共和国革命軍事会議令第1号

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ロシア語の原文[編集]

ПРИКАЗ № 1 РЕВОЛЮЦИОННОГО ВОЕННОГО СОВЕТА РЕСПУБЛИКИ

  • 6 сентября 1918 г.

§1 Постановлением Всероссийского Центрального Исполнительного Комитета 2 сентября учрежден Революционный военный совет Республики...

§2 Революционному военному совету Республики непосредственно подчиняются Всероссийский главный штаб, Центральное управление по снабжению армии, Военно-законодательный совет и все органы Народного комиссариата по военным делам.

§3 С формированием Революционного военного совета Республики Высший военный совет упраздняется, все его функции, дела, документы и суммы передаются в штаб Революционного военного совета Республики.

§4 Главнокомандующим всеми Вооруженными Силами Республики назначается Главнокомандующий Восточным фронтом И. Вацетис. (...)

日本語訳[編集]

共和国革命軍事会議令第1号

  • 施行:1918年9月6日

第1条 全露中央執行委員会決定により、9月2日、共和国革命軍事会議を設置する。

第2条 共和国革命軍事会議には、全露総本部、中央陸軍補給局、軍事立法会議及び軍事問題人民委員部の全機関が直属する。

第3条 共和国革命軍事会議の編成と共に、最高軍事会議を廃止し、その全ての機能、業務、文書、資金を共和国革命軍事会議本部に委譲する。

第4条 共和国全軍総司令官に、東部戦線総司令官I.ヴァツェチスを任命する。

訳者[編集]

出典[編集]

  • Хрестоматия по отечественной истории. 1914-1945. С. 200-201.

外部リンク[編集]

この著作物は、日本国においては日本国著作権法13条により「憲法その他の法令」は著作権の目的とならないためパブリックドメインの状態にあり、ウィキメディアサーバの所在地であるアメリカ合衆国においては米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(en:w:Edict of governmentも参照)であるため、パブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、"制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料"が含まれます。

国際連合やその専門機関、又は米州機構が最初に発行した著作物は対象外です。前掲資料第313.6(C)(2)条及び第17章米国法典第104(b)(5)条をご覧ください。


注意: このテンプレートはアメリカ合衆国政府、日本国以外の法令に適用されます。このテンプレートの他にその著作物が属する国においてパブリックドメインであることを示す必要があります。日本国の法令は{{PD-JapanGov}}、アメリカ合衆国政府の法令は{{PD-USGov}}を使用してください。
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。