初等科國語 六/土とともに

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

一 土とともに[編集]

ひでり[編集]

 今年は、ひでりだ。ちやうは、うらめしさうに天を仰いだ。もう、何度雨ごひをしたか知れない。けれども、雨雲一つ浮かんでは來なかつた。

「この村に、きつと不信心者がゐるんだ。」
「だれだ。」
「だれだ。」 

農夫たちは、口々にそんなことをいつた。

 畠の土が、ぽこぽこに乾ききつてゐる。黄色な土が、すつかり白つぽくなつた。せと物のやうに固くなり、ひびがはいつた。

 花をつけようとした麥が、そのまま枯れて、見えるかぎりの麥畠は、しらがになつた。

 たべる物が、だんだんなくなつて來る。大事にしまつておいたくらの物も、あと、いくらもなくなつてしまつた。

「張さん、何か惠んでください。うちの子どもが、うゑてゐます。」

 張は、自分の二人の息子のことを思ひ、倉には、ほとんど物のないことも思つた。それでも、張は、倉から麥粉を出して來た。

「ありがたうございます。これで、子どもたちは、生き延びませう。」

 井戸の水も、かれて來る。

「おとうさん、どこかへ行きませう。」

二人の子どもは、かういつてせがんだ。けれども、張はだまつてゐた。

「おとうさん、御飯のあるところへ行きませう。」
「──」
「おかあさんも、いつしよに行きませうね。」

 張は、突然大きな聲でどなつた。

「どこへ行かうといふのだ。干ぼしになつても、ここを離れることはできない。」

大水[編集]

 ある年は、雨續きであつた。來る日も、來る日も、ざんざん降つた。

「これでは大水だな。」

 張は、遠くを流れてゐる川の音に、耳をすました。

 一たび、この川があふれたが最後、ここらあたりは、海のやうになつてしまふ。畠はもちろんのこと、家でも、土塀どべいでも、樹木じゆもくでも、べうでも、みんな水びたしになつて、くづれてしまふのだ。

「水には、かなはない。立ちのかう。」

 張は、夜具をかつぎ、手に麥粉と塩をさげ、妻は、なべや、やくわんや、布ぎれなどを持つた。二人の子どもは、茶わんや、紙や、油や、マッチを持つた。

「もう、こんなところには來ないね。おとうさん。」
「おとうさん、わたしも、こんなところはいやだよ。」
「何をいつてゐる。水さへ引けば、すぐここへもどつて來るのだ。」

 水を逃げて行く農夫の群が、あちらにも、こちらにも、雨に打たれて動いてゐた。

いなご[編集]

「おお、今年こそは豐年だ。」

 張は、よく實のりかけた麥畠を見渡しながら、「何年ぶりかで、倉がいつぱいになるな。」と思つた。

 張は、子どもたちと約束した物を、ふと思ひ出した。たこがあつた。笛があつた。なつめの砂糖づけもあつた。

 こんなことを思ひながら、地平線を見た。すると、にはかに黑い雲がわいて來た。それが、みるみる近づいて來る。

 雲ではなかつた。

「いなごだ、いなごの大群だ。」
「おうい、おうい。いなごだぞう。」
「いなごだぞう。」

 農夫たちは、はうきを持つたり、たいまつを持つたりしたまま、うはのそらで、天を見てゐるばかりである。

 いなごの群は、雨のやうに、ざあつと畠に降つた。作物は、ひとたまりもなく、むざんに食ひ荒されてしまつた。

明月[編集]

 五風十雨、今年は、何とありがたい年であつたらう。あはも、大豆も、かうりやんも、これ以上實のれないといふほど、ゆたかにみのつた。

 今日は夜明けから、張の家では、麥刈をやつてゐた。いくら汗が流れても、樂しい汗であつた。いくら、腰や腕がつかれても、こころよいつかれであつた。

「これで、もう大丈夫。こんどこそ安心。」

長い麥の一うねを刈りあげるたびに、こんなひとりごとをいつた。子どもたちとの約束が、果せると思つただけでも、張はうれしくてならなかつた。

 仲秋ちゆうしう明月の夕暮である。

 畠から大きな月が出て來た。

 庭へ出した机の上に、なしやぶだうを供へた。

 べにをつけたお菓子もかざつた。

 らふそくには、火がともつた。風のない靜かな月の出である。二人の子どもは、笛を合はせて吹いてゐる。

 張は、しみじみと幸福にひたつた。