ヱホバいひたまひけるはわがみたまながひとあらそはじかれにくなればなりされかれは百二十ねんなるべし

4このころにネピリムありきまたそののちかみたちひとむすめところりてこどもうましめたりしがそれゆうしにしていにしへあるひとなりき

5ヱホバひとあくおほいなるとそのこころおもひすべはかところつねただあしきのみなるをたまへり

6ここおいてヱホバうへひとつくりしことをいてこころうれへたまへり

7ヱホバいひたまひけるはつくりしひとわれおもてよりぬぐひさらひとよりけものはふものそらとりにいたるまでほろぼさんわれこれつくりしことをくゆればなりと

8されどノアはヱホバののまへにめぐみたり 9ノアのでんこれなりノアはただしきひとにしてそのまつたものなりきノアかみともあゆめり

10ノアはセム、ハム、ヤペテのさんにんうめ11ときかみのまへにみだれてばうぎやくちたりき

12かみみるたまひけるにみだれたりひとみなそのみちをみだしたればなり

13かみノアにいひたまひけるはすべてひとをはりわがまへちかづけりかれらのためにばうぎやくにみつればなりわれかれらとともにほろぼさん

14なんぢまつのきをもてなんぢのためにはこぶねつくはこぶねうちつくやにをもてそのうちそとるべし

15なんぢかくこれつくるべしすなはそのはこぶねながさは三百キユビトそのひろさは五十キユビトそのたかさは三十キユビト

16またはこぶねあかりまどつくうへいちキユビトにこれつくあぐべしまたはこぶねそのかたはらまうくべししたかいさんがいとにこれつくるべし

17われこうずゐおこしてすべいのちいきあるにくなるものてんかよりほろぼたたにをるものみなぬべし

18されなんぢとはわれわがけいやくをたてんなんぢなんぢこらなんぢつまおよびなんぢこらつまとともにそのはこぶねるべし

19またもろもろいきものすべにくなるものをばなんぢおのおのそのふたつはこぶねたづさへいりてなんぢとともにそのいのちたもたしむべしそれめをなるべし

20とりそのるいしたがけものそのるいしたがすべてはふものそのるいしたがひておのおのふたつなんぢところいたりてそのいのちたもつべし

21なんぢくらはるるすべてくひものなんぢもととりこれなんぢところあつむべしこれすなはなんぢこれらものくひものとなるべし

22ノアかくすべかみおのれめいじたまひしごとくしかせり

第7章[編集]

1ヱホバ、ノアにいひたまひけるはなんぢなんぢいへみなはこぶねいるべしわれなんぢがこのひとうちにてわがまへただしきたればなり

2すべてきよけものめをななつづつなんぢもときよからぬけものめをふたつ

3またそらとりめをななつづつとりたねぜんちおもていきのこらしむべし

4いまなぬかありてわれ四十にち四十やるあめふらしめわれつくりたるあらゆるものおもてよりぬぐひさら

5ノア、ヱホバのすべおのれめいじたまひしごとくなせり 6こうずゐありけるときにノア六百さいなりき

7ノアそのこらそのつまおよびそのこらつまともこうずゐさけはこぶねにいりぬ

8きよけものきよからざるけものとりおよびすべてもの

9めをふたつづつノアにきたりてはこぶねにいりぬかみのノアにめいじたまへるがごと10かくてなぬかのちこうずゐのぞめり

11ノアのよはいの六百さいの二ぐわつすなはそのつきの十七にちあたこのおほわだみなもとみなやぶあまひらけて

12あめ四十にち四十そそげり 13このにノアとノアのセム、ハム、ヤペテおよびノアのつまそのこらの三にんつまもろともはこぶねにいりぬ

14かれらおよびすべてけものそのるゐしたがすべてかちくそのるいしたがすべものそのるいしたがすべてとりすなはもろもろたぐひとりみなそのるいしたがひてりぬ

15すなはいのちいきあるもろもろにくなるものふたつづつノアにきたりてはこぶねにいりぬ

16いりたるものもろもろにくなるものめをにしてみないりぬかみかれめいじたまへるがごとしヱホバすなはかれとぢこめたまへり

17こうずゐ四十にちにありきここにおいてみづはこぶねうかめてはこぶねうへたかくあがれり

18しかしてみづはびこりておほいしぬはこぶねみづおもてただよへり

19みづはなはだおほいはびこりければてんたかやまみなおほはれたり 20みづはびこりて十五キユビトにのぼりければやまやまおほはれたり

21おほようごにくなるものとりかちくけものすべてものおよびひとみなしね

22すなはおほよそのはないのちいきのかよふものすべくがにあるものしね

23かくつちおもてにあるあらゆるものひとよりけものはふものそらとりにいたるまでことごとぬぐひさりたまへりこれらよりぬぐひさられたりただノアおよびかれとともにはこぶねにありしもののみのこれり

24みづ百五十にちのあひだにはびこりぬ

第8章[編集]

1かみノアおよびかれとともにはこぶねにあるすべていきものすべてかちくおもひたまひてかみすなはかぜうへふかしめたまひければみづりたり

2またわだみなもとあまとぢふさがりててんよりのあめやみ3ここおいみづしだいよりしりぞき百五十にちてのちみづ

4はこぶねは七ぐわついたそのつきの十七にちにアララテのやまとどまりぬ 5みづしだいへりて十ぐわついたりしが十ぐわつついたちやまやまいただきあらはれたり

6四十にちてのちノアそのはこぶねつくりしまどひらき7からすはなちけるがみづかるるまでゆききしをれり

8かれおもてよりみづひきしかをんとてまたはとはなちいだしけるが

9はとそのあしうらとどむべきところずしてかれかへりてはこぶねいたれりみづぜんちおもてにありたればなりかれすなはそののべこれとらはこぶねうちにおのれのところひきいれたり

10なほまたなぬかまちふたたはとはこぶねよりはなちけるが 11はとくれにおよびてかれかへれりそのくちかんらんわかばありきここおいてノアよりみづひきしをしれり

12なほまたなぬかまちてはとはなちけるがふたたかれところかへらざりき

13六百一ねんの一げつついたちみづかれたりノアすなははこぶねおひのぞきてしにつちおもてかはきてありぬ

14ぐわつの二十七にちいたりてかわきたり 15ここかみノアにかたりていひたまはく

16なんぢおよびなんぢつまなんぢこらなんぢこらつまともにはこぶねいづべし

17なんぢとともにあるもろもろにくなるすべていきものもろもろにくなるものすなはとりかちくおよびすべてはふものひきゐいでよこれおほそだちうへうみかつふえますべし

18ノアとそのこらそのつまおよびそのこらつまともにいでたり 19すべてけものすべてはふものおよびすべてとりなどおようごものしゆるゐしたがひてはこぶねよりいでたり

20ノア、ヱホバのためにだんきづもろもろきよけものもろもろきよとりとりはんさいだんうへささげたり

21ヱホバそのかうばしにほひぎたまひてヱホバそのこころいひたまひけるはわれふたたひとゆゑよりのろふことをせじひとこころはかるところそのおさなきときよりしてあしかればなりまたわれかつなしたるごとふたたもろもろいけものほろぼさじ

22のあらんかぎりはたねまきどきかりいれどきさむさあつさなつふゆおよびひるよるやむことあらじ

第9章[編集]

1かみノアとそのこらしゆくしてこれいひたまひけるはうめふえみて

2すべてけものそらすべてとりすべてものうみすべてうをなんぢらおそなんぢらをののかんこれらなんぢらあたへらる

3おほよいけどうぶつなんぢらしよくとなるべしあをもののごとくわれこれみななんぢらあた

4されにくそのいのちなるそののままにくらふべからず 5なんぢらいのちながすをばわれかならたださんけものこれをなすもひとをこれをすもわれたださんおほよひときやうだいひといのちとらわれただすべし

6おほよひとながものひとそのながさんかみかたちのごとくにひとつくりたまひたればなり

7なんぢらうめふえおほくなりてそのうちふえ8かみノアおよびかれともにあるそのこらつげいひたまひけるは

9われなんぢらなんぢらのちしそん 10およびなんぢらともなるもろもろいきものすなはなんぢらとともなるとりかちくおよびもろもろけものけいやくたてすべはこぶねよりいでたるものよりもろもろけものにまでいたらん

11われなんぢらけいやくたてすべにくなるものふたたこうずゐたたるることあらじまたほろぼこうずゐふたたびあらざるべし

12かみいひたまひけるはわれなんぢらおよびなんぢらともなるすべていきものあひだよよかぎりなくところけいやくしるしこれなり

13われわがにじくもうちおこさんこれわれとのあひだけいやくしるしなるべし

14すなはわれくもうへおこときにじくもうちあらはるべし

15われすなはわれなんぢらおよびすべにくなるもろもろいきものあひだのわがけいやくおもはんみづふたたもろもろにくなるものほろぼこうずゐとならじ

16にじくもうちにあらんわれこれかみにあるすべにくなるもろもろいきものとのあひだなるとこしへけいやくおぼえん

17かみノアにいひたまひけるはこれわれにあるもろもろにくなるものとのあひだたてたるけいやくしるしなり

18ノアのこらはこぶねよりいでたるものはセム、ハム、ヤペテなりきハムはカナンのちちなり 19これらはノアのさんにんなりぜんちたみこれらよりいでひろがれり

20ここにノアののうふとなりてぶだうばたけつくることをはじめしが 21ぶだうしゆのみよひてんまくうちにありてはだかになれり

22カナンのちちハムそのちちのかくしどころそとにありしふたりきやうだいつげたり

23セムとヤペテすなはころもとりともそのかたうしろむきあゆみゆきてそのちちはだかおほへりかれらかほうしろにしてそのちちはだかざりき

24ノアさけさめてそのわかおのれなしたることれり

25ここおいかれいひけるはカナンのろはれよかれしもべらしもべとなりてそのきやうだいつかへん

26またいひけるはセムのかみヱホバはほむべきかなカナンかれしもべとなるべし 27かみヤペテをおほいならしめたまはんかれはセムのてんまくすまはんカナンそのしもべとなるべし

28ノアこうずゐのち三百五十ねんいきながらへたり 29ノアのよはいすべて九百五十ねんなりきしかしてしね

第10章[編集]

1ノアのセム、ハム、ヤペテのでんこれなりこうずゐあとかれらこどもうまれたり

2ヤペテのはゴメル、マゴグ、マデア、ヤワン、トバル、メセク、テラスなり 3ゴメルのはアシケナズ、リパテ、トガルマなり 4ヤワンのはエリシヤ、タルシシ、キツテムおよびドダニムなり 5これらよりくにぐにしまたみわかいでおのおのそのことばそのやからそのくにとにしたがひてそのすめ

6ハムのはクシ、ミツライム、フテおよびカナンなり 7クシのはセバ、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカなりラアマのはシバおよびデダンなり 8クシ、ニムロデをうめかれはじめてちからあるものとなれり

9かれはヱホバのまへにありてちからあるかりうどなりきこのゆえにヱホバのまへにあるかのちからあるかりうどニムロデのごとしといふことわざあり

10かれくにはじまりはシナルののバベル、エレク、アツカデ、およびカルネなりき 11そのよりかれアッスリヤにでニネベ、レホポテイリ、カラ

12およびニネベとカラのあひだなるレセンをたてたりこれおほいなるまちなり 13ミツライム、ルデびとアナミびとレハビびとナフトびと

14バテロスびとカスルびとおよびカフトリびとうめりカスルびとよりペリシテびといでたり 15カナンそのうひごシドンおよびヘテ

16エブスびとアモリびとギルガシびと 17ヒビびとアルキびとセニびと 18アルワデびとゼマリびとハマテびとうめのちいたりてカナンびとやからひろがりぬ

19カナンびとさかひはシドンよりゲラルをてガザにいたりソドム、ゴモラ、アデマ、ゼボイムにそひてレシヤにまでおよべり 20これらはハムのしそんにしてそのやからそのことばそのとちそのくにしたがひてりぬ

21セムはヱベルのすべてしそんせんぞにしてヤペテのあになりかれにもこどもうまれたり 22セムのはエラム、アシユル、アルパクサデルデ、アラムなり

23アラムのはウヅ、ホル、ゲテル、マシなり 24アルパクサデ、シラをみシラ、エベルをうめ25エベルにふたりうまれたりひとりをペレグ(わかれ)といふかれくにわかれたればなりそのおとうとをヨクタンと

26ヨクタン、アルモダデ、シヤレフ、ハザルマウテ、ヱラ 27ハドラム、ウザル、デクラ 28オバル、アビマエル、シバ 29オフル、ハビラおよびヨバブをうめこれらみなヨクタンのなり 30かれらすめるところはメシヤよりしてひがしやまセバルにまでいたれり

31これらはセムのしそんにしてそのやからそのことばそのとちそのくにとにしたがひてりぬ

32これらはノアのやからにしてそのちすぢそのくにしたがひてりぬこうずゐのちこれらよりくにぐにたみわかいでたり

第11章[編集]

1ぜんちひとつことばひとつおんのみなりき 2ここひとびとひがしうつりてシナルのひらのそこすめ

3かれらたがひいひけるはいざかはらつくこれやかんとつひいしかはりかはらしつくひかはりちやんたり

4またいひけるはいざまちたふとをそのたふいただきてんにいたらしめんかくしてわれらあげぜんちおもてることをまぬかれんと

5ヱホバくだりてかのひとびとたつまちたふとをたまへり 6ヱホバいひたまひけるはたみひとつにしてみなひとつことばもちいますでこれはじめたりされすべそのなさんとはかこととどられざるべし

7いざわれらくだかしこにてかれらことばみだたがひことばつうずることをざらしめんと

8ヱホバつひかれらかしこよりぜんちおもてちらしたまひければかれらまちたつることをやめたり

9このゆえそのはバベル(みだれ)とばるはヱホバかしこぜんちことばみだしたまひしによりてなりかしこよりヱホバかれらぜんちおもてちらしたまへり

10セムのでんこれなりセム百さいにしてこうずゐのちの二ねんにアルパクサデをうめ11セム、アルパクサデをうみのち五百ねんいきながらへてなんしによしうめ

12アルパクサデ三十五さいおよびてシラをうめ13アルパクサデ、シラをうみのち四百三ねんいきながらへてなんしによしうめ

14シラ三十さいにおよびてエベルをうめ15シラ、エベルをうみのち四百三ねんいきながらへてなんしによしうめ

16エベル三十四さいにおよびてペレグをうめ17エベル、ペレグをうみのち四百三十ねんいきながらへてなんしによしうめ

18ペレグ三十さいにおよびてリウをうめ19ペレグ、リウをうみのち二百九ねんいきながらへてなんしによしうめ

20リウ三十二さいにおよびてセルグをうめ21リウ、セルグをうみのち二百七ねんいきながらへてなんしによしうめ

22セルグ三十ねんにおよびてナホルをうめ23セルグ、ナホルをうみしのち二百ねんいきながらへてなんしによしうめ

24ナホル二十九さいおよびてテラをうめ25ナホル、テラをうみのち百十九ねんいきながらへてなんしによしうめ

26テラ七十さいおよびてアブラム、ナホルおよびハランをうめ