使徒行録2 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

使徒行錄2

第14章[編集]

1イコニオムにおいて、りやうにんあひともにユデアじんくわいどうりてかたりければ、ユデアじんおよびギリシアじんこれしんずるものおびただしかりしが、 2しんぜざるユデアじんいはうじんこころせんどうし、でしたちたいしていかりおこさせたり。 3れどりやうにんひさしくたいざいして、はばかところなくしゆためじんりよくし、しゆかれらによりてしるしきせきとをおこなはしめて、おんちようをしへほしようたまへり。 4しかるにまちじゆうみんふたつわかれて、あるひはユデアじんみかたとなり、あるひしとたちみかたとなりしが、 5いはうじんとユデアじんそのかしらたちともに、さわぎちてりやうにんはづかしめ、またいしなげうたんとせしかば、 6りやうにんさとりてリカオニア[しう]のまちなるリストラ、デルペンおよそのあたりちはうけ、 7かしこにてふくいんのべつたたり。 8リストラにあしかなはぬひとりをとこすはり、せいらいあしなへにて、かつあゆみたることなかりしが、 9パウロのかたれるをきければ、パウロこれそそぎて、いやさるべきしんかうあるを10なんじまつすぐたちあがれ、とこゑたかひしかば、かれをどりあがりてあゆたり。 11ぐんしゆうパウロがせることこゑげ、リカオニアのはうげんにて、かみがみひとすがたにてわれくだたまへり、とひて、 12バルナバをヅウスとび、パウロをことばちやうぜるがゆゑにヘルメスとび、 13またまちこなたるズウスのしんくわんあまたうしはなかざりとをもんぜんたづさきたりて、じんみんともいけにへささげんとせり。 14しとたちすなはちバルナバとパウロとこれくや、おのいふくき、ぐんしゆううちとびりて、 15よばはりつつひけるは、ひとびとよ、なんこれせるや、われなんじおなじくうじやうにんげんにして、なんじふくいんべ、かのむなしきものはなれ、なんじをしててんうみおよそのうちりとらゆるものつくたまひし、けるかみてんぜしめんとするなり。 16かみぜんだいおいばんみんおのれおのれみちあゆむをさしおたまひしも、 17みづからをしようめいたまはざることなく、てんよりめぐみみをたまひて、あめらしみのりきせつあたへ、しょくもつよろこびとをもつて、われこころたしめたまふなり、と。 18りやうにんこれことかたりて、かろうじてぐんしゆうとどめ、おのれまつりささげざらしめたり。 19ときすにんのユデアじん、アンチオキアとイコニオムとよりきたり、ぐんしゆうせんどうしてパウロにいしなげうち、すでせりとおもひてまちそとひきいだしけるが、 20でしたちこれたちかこみけるに、かれおきあがりてまちり、よくじつバルナバとともにデルペンにしゆつたつせり。 21りやうにんこのまちふくいんべておほくのひとをしへしのち、リストラとイコニオムとアンチオキアとにもどり、 22でしたちたましひかため、しんかうとどまらんことすすめ、われおほくくわんなんかみくにらざるべからず、とをしへつつありき。 23またかれらために、けうくわいごとちやうらうて、だんじききたうとをして、かれらそのしんかうせるしゆゆだねたり。 24かくてピシジア[しう]をてパンフィリア[しう]にいたりしが、 25[みやこ]ペルゲンにおいしゆおんことばかたりてアッタリア[みなと]にくだり、 26そこよりしゆつぱんして、このたびしとげたるじげふすべき、かみおんちようゆだねられたりしところなるアンチオキアにかへれり。 27そこいたりて、けうくわいひとびとあつめ、すべかみおのれともたまひしことまたいはうじんしんかうもんひらたまひしことはうこくし、 28ひさしくでしたちともとどまれり。

第15章[編集]

1かくあるひとびと、ユデアよりくだりてきやうだいたちむかひ、なんじモイゼのくわんれいしたがひてかつれいくるにあらずばたすかりず、とをしへければ、 2パウロとバルナバと、かれらたいしてひとかたならぬさうろんししが、しんとはパウロ、バルナバ、およはんたいがはすにんをエルザレムにのぼせ、このもんだいしとたちおよちやうらうたちうかがはんことさだめたり。 3ればかれらけうくわいみおくられて、フェニケアおよびサマリアをいはうじんかんくわじじやうつぶさかたりて、きやうだいいちどうおほいなるよろこびおこさせたり。 4いつかうエルザレムにいたりて、けうくわいしとたちちやうらうたちとにむかへられ、かみおのれともたまひしことしだいげしが、 5ファリザイうちなるすにんしんじやちて、いはうじんかつれいけざるべからず、まためいじてモイゼのりつぱふまもらしむべし、とひければ、 6しとたちおよちやうらうたちこのことしらべんとてあつまれり。 7はげしきさうろんのち、ペトロちてかれらひけるは、きやうだいたるひとびとよ、ひさしきいぜんに、かみわれうちよりえらみて、わがくちもついはうじんふくいんことばかせ、これしんぜしめたまひしことは、なんじところなり。 8かつひとこころたまかみは、なんじたまひしごとく、かれらにもせいれいたまひてしようめいたまひ、 9しんかうによりてかれらこころきよめ、われかれらとをいささかへだたまひしことなし。 10しかるをなんれぞ、なんじかみこころみて、われせんぞわれあたはざりしくびきを、いまでしたちくびはせんとはする。 11われすくはるるはしゆイエズス、キリストのおんちようによれりとは、われしんずるところにして、かれらまたしかるなり、と。 12くわいしゆうみなちんもくして、パウロとバルナバとが、いはうじんうちおのれもつかみおこなたまひしすべてのしるしきせきとをかたるをきたりしが、 13かれらちんもくたもちたるのち、ヤコボこたへてひけるは、きやうだいたるひとびとよ、われけ、 14シモンすでかみはじめていはうじんかへりみ、そのうちよりおのたふとたみたまひししだいべしが、 15よげんしやたちことばこれへり、かきしるして、 16こののちわれかへりて、たふれたるダヴィドのまくやさいこうし、そのくずれたるところつくろひ、かつこれてん、 17ひとびとおよび、ためわがばれたるばんこくいはうじんしゆもとためなり、これたまところしゆこれのたまふ」、とあるがごとし。 18しゆはじめよりおのげふたまふ、 19これによりてわれおもふに、いはうじんよりかみきえするひとびとわづらはすべからず、 20ただしよおくりて、ぐうざうささげられしものと、しつうと、しめころされしけものにくとをいましむべし、 21けだしモイゼのしよは、あんそくじつごとくわいどうおいまれ、これぶるひとむかしよりいづれのまちにもればなり、と。 22ここおいしとたちちやうらうたちおよけうくわいいちどうに、そのうちよりひとえらみて、パウロ、バルナバとともにアンチオキアにつかはすをしとせり、そのひとびとはバルサバともばるるユダ、およびシラにして、きやうだいちゆうおもだちたるものなりき。 23かれらたくせられししよかんぶんいはく、「しとたちおよきやうだいたるちやうらう、アンチオキアとシリアとシリシアとにいはうじんたりしきやうだいたちあいさつす。 24われところれば、あるひとびとわれめいじたることもなきに、われうちよりいできてなんじたましひくつがへし、ことばもつなんじみだしたるよしなれば、 25われいつちしてひとえらみ、 26わがしゆイエズス、キリストのみなためいのちをしまざりしひとわれしあいなるバルナバおよびパウロとともに、なんじつかはさんことしとせり。 27ればユダとシラとをつかはしたるが、かれらくちづからこれことなんじげん。 28けだしせいれいわれとは、ひつえうなることほかなんじなんらをもはしめざるをしとせり。 29すなはなんじぐうざうささげられしものと、しめころされしものと、しつうとをつべきことこれなり。これことつつしまば、それにてよろしかるべし、なんじすこやかなれ、」と。 30かれらいとまごひしてアンチオキアにくだり、しんとあつめてしよかんわたししが、 31ひとびとこれみて、なぐさめよろこべり。 32ユダとシラとはそのよげんしやなれば、おほくのだんわもつきやうだいすすかつかためたりしが、 33しばらこことどまりてのちおのれつかはししものもとかへらんとて、きやうだいたちぶじしゆくされていとまたり。 34れどシラはこことどまるをしとせしかば、ユダひとりエルザレムにかへり、 35パウロとバルナバとはアンチオキアにとどまり、すにんともしゆおんことばをしへ、ふくいんべつつありき。 36すじつのち、パウロはバルナバにむかひ、いざわれあともどりして、さきしゆおんことばのべつたへしすべてのまちじゆんくわいし、そのあんぴはん、とひしが、 37バルナバはマルコともばるるヨハネをたづさへんとおもへるに、 38パウロは、かれかつてパンフィリアにておのれはなれ、ともはたらかざりしものなれば、これうけいるべからず、とかんがたりしかば、 39つひしようとつしてあひわかるるにいたれり。さればバルナバはマルコをたづさへてクプロ[じま]へしゆつぱんせしが、 40パウロはシラをえらみて、きやうだいたちよりかみおんちようゆだねられてしゆつたつし、 41シリアとシリシアとをめぐりてしよけうくわいかため、しとたちおよちやうらうたちきていまもるべきことをしたり。

第16章[編集]

1パウロデルベンとルストラとにいたりしに、をりしもここにチモテオとへるでしあり、しんじやとなりたるユデアけうふじんにて、ちちはギリシアじんなりしが、 2ルストラおよびイコニオムにきやうだいたちこれかうひやうあたへつつありき。 3パウロこれともなひてしゆつぱつせんとおもひさだめ、かれたづさへてそのちはうなるユデアじんたいしてかつれいほどこせり。かれらみなそのちちのギリシアじんたりしことをればなり。 4かくまちまちとほとき、エルザレムにしとたちおよちやうらうたちきていまもらせんとて、これひとびとわたしければ、 5しよけうくわいそのしんかうかたうせられて、ひとかずひびいやましつつありき。 6りやうにんフリジアおよびガラチアちはうよぎりしに、せいれい[せう]アジアにおいかみおんことばかたこといましたまひしが、 7またミジア[しう]にいたりて、ビチニア[しう]へかんとこころみしも、イエズスのれいこれゆるたまはざりき。 8かくてミジアをてトロアデにくだりけるに、 9パウロやちゆうまぼろししめされ、ひとりのマケドニアじんりておのれたのみ、マケドニアにわたりてわれすくへ、とへるをたり。 10パウロこのまぼろしるや、おのれがマケドニアじんふくいんつたふるためかみよりされたることかくしんして、ただちにマケドニアへおもむかんとつとめたり。 11われトロアデよりしゆつぱんしてサモトラキアへちよつこうし、よくじつネエプルにいたり、 12そこよりマケドニアのとりつきとくわいにしてしよくみんなるフィリッピにいたれり。すじつあひだこのまちとどまり、 13あんそくじつあたりてまちもんぐわいで、かはほとりいのりおぼしきところき、あつまりたるをんなたちすはりつつかたりけるに、 14テアチロまちこうしよくせんれうしやうにしてかみたふとべるルヂアとへるをんなこれきけるを、しゆそのこころひらきて、パウロよりはるることかたむかしめたまひ、 15かれいつかともせんせられしが、ねがひて、なんじわれしゆちゆうじつなるものとせばわがいへりてとどまれ、とひて、ひてわれらしめたり。 16ここいのりみちすがらうらなひきしんかれて、うらなひもつそのしゆじんそこばくりえきさせつつあるひとりむすめわれであひしが、 17そのむすめパウロとわれあとしたがひつつよばはりて、このひとたちいとたかかみしもべにして、なんじたすかりみちぐるものなり、とたり。 18かくごとくすることすじつにして、パウロいたこころいため、ふりかへりてきしんむかひ、われイエズス、キリストのみなによりて、なんじこのむすめよりいづことめいず、とひしかばかれそくじでたり。 19しかるにそのしゆじんは、おのりえきのぞみくなりたるをて、パウロとシラとをとらへ、くわんりもといちばまでつれゆきて、 20くわんりさしいだし、このひとびとはユデアじんにして、われまちみだし、 21ロマじんたるわれくべからずおこなふべからざるくわんしふつたうるものなり、とひ、 22じんみんはせきたりてしとたちはんたいせしかば、くわんりめいじてそのじゆばんかせ、これむちうたせ、 23おほくのきずはせてのちかんごくおくり、かたまもるべきよしかんしゆめいじたり。 24かんしゆかかめいれいけたれば、ふたりを奧のかんぼうれ、かせにてあしめたりしが、 25よなかいたり、パウロとシラといのりてかみさんびし、かんごくひとびとこれたるに、 26たちまだいぢしんありて、かんごくどだいまでしんどうし、ただちことごとひらけて、いちどうなはめけたり。 27かんしゆめさめてかんごくひらけたるをしうとげしことおもひ、かたなきてじさつせんとしければ、 28パウロこゑたかよばはりてひけるは、じがいすな、われみなここり、と。 29かんしゆともしびもとめてうちり、おののきつつパウロとシラとのあしもとひれふし、 30ともなひてそとで、きみたちよ、われなにしてかたすかりべき、とひしかば、 31かれらひけるは、しゆイエズスをしんかうせよ、らばなんじかぞくたすかりべし、とて、 32かんしゆそのいへひとびといちどうとにしゆおんことばかたりしかば、 33かんしゆやちゆうながらそくじりやうにんひきりてそのきずあらひ、おのれかぞくみなただちせんせられしが、 34なほかれらじたくともなひてこれしよくたくそなへ、かぞくいちどうともかみしんじてよろこべり。 35あけいたり、くわんりけいりつかはして、かのひとびとゆるせ、とはせしかば、 36かんしゆこのことをパウロにげて、くわんりなんじゆるせとてひとつかはしたるゆゑいまでてつつがなくけ、とひけるな、 37パウロけいりひけるは、かれらわれわれおほやけむちうたせ、ロマじんたるものさいばんなくしてかんごくれたるに、いまひそかわれわれおひいだすか、しかあるべからず、かれらきたりて、 38みづかわれわれいだすべし、と。けいりこのことげしかば、くわんりそのロマじんたることきておそれ、 39きたびてふたりともなひで、このまちらんことことをひたり。 40かくてパウロとシラとはかんごくよりでてルジアのいへり、きやうだいたちひてこれなぐさめ、しゆつたつしたりき。

第17章[編集]

1それよりアンフィポリとアポロニアとをてテサロニケにいたりしが、ここにユデアじんくわいどうありければ、 2パウロれいによりてかれらうちり、みつあんそくじつわたりて、せいしよきてべんろんし、 3キリストがかならくるしみてししやうちよりふくくわつすべかりしことと、なんじぐるイエズスがキリストたることとをきてろんしようしたるに、 4そのうちあるひとびとおよかみたふとべるあまたのギリシアじんそのたきふじんたちすくなからずしようふくして、パウロとシラとにけり。 5しかるにユデアじんねたみおこして、ぶらいかんうちよりすにんわるものけ、ひとびとせうしふしてしちゆうさわがし、またヤソンのいへかこみてパウロとシラとをじんみんまへひきいださんとつとめたりしが、 6かれらみつず、ヤソンとすにんきやうだいとをりいんもとひきゆきて、てんかくつがへしたるかのひとびとここにもきたれるを、 7ヤソンがうけいれて、いちどうにイエズス[とふ]わうべつりととなへ、セザルのちよくれいさからふなり、とさけびつつ、 8じんみんこれけるまちりゐんとをせんどうし、 9ヤソンおよそのたひとびとよりほしようきんけてこれゆるせり。 10きやうだいたちただちに、パウロとシラとをうちにベレアへおくりしかば、かれらそこきてユデアじんくわいどうりしが、 11ここひとびとはテサロニケにものどもよりは、かうしようにして、ねつしんことばけ、このことはたしてしかりやいなやと、ひびせいしよしらたり。 12かくそのうちしんじたるひとおほく、ギリシアのきふじんにもだんしにもそのかずすくなからざりき。 13ほどにテサロニケにるユデアじん、ベレアにもパウロによりてかみおんことばつたはれるをり、またここきたりて、ぐんしゆうせんどうしてさわがししかば、 14きやうだいたちそくじにパウロをかいへんいたらしめ、シラとチモテオとはベレアにとどまれり。 15パウロをあんないせるひとびとはアデンスまでおくりきしが、シラとチモテオとにるべくすみやかわがもときたれとのめいを、パウロよりけてたちかへれり。 16パウロアデンスにりてかれらてるあひだこのとくわいぐうざうすうはいふけるをふんげきし、 17くわいどうにてはユデアじんおよびユデアけうきえせしひとびとろんじ、いちばにてもゐあはせたるひとびとひごとろんたり。 18ときにエピクリアンおよびストイックてつがくしやすにんこれろんひけるが、あるひとは、このさえづりてなにものぞ、とひ、あるひとは、かれあたらしききしんぐるものごとし、とたり、これパウロがイエズスとふくくわつとのふくいんかれらぐればなり。 19かくてパウロをアレオパグにつれゆきてひけるは、なんじけるこのあたらしきをしへいかなるものぞ、われこれることをべきか、 20すなはなんじなんらかのあたらしきことわれみみるるがゆゑに、われそのなにごとなるかをらんとほつするなり、と。 21けだしアデンスじんきりうにんみなただみみあたらしきなにごとかを、あるひあるひきておくものなりき。 22そのときパウロアレオパグのちゆうあうちてひけるは、アデンスじんわれなんじばんじおいしうけうしんはなはあつきがごときをみとむ。 23すなはとほりがけに、つらつらなんじれいはいぶつて、れざるかみに[ささぐ]、としるせるほこらをもみつけたればなり。ればわれなんじらずしてたふとべるそのものをばなんじげん。 24せかいそのなかいつさいものとをつくたまへるかみは、てんちしゆにてましませば、にてつくれるみやにはたまはず、 25おんみづからばんぶつせいめいこきふいつさいこととをたまへば、なんらとぼしきところあるもののごとく、ひとでにてつかへらるるものあらず、 26ひとりよりしてぜんめんすまふまでにじんるゐつくりたまひ、きせつぢゆうきよさかひとをさだたまへるは、 27これひとをしてかみもとめ、あるひさがしいださしめんためなり。しかれどもかれは、われめんめんはなたまこととほからず、 28けだしかれりてこそ、われかつかつうごかつそんざいするなれ。なんじしじんたれかれも、われまたかれすゑなり、とへるがごとし。 29われかみすゑなれば、かみきんあるひぎんあるひいしすなはげいじゆつおよひとそうざうれるてうこくたるものおもふべからず。 30かみかかもうまいじだいみすごたまひて、いまひとむかひて、いづこにてもことごとかいしんすべしとめいたまふ。 31けだしたまひて、そのみづかたまひしひとりひとすなはこれししやうちよりふくくわつせしめてばんみんまへほしようたまひたるひとりもつて、せかいしたがひてさばかんとしたまふなり、と。 32ししやふくくわつきて、あるひとびとは、あざわらひ、あるひとびとは、われこときてまたなんじかん、とへり。 33かくてパウロは、かれらうちよりたちさりしが、 34これしたがひてしんかうせるものすにんあり。そのうちにアレオパグのさいばんくわんジオニジオ、ダマリスとへるふじんそのたなほありき。

第18章[編集]

1そののちパウロアデンスをでてコリントにいたりしが 2クロウヂオ[くわうてい]が、ユデアじんみなロマをるべしとのめいくだししために、ちかごろイタリアよりきたれる、ポントうまれのアクィラとへるユデアじんと、そのつまプリシルラとにひしかば、かれらちかづき、 3どうげふなりければ、どうきよしてともしごとたり、まくやせいざうげふなりき。 4あんそくじつごとくわいどうおいろんじ、しゆイエズスのみなさしはさみて、ユデアじんとギリシアじんとをすすりしが、 5シラとチモテオとマケドニアよりきたりてのちは、パウロもつぱせんけうじゆうじし、イエズスのキリストたることをユデアじんしようめいしけるに、 6かれらこれさからひかつののしりければ、パウロいふくふるひてひけるは、なんじなんじかうべすべし、われつみなし、いまよりいはうじんおもむかんとす、と。 7かくここりて、かみたふとべるチト、ユストとへるひといへりしが、そのいへくわいどうとなりにして、 8くわいどうつかさクリスポそのかぞくいちどうともしゆしんかうし、またコリントじんおびただしくをしへきて、しんかつせんせられたり。 9ときしゆやちゆうまぼろしもつてパウロにのたまひけるは、おそれずしてかたれ、もくすることなかれ、 10けだしわれなんじともれば、なんじうちかかりてがいするひとあらじ、わがたみとなるものこのしちゆうおほければなり、と。 11かくてパウロは一ねんかげつあひだここたいざいして、かれらうちかみおんことばをしへたり。 12しかるにガルリオがアカヤ[しう]のそうとくたりしとき、ユデアじんこころあはせてパウロにさからひ、これさいばんしよめしれ、 13このひとりつぱふはんしてかみたふとことひとすすむ、とひければ、 14パウロくちひらかんとしけるを、ガルリオユデアじんむかひて、ユデアじんよ、ふせいことごくあくことならば、なんじくはもとよりだうりなれど、 15もしをしへめいぎなんじりつぱふとにくわんするもんだいならば、なんじみづかこれよ、われかかことしんぱんしやとなるをこのまず、とひて、 16かれらはふていよりおゐいだしければ、 17かれらみなくわいどうつかさソステネスをとらへ、さいばんしよまへにてうちたたきたり、れどガルリオすこしこれとせざりき。 18パウロなほひさしくたいざいしてのちきやうだいたちわかれげ、プリシルラおよびアクィラもどうせんして、シリアへしゆつぱんせしが、はやくよりのせいぐわんにて、ケンクレにおいかみりたりき。 19てエフェゾにいたり、かのふたりきてみづからはくわいどうり、ユデアじんろんりしが、 20かれらなほひさしくとどまらんことひたれど、うけがはずして、 21わかれをげ、かみおぼしめしならばふたたなんじかへるべし、とひてエフェゾよりしゆつぱつし、 22カイザリアにじやうりくして[エルザレムに]のぼり、けうくわいあひさつしてアンチオキアにくだれり。 23パウロアンチオキアにたいざいすることしばらくにしてしゆつぱつせしが、しだいにガラチアちはうおよびフリジアをめぐりて、でしいちどうけんごならしめたり。 24ときをアポルロとばれ、のうべんにしてせいしよたつしたる、アレキサンドリアうまれのユデアじん、エフェゾにきたりしが、 25このひとかつしゆみちをしへられ、ただヨハネのせんれいるのみなりしかど、ねつしんにして、イエズスのことかたり、かつくわしくをしへつつありき。 26ればはばかところなくくわいどうおいじんりよくでしを、プリシルラとアクィラときてこれいざなひ、なほくはしくしゆみちかせたり。 27アポルロアカヤ[しう]にかんとほつしければ、きやうだいたちしよかんでしたちおくりて、これうけいれんことすすめしに、かれきてのちすでしんじたるひとびとえきするところおほかりき。 28せいしよによりてイエズスのキリストたることしようめいし、ゆうふるひてこうぜんユデアじんときふすればなり。

第19章[編集]

1しかるにアポルロコリントにりしとき、パウロはかうちかためぐりてエフェゾにきたり、あるでしたちひて、 2なんじしんじやとなりてせいれいかうむりたるか、とひしに、かれらわれせいれいことすらきしことなし、とひしかば、 3パウロひけるは、しからばなにによりてせんせられたるぞ、と。かれらへらく、ヨハネのせんれいけたるなり、と。 4パウロひけるは、ヨハネは、おのれのちきたるべきものすなはちイエズスをしんずべし、とひつつ、かいしんせんれいもつじんみんせんしたるなり、と。 5かれらこれきてしゆイエズスのみなりてせんせられ、 6パウロこれあんしゆせしかば、せいれいかれらうへくだたまひて、かれらいこくかたり、かつよげんしたり、 7これだんしおよそ十二にんなりき。 8パウロくわいどうりてさんかげつあひだはばからずかたり、かみくにきてろんじ、ひとびとすすりしが、 9あるひかたくなになりてしんぜず、しゆみちぐんしゆうまへののしものありければ、パウロかれらりてでしたちをもわかれしめ、ひびチランノとへるひとけうぢようにてべんろんたり。 10ことねんわたりしかば、ユデアじんいはうじんも[せう]アジアにめるものすべしゆおんことばくにいたり、 11かみまたただならぬきせきをパウロのりておこなたまひ、 12そのよりてぬぐいあるひおびりてびやうにんくれば、やまひかれらはなあくきたちさほどなりき。 13しかるにかくちめぐるユデアのまじなひうちなるあるひとびとは、パウロがぶるイエズスによりてわれなんじめいず、とひて、あくきかれたるひとうへに、こころみしゆイエズスのみなべり。 14せるはユデアじんなるスケヴァだいしさいしちにんだんしなりしが、 15あくきこたへて、われイエズスをり、パウロをれり、れどなんじたれぞ、とひて、 16ごくあくかれたるそのひとかれらとびかかり、ふたりとりおさへてめしかば、かれらはだかられきづつけられて、そのいへにげれり。 17このことエフェゾにめるユデアじんおよびギリシアじんいつぱんわたりしかば、おそれいちどううへおそひて、しゆイエズスのみなあがめられつつありき。 18かくしんかうせるひとびとおほきたり、おのおこなひしことときあらははしてこれこくはくり、 19またかつまじゆつおこなひたりしひとびとおほそのしよせきもちきたり、しゆうじんまへにてやきつくししが、そのだいかさんりてぎんかまんなることみとめたり。 20かみおんことばひろまりてせいりよくつつあることかくごとくなりき。 21これことなしげてのち、パウロせいれいすすめられて、マケドニアおよびアカヤをてエルザレムへかんとこころざし、われかしこいたりてのちロマをもざるべからず、とひて、 22じゆうしやうちチモテオとエラストとのふたりをマケドニアにつかはし、そのしばらく[せう]アジアにとどまれり。 23このときあたり、しゆみちきて、ひとかたならぬさうどうおこれり。 24すなはちデメトリオとへるひとりぎんざいくあり、ヂアナめがみぎんづしつくりて、さいくにんさするりえきすくなからざりしが、 25そのさいくにんおよどうげふしよくこうよびあつめてひけるは、をとこたちよ、われりえきこのさいくれることなんじところにして、 26かのパウロが、にてつくれるものはかみあらず、とひて、すでにエフェゾのみならず、ほとんどぜんアジアをときすすめて、おびただしきひととほざからしめしことも、またなんじけんぶんせるところなり。 27これよりおこきけんは、ただわれしよくげふしんよううしなのみならず、ヂアナおほめがみみやも`ないがしろにせられ、アジアおよせかいこぞりてあがたてまつおほめがみゐげんうせくべきことこれなり、と。 28かれらこれきていかりむねち、さけびて、おほいなるかなエフェゾじんのヂアナ、とへり。 29かくしちうこぞりておほいにさわち、あひいつちして、パウロのともなるマケドニアじんガイオとアリスタルコとをとらへてげきぢようおしいりたり。 30パウロもぐんしゆううちいりこまんとせしをでしたちゆるさず、 31また[せう]アジアにてこくさいつかさどれるじやうくわんちうに、パウロのしんいうなるひとびとあり、つかひにて、げきぢようたちいらざらんことりしが、 32ひとびとかれこれさけたり、くわいしゆうこんざつして、おほかたひとおのれなにゆゑあつまりしかをさえらざればなり。 33かくてユデアじんよりつきられたるアレキサンドルをざつたううちよりひきいだししに、かれてまねしてしづまらんことひ、じんみんことよしべんとしたれど、 34ひとびとかれがユデアじんなるをみしるや、みないくどうおんほとんどかんわたりて、おほいなるかなエフェゾじんのヂアナ、とさけべり。 35かくしよきくわんぐんしゆうしづめてのちひけるは、エフェゾじんよ、エフェゾのまちはヅウスのすゑなるヂアナおほめがみみやつかまつものたることたれかはらざらん、 36これこばむべからざることなれば、なんじよろしくおんびんにして、なにごとけいそつすべからず。 37すなはなんじこのひとびとめしれたれども、かれらみやものぬすみたるにもあらず、われめがみののしりたるにもあらず。 38しデメトリオおよそのともなるさいくにんあるひときてうつたふるところあらば、はふていひらかれたるあり、ちはうそうとくるあり、ひとびとたがひこくそすべし。 39なんじもしもんだいきてすることあらば、せいたうぎくわいおいこれけつするをべし。 40けだしこんにちこときては、さうらんとがくるおそれあり、このしふくわいことべんかいすべきりいうわれひとつもあらざればなり、と。しよきくわんをはりてさんくわいげたり。

第20章[編集]

1さわぎみてのち、パウロでしたちよびあつめ、しやうれいあたへてわかれげ、マケドニアへかんとてしゆつたつせり。 2かくかのちはうめぐり、おほくだんわひとびとすすめてギリシアにいたり、 3たいざいさんかげつにして、シリアへしゆつぱんせんとしたるに、ユデアじんおとしあなまうけてちければ、マケドニアをかへらんとけつしんせり。 4ともなひしひとびとは、ベレエうまれなるピルロのソパテル、テサロニケじんアリスタルコおよびセコンド、デルベンじんガヨおよびチモテオ、[せう]アジアじんチキコおよびトロフィモなりき。 5かれらみなさきだちて、トロアにてわれちしが、 6われたねなきぱんさいじつのち、フィリッピよりしゆつぱんし、いつかんにてトロアにいたり、そことどまことなぬかなりき。 7しうだいじつわれぱんかんとてあつまりしに、パウロはよくじつしゆつたつすべきにてひとびとろんり、よなかまでかたりつづけしが、 8われあつまれるたかまともしびおほかりき。 9ここにユチコとへるせいねんまどうへしてじゆくすいしたりしに、パウロのかたことなほひさしければ、ねむりのために三がいよりち、とりあげたればすでしたりき。 10パウロくだきてそのうへし、これかきいだきてひけるは、なんじうれふることなかれ、かれたましひうちり、と。 11かくまたのぼりてぱんかつしよくし、なほあけまでかたりつづけてそのまましゆつたつせり。 12ひとびとせいねんきたるをつれきたりしかば、なぐさめらるることひとかたならざりき。 13ここわれはアッソスにてパウロをせんとて、まづふねりてかしこしゆつぱんせり、かれりくかうくわだててよていしたればなり。 14パウロアッソスにてわれいでひしかば、われこれせてミチレネにいたり、 15またそこしゆつぱんしてよくじつキオスのおきあいいたり、つぎのひサモスにちやくし、あくるひはミレトにいたれり。 16けだしパウロ[せう]アジアにてひまらざらんため、エフェゾにたちよらじとけつしたるなりき。これるべくばエルザレムにてペンテコステのすごさんといそたればなり。 17パウロミレトよりひとをエフェゾにつかはして、けうくわいちやうらうたちび、 18かれらきたりあつまりしかば、パウロこれひけるは、が[せう]アジアにりしさいしよより、つねいかにしてなんじともりしかは、なんじところなり、 19すなはいつさいけんそんなみだと、ユデアじんたくみよりわがおこりしくわんなんとにおいしゆほうじしつつ、 20なんじえきするところすこしかくことなく、これなんじらせ、おほやけにてもまたいへいへきてもなんじをしへ、 21ユデアじんにもいはうじんにも、かみたいしてかいしんすべきことわがしゆイエズス、キリストをしんかうすべきことしようめいしたり。 22いまわれ[せい]れいせまられてエルザレムにおもむくなるが、いかなることわがたうらいすべきかはこれらず、 23ただせいれいすべてのまちおいわれほしようし、なはめくわんなんわれをエルザレムにてり、とのたまへるをるのみ。 24れどもこれことわれひとつおそろしとず、くべきみちよろこびてまつたうし、しゆイエズスよりたまはりたるおんちようふくいんしようめいするの[せい]えきをだにつくば、わがせいめいをもたふとしとはざるべし。 25われれり、われかつゆきめぐりてなんじうちかみくにのべつたへたりしが、よ、いまなんじすべふたたわがかほざるべし。 26ゆゑわれこんにちなんじだんげんす、しゆうじんきてわれつみなし、と。 27かみおぼしめしもらところなく、ことごとなんじげたればなり。 28せいれいかみけうくわいすなはおんちもつたまひたるけうくわいぼくせよとて、なんじててむれうへかんとくたらしめたまひたれば、なんじおのれにもむれぜんたいうへにもかへりみよ。 29われれり、しゆつたつのちむれをしまざるたけきおほかみなんじうちらんとす。 30またでしたちさそひておのれしたがはせんとて、よこしまなることかたひとびとなんじうちにもおこるべければ、 31なんじが三ねんあひだちうやとなく、なみだもつひとりびとりなんじすすめてまざりしことを、きおくめてけいかいせよ。 32いまわれなんじかみゆだね、またたてものつくことすべせいられたるひとともよつぎたらしむることとをたまふもののおんちようことばゆだぬ。 33ひときんぎんいふくむさぼりしことなきは、 34なんじみづかれるがごとし。われおよわれともひとびとえうするところは、このりやうてこれきようきふしたればなり。 35かくごとく、はたらきてよわひとたすくべきこと、「あたふるはくるよりもさいはひなり」、としゆイエズスののたまひしおんことばきおくすべきことを、わればんじおいなんじしめせり、と。 36をはりてのち、パウロひざまづきていちどうともいのりけるが、 37みなおほいにかなしみなげき、パウロのくびいだききてせつぷんし、 38ふたたそのかほざるべし、とひしことばによりてことさらかなしみたりしが、ひとびとかれふねまでおくりけり。

第21章[編集]

1われやうやかれらわかれてふねり、コス[じま]にちよくかうしてよくじつロデ[じま]にいたり、それよりパタラ[]にきしが、 2フェニケアへとかいするふねひたれば、これりてしゆつぱんし、 3クプロ[じま]おきいたり、これひだりてシリアにわたり、チロにいたれり。そこにてふなにおろすべければなり。 4でしたちたづねいだして、そことどまことなぬかなりしが、かれらは[せい]れいによりて、パウロにエルザレムへのぼることなかれ、とたり。 5なぬかのちしゆつぱつしてきけるに、かれらみなさいしともしぐわいまでおくりしかば、われかいがんひざまづきていのり、 6たがひわかれげて、われふねかれらいへかへれり。 7かくわれチロよりうみわたてて、プトレマイスにじやうりくし、きやうだいたちあいさつしてかれらもととどまこといちじつ8よくじつしゆつたつしてカイザリアにいたり、かのしちにんひとりなるフィリッポふくいんいへりてそのもととどまりしが、 9これどうていなるにんむすめありて、みなよげんしつつありき。 10われすうじつこことどまれるあひだに、アガポとへるひとりよげんしやユデアよりきたり、 11われちかづきてパウロのおびり、おのてあししばりてひけるは、せいれいのたまはく、エルザレムにおいかくごとく、ユデアじんこのおびぬしをばしばりていはうじんわたさん、と。 12これきて、われとちひとびとも、エルザレムにのぼることなかれとねがたれど、 13パウロこたへてひけるは、なんじなにすれきてわがこころうれひしむる、われしゆイエズスのみなためには、エルザレムにおいしばらるるのみならず、ぬるかくごをさえせるなり、と。 14われつひときずして、しゆみむねままれかし、とひてみたり。 15すうじつのちわれたびじたくしてエルザレムにのぼとき16カイザリアよりのでしすにんきたりてわれともなひ、ムナソンとへるクプロうまれのふるでしもとやどらせんとて、そのいへともなけり。 17エルザレムにいたりしかば、きやうだいたちわれくわんげいせり。 18よくじつパウロわれともにヤコボのいへりしに、ちやうらうたちみなあつまりしかば、 19パウロかれらせつぷんして、おのせいえきりていはうじんうちかみたまひしことつぶさかたりけるに、 20かれらきてかみしやうさんし、かつパウロにひけるは、きやうだいよ、なんじごとく、ユデアじんうちしんじたるものいくまんおよびて、みなりつぱふねつしんなるが、 21かれらは、なんじいはうじんちゆうのユデアじんむかひ、めんめんだんしかつれいさづくるにおよばず、くわんれいしたがふにおよばず、とひてモイゼにとほざかることをしふるをけり。 22いかにかすべき、かれらなんじきたれることくべければ、かならおびただしくきたりあつまるならん。 23ればわれなんじぐるところせ、われせいぐわんいうせるひとにんあり、 24なんじかれらひきりてともきよめ、かつひようべんじてそのかしらさせよ、しかせばひとみななんじきてきしところいつはりにして、なんじみづかりつぱふまもりつつあゆめることるべし、 25いはうじんにしてしんじたるひとびとくわんしては、われぎていして、ただぐうざうささげられしものしめころされしものとしつうとをくべし、とかきおくれり、と。 26かくてパウロかのひとびとひきり、よくじつきよめてともに[しん]でんり、めんめんためそなへものさんとて、きよめきじつさだめたり。 27なぬかをはらんとするとき、[せう]アジアよりのユデアじん、パウロを[しん]でんうちしかば、じんみんせんどうし、かれけてさけびけるは、 28たすけよ、イスラエルのだんしたちこれいたところじんみんりつぱふこのところとにはんすることひとびとをしへ、しかいはうじんを[しん]でんらしめて、このせいじよけがせるものなり、と。 29けだしかれらはエフェゾじんなるトロフィモがかれともしちゆうるをて、パウロこれを[しん]でんれたりとおもひしなり。 30ここおいしちゆうこぞりてたちさわぎ、じんみんはせあつまりてパウロをとらへ、[しん]でんそとひきいだししが、もんただちとざされたり。 31ひとびとパウロをころさんとはかりければ、ぐんたいせんぷちやうもとに、エルザレムまつたみだれたりとのほうこくあり、 32せんぷちやうただちに、へいそつおよひやくふちやうらをひきゐてじんみんところはせきたりしかば、ひとびとせんぷちやうへいそつとをて、パウロをことめたり。 33せんぷちやうちかづきてこれとらへ、めいじてふたつくさりにてつながせ、たれなるぞ、なにししぞ、とたづぬるに、 34ぐんしゆううちよりくちぐちかれこれさけび、さわがしさにじじつたしかむることあたはざれば、めいじてパウロをへいえいうちひきいれしめしが、 35かいだんいたり、パウロじんみんの[おしあふ]いきほひためへいそつかきげらるるにおよべり、 36かれころせとさけびつつ、じんみんおびただしくあとしたへばなり。 37パウロかれてへいえいらんとするときせんぷちやうむかひ、われなんじかたりてきか、とひしかばかれひけるは、なんじギリシアれりや、 38くわじつさうどうおこして四千にんせきかくひきいだししエジプトじんなんじあらずや、と。 39パウロこれひけるは、われじつはシリシア[しう]のタルソうまれなるユデアじんにして、かくれなきまちこうみんなり、じんみんものいことゆるせ、と。 40かれゆるししかば、パウロかいだんちてじんみんてまねしたるに、みなちんもくしたりければ、ヘブレオにてかたりけるは。

第22章[編集]

1きやうだいにしてちちたるひとびとよ、なんじべんとすることわけけ、と。 2ひとびとかれがヘブレオにてかたるをきてひとしほちんもくせり。 3かくてパウロひけるは、われはユデアじんにして、シリシアのタルソにうまれ、このまちそだてられ、せんぞりつぱふしんりしたがひてガマリエルのあしもとをしへられ、りつぱふためふんれいせしは、あたかけふなんじいちどうせるごとくなりき。 4だんぢよしばかつこうりうして、いたらしむるまでこのみちはくがいせしは、 5しさいちやうおよちやうらうくわいわれきてしようめいせるがごとし。われまたかれらよりきやうだいたちてたるしよかんけ、ひとびとしばりてエルザレムにき、けいけしめんとてダマスコへきつつありしに、 6ダマスコにちかづかんとするみちすがらにつちゆうたちまおほいなるひかりありてわれかこみてらせり。 7たふれて、サウロよ、サウロよ、なにゆゑわれはくがいするぞ、とわれへるこゑき、 8しゆよ、なんじたれぞ、とこたへしに、われなんじはくがいせるナザレトのイエズスなり、とはれたり。 9みちづれなるひとびとひかりたれど、われかたれるものこゑをばききわけざりき。 10われしゆよ、なにすべきぞ、とひたるにしゆのたまはく、ちてダマスコにけ、すべなんじためさだまりたることそこにてはるべし、と。 11かくわれかのひかりかがやきためえざれば、みちづれひとかれてダマスコにいたれり。 12しかるにアナニアとて、りつぱふじゆんぽうけいけんにして、たうめるユデアじんいつぱんかうひやうあるひと13わがもときたかたはらちて、きやうだいサウロ、よ、とひしかばわれそくじこれたり。 14かれまたひけるは、われせんぞかみは、なんじをしてみむねり、なるものそのくちづからこゑかしめんことよていたまへり。 15なんじみききせしこときて、ばんみんかれしようにんたるべければなり。 16いまなにをかためらふぞや、ちてせんせられよ、みなたのみてなんじつみすすぎれ、と。 17かくわれエルザレムにかへり、しんでんにていのれるをりうばはるるごとくになりて、 18しゆたてまつりしが、しゆわれむかひて、いそげ、はやくエルザレムをでよ、ひとびとわれくわんするなんじしようめいうけいれざるべければなり、とのたまへり。 19そのときわれしゆよ、かつしゆしんずるひとびとかんごくとぢこめ、これしよくわいどうにてむちうちしこと20またしゆしようにんステファノのながされしときたちひ、かつさんせいしてこれころひとびとうはぎまもりたりしことは、かれらところなり、とひたるに、 21しゆわれのたまひけるは、け、なんじとほいはうじんつかはすべし、と。 22ひとびとこのことばまできけるが、ここいたりてこゑはりげ、かかものちじやうよりとりけよ、くるにらず、とひて、 23さけびつついふくぬぎて、かつくうちゆうちりなげとばしければ、 24せんぷちやうめいじてパウロをへいえいひきいれしめ、またひとびとかれたいしてくまでにさけぶことのなにゆゑなるかをらんとて、むちうたしめがうもんせしめんとせり。 25ればひとびとかはひももつしばりたるに、パウロかたはらてるひやくふちやうひけるは、ロマじんにしてしかせんこくせられざるものなんじむちうつこときか、と。 26ひやくふちやうこれきてせんぷちやうちかづき、げて、なんじいかにせんとするぞ、このひとはロマのこうみんなるものを、とひしかば、 27せんぷちやうちかづきてパウロにひけるは、われげよ、なんじはロマじんなりや、と。パウロ、しかり、とひしに、 28せんぷちやうわれたいきんもつこのこうみんけんたり、とこたへしかばパウロ、われなほうまれながらにしてしかり、とへり。 29ここおいがうもんせんとせしひとびとたちまたちさり、せんぷちやうまたそのロマこうみんたることりてのちは、これしばりたるがためおそれたり。 30よくじつパウロがユデアじんうつたへらるるゆゑんなほくわしくらんとて、せんぷちやうそのなはめき、めいじてしさいたちぜんぎくわいとをせうしふし、パウロをひきいだしてそのまへたしめたり。

第23章[編集]

1パウロぎゐんかたみつめてひけるは、きやうだいたるひとびとよ、われこんにちいたるまで、りやうしんつくしてかみみまへつかへたり、と。 2ここおいしさいちやうアナニア、たちへるひとびとに、パウロのくちてとめいぜしかば、 3パウロこれひけるは、しろぬりかべよ、かみなんじたまはん、なんじりつぱふままわれさばかんとてしながら、りつぱふはんしてめいじてわれたしむるか、と。 4たちへるひとびとなんじかみだいしさいのろふや、とひしに、 5パウロひけるは、きやうだいたちよ、われそのだいしさいなることらざりき。けだしかきしるして「なんじたみきみのろふことなかれ」とあり、と。 6パウロぎゐんいちぶはサドカイじんなるに、いちぶはファリザイじんなることりて、ぎくわいよばはりけるは、きやうだいたるひとびとよ、われはファリザイじんにして、ファリザイじんなるが、しにんふくくわつきぼうためさいばんせらるるなり、と。 7ひしかば、ファリザイじんとサドカイじんとのあひだげきろんおこりて、くわいしゆうぶんれつせり。 8はサドカイじんふくくわつてんしれいしとふを、ファリザイじんいづれもりとしゆちようすればなり。 9すさまじきさけびとなりて、ファリザイじんちゆうあるものどもたちあらそひてひけるは、われこのひとなんらあくをもみとめず、もしれいまたてんしありてかれかたりたらんにはいかん、とて、 10はげしきあらそひとなりしかば、せんぷちやうパウロがかれらひきさかれんことおそれて、へいそつめいじ、くだりてかれらうちよりパウロをうばひり、えいないひきいれしめたり。 11つぎのしゆたちまちパウロのかたはらあらはれてのたまひけるは、はげめ、けだしエルザレムにおいわれしようしたるがごとく、ロマにおいてもしようせざるべからず、と。 12けて、あるユデアじんどもあひあつまり、ちかひてパウロをころすまではいんしよくすまじとへり。 13このくはだてあづかりしもの四十にんいじやうなりしが、 14しさいちやうちやうらうたちとのもといたりてひけるは、われだいぐわんてて、パウロをころすまではなにをもくちれじとちかへり。 15れば、パウロのじじやうなほくわしくらんとするごとくにして、かれなんじまへしゆつとうせしむるやうせんぷちやうほうちせよ、われそのちかづかざるうちこれころさんとかくごせり、と。 16パウロがしまいこのあくけいきて、きてへいえいうちりパウロにこれげしかば、 17パウロひとりひやくふちやうびてひけるは、このせいねんせんぷちやうもとたづさけ、かれぐべきことあればなり、と。 18ひやくふちやうたづさへてこれせんぷちやうもとみちびき、ひけるは、しうじんパウロわれふに、なんじかたるべきことあるこのせいねんなんじもとみちびかんこともつてせり、と。 19せんぷちやうせいねんりてべつしよつれゆき、われかたるべきこととはなにごとぞ、とひしかば、 20かれひけるは、ユデアじんまうしあはせて、パウロのじじやうなほたしかじんもんせんとするごとくにして、あすパウロをぎくわいしゆつとうせしめんことなんじまうしいでんとす、 21れどかれらしんずることなかれ、かれらうち四十にんいじやうものどもかれころすまではいんしよくせずとちかひ、いますでじゆんびして、なんじやくそくちつつあればなり、と。 22せんぷちやうこのことわれげたりとたれにもかたることなかれ、といましめてせいねんかへし、 23ふたりひやくふちやうびてひけるは、なんじカイザリアにけて、へいそつ二百にんきへい七十にんやりもち二百にんよるの九よりしたてさせ、 24またうまそなへてパウロをらしめ、ぶじそうとくフェリクスのもとともなかしめよ、と。 25これユデアじんがパウロをとらへてころことあらば、おのれまひなひけたるごとく、のちいたりてざんそせられんことおそれしゆゑなり。 26かきへたるしよかんぶんごとし、 27クロウヂオ、ルジア、いとたふとそうとくフェリクスにあいさつす。このひとユデアじんとらへられてすでころされんとせしを、われそのロマじんたることき、ぐんたいひきゆきてすくひいだしたるが、 28かれらこれとがむるゆゑんらんとほつして、これそのぎくわいめしれたるに、 29われそのうつたへらるるところかれらりつぱふくわんするもんだいたるをみとめて、いささかしけいもしくはにふごくあたつみあるをみとめず、 30しかのみならずかれらこれがいせんとするくはだてありとげられたれば、これなんじもとおくり、こくそにんにも、なんじはふていきそせよ、とこくじせり、なんじすこやかなれ、と。 31ればへいそつめいれいしたがひ、パウロをたづさへてやちゆうにアンチパトリにつれゆき、 32あくるひきへいのこしてこれともなはしめ、おのれへいえいかへりしが、 33きへいはカイザリアにいたり、そうとくてんしよわたして、パウロをもそのまへたしめたり。 34そうとくてんしよみて、ほんごくいづくぞ、とひ、そのシリシアしうなるよしきしかば、 35なんじこくそにんきたりてのちなんじくべし、とひて、めいじてパウロをヘロデのていないまもらしめたり。

第24章[編集]

1いつかのちしさいちやうアナニア、あるちやうらうたちおよびテルトルロとへるひとりべんしともくだりて、そうとくもとにパウロをこくそしたり。 2パウロよびいだされければ、テルトルロうつたへをひらきてひけるは、いとたふときフェリクスよ、われなんじいんによりてたいへいうちせいくわつし、かつなんじせんけんによりてじんみんためかいりやうせらるることおほきは、 3いつにてもいづこにても、われかんしやへざるところなり。 4なんじひまくまじきがゆゑに、こひねがはくはれいくわんじんもつて、しばらわれかれんことを、 5われこのひとえきびやうごとものにして、せかいいたところすべてのユデアじんちゆうさうらんひきおこし、ナザレトじんいつきちやうほんにして、 6[しん]でんけがさんとまでつとめたることみとめたり。われこれとらへ、わがりつぱふしたがひてさいばんせんとおもひしに、 7せんぷちやうルジアふいきたり、たぜいもつわれよりこれうばひり、 8そのこくそにんめいずるに、なんじもといたらんこともつてせり。なんじこれききたださば、われこれこくそするいつさいじじやうべし、と。 9ユデアじんまたこれくはへて、すべそのごとし、とへり。 10そうとくうなづきてはつげんゆるししかばパウロこたへけるは、われなんじたねんこのこくみんうへはんじたることれば、こころよわがためべんかいせん。 11けだしなんじれうかいらるるがごとく、れいはいためエルザレムにのぼりたるのちいまだ十二にちいじやうたつせず、 12またかれらわれを[しん]でんみとめたるも、ひとろんへるにもあらず、またくわいどうにもしちゆうにも、じんみんせうしふしたりしにもあらず、 13いまわれこくそするてんきても、かれらこれしようするあたはざるなり。 14りながらわれなんじじはくせん、すなはわれかれらいたんべるみちしたがひて、わがせんぞたちかみつかまつり、すべりつぱふおよよげんしやしよかきしるしたることしんじ、 15かれらみづからもてるぎしやふぎしやみらいふくくわつを、かみりてきぼうするなり。 16われこれりて、かみたいまたひとたいして、りやうしんつねとがめなくたもたんことつとむ。 17ねんわれわがこくみんほどこしし、かつそなへものせいぐわんとをさんためきたりしが、 18そのさいアジアよりきたりしすにんのユデアじんすできよめられたるを、[しん]でんみつけたれど、ぐんしゆうもなくさうらんもなかりき。 19われとがむべきことあらば、かれらこそなんじまへちてこくそすべきなれ。 20もしまたこのひとびとにして、そのくわいぎちしときなんらかのふせいなるかどみいだしたるならば、かれらみづかふべし。 21ただかれらうちち、よばはりて、こんにちなんじさいばんせらるるは、ししやふくくわつきてなり、とひしひとこえほかなかるべし、と。 22フェリクスこのみちこといとくわしくりたりければ、さいばんえんきしてひけるは、せんぷちやうルジアのくだりてのちなんじかん、と。 23かくひやくふちやうめいずるに、パウロをくつろがしめ、いうじんひとりにだもこれきようきふするをきんずることなくしてまもるべきよしもつてせり。 24すじつのちフェリクス、ユデアじんなるそのつまドルジルラとともきたり、パウロをまねきてキリスト、イエズスにおけしんかうこときしが、 25パウロせいぎていさうみらいしんぱんとにきてろんじければ、フェリクスをののきてこたへけるは、たうぶんひきりてれ、われをりなんじまねかん、と。 26しかのみならずフェリクスは、パウロよりかねあたへられんことのぞめるがゆゑに、しばしばこれまねきてかたりつつありしが、 27ねんてポルチオ、フェストをこうにんしやたりければ、ユデアじんよろこばしめんとてパウロをつなぎたるままさしおけり。

第25章[編集]

1フェストふにんしてみつかのち、カイザリアよりエルザレムにのぼりければ、 2しさいちやうおよびユデアじんおもだちたるもの、パウロをうつたへんとてそのもといたり、 3みめぐみにはめいじてパウロをエルザレムにつれゆかしめたまへ、とねがへり。これとちゆうまちぶせして、かれころさんとすればなり。 4フェストこたへて、パウロはまもられてカイザリアにり、われほどなくしゆつたつすべければ、 5もしかのひとつみあらば、なんじうちしかるべきひとびとわれともくだりてこれうつたふべし、とへり。 6かくてフェストは、やうかとうかばかりかれらうちたいざいしてカイザリアにくだり、よくじつはふていし、めいじてパウロをひきいださせしが、 7パウロめしいだされければ、エルザレムよりくだりたるユデアじんこれとりかこみて、しゆじゆぢゆうざいはせたれど、これしようすることあたはざりき。 8パウロはみづかべんかいして、われユデアじんりつぱふたいしても、しんでんたいしても、セザルにたいしても、なんらのつみおかしたることなし、とへり。 9フェストユデアじんよろこばせんとて、パウロにこたへて、なんじエルザレムにのぼり、かしこにてわがまへさいばんけんことほつするか、とひしかば、 10パウロひけるは、われはセザルのはふていてり、ここにてさいばんせらるべし。なんじれるがごとく、われはユデアじんがいくはへたることなし、 11もしがいくはへたるか、あるひしけいあたなにごとをかしたらんには、われせず、れどかれらわれはすることひとつたずば、たれわれかれらひきわたべからず、われセザルにじやうこくす、と。 12ここおいてフェスト、ばいせきだんじてのちこたへけるは、なんじセザルにじやうこくしたればセザルのもとくべし、と。 13すじつてアグリッパわうおよびベルニケは、フェストのあんぴはんとてカイザリアにくだり、 14すじつかんたいざいしければ、フェストパウロのことわうげてひけるは、ここにフェリクスよりのこかれたるひとりしうじんあり、 15われエルザレムにりしときしさいちやう、ユデアじんちやうらうたちわがもときたりて、これせんこくねがひしかど、 16われなにびとにもあれ、ひこくにんげんこくにんたいめんしてつみべんかいするをりざるうちに、これけいばつするは、ロマじんくわんれいあらず、とこたへたり。 17これよりかれらときうつさずここあつまりきたりたれば。よくじつわれはふていし、めいじてかのひとひきいださしめ、 18げんこくにんこれたちひしに、けんぎけたるごとつみをばいちてんはせず、 19おのしうけうおよれりとパウロがだんげんせるひとりししやイエズスにくわんするもんだいていしゆつしたるのみ、 20われかかもんだいにはたうわくしたればかのひとむかひて、なんじエルザレムにいたり、これきてさいばんくることのぞむか、とひしに、 21パウロはオグストのさいばんほりうせらるるやうじやうこくせしかば、われめいじて、セザルのもとおくるまでまもらせけり、と。 22アグリッパ、われかのひときたし、とフェストにひしかば、なんじきやうにちこれくべし、とへり。 23よくじつアグリッパとベルニケとはでつくしてきたり、せんぷちやうおよまちおもだちたるひとびとともこうはんていりしかば、フェストのめいれいもとにパウロひきいだされたり。 24かくてフェストひけるは、アグリッパわうおよここわれれつせきせるひとたちよ、なんじこのひとは、ユデアじんぐんしゆうこぞりてわれうつたへ、もはやくべきものあらず、とさけびつつねがひしものなり。 25しかしてわれあたひするなんらつみなきことかれみとめたれど、かのオグストにじやうこくせしにより、これそうふすべしとけつせり。 26われきみじやうしよせんとするにたしかなるじじつなきをもつて、これなんじまへことにアグリッパわうよ、みまへひきいだし、じんもんしてじやうしよすべきことがらんとす、 27しうじんおくりてそのざいあんかきへざることむりなるをおもへばなり、と。

第26章[編集]

1アグリッパパウロにむかひ、なんじみづからのためべんかいすることゆるされたるぞ、とひしかば、パウロべてことわけいひでけるは、 2アグリッパわうよ、がユデアじんよりうつたへらるるすべてのことき、けふみまへべんかいせんことは、りてさいはひとするところなり。 3ことさらユデアじんあひだおけくわんしふもんだいも、すべなんじところなれば、ねがはくはにんたいもつわれみみたまはんことを。 4はじめよりエルザレムにて、わがこくみんあひだいとなみしせうねんいらいせいくわつは、ユデアじんみなところにして、 5かれらもししようめいするこころあらば、われしうけうもつとたしかなるしたがひて、ファリザイじんとしてせいくわつせしことは、もとよりこれれるなり。 6いままたかみよりわれせんぞれしやくそくのぞみをくればこそ、われちてさいばんくるなれ。 7われの十二ぞくちうやとなく、ひたすらかみれいはいして、このやくそくこときぼうするに、わうよ、このきぼうきてぞ、われはユデアじんよりうつたへらるる。 8かみししやふくくわつせしめたまことを、なんじなんしんがたしとする、 9われに、ナザレトのイエズスのみなたいして、おほいにさからはざるべからず、とかつてはおもひたりしかば、 10エルザレムにおいてもしかせり、かつしさいちやうたちよりけんりよくさづかりて、おほくのせいとかんごくとじこめ、かつかれらころさるるときこれさんせいとうへうをなせり。 11またしよくわいどうおいしばしばかれらばつし、ばうとくせまり、かつますますかれらたいしてきようふんし、ぐわいこくまちまではくがいしつつありき。 12かくしさいちやうたちよりけんりよくきよかとをて、ダマスコにおもむきしをり13わうよ、みちすがらにつちゆうに、かがやきにもまされるひかりわれおよみちづれかこてらせるをたり。 14われみなちたふれしが、ヘブレオにて、サウロよ、サウロよ、なんわれはくがいするや、とげあるむちさからふことはなんじりてかたし、とわれへるこゑけり。 15われしゆよ、なんじたれぞ、とひしにしゆのたまはく、われなんじはくがいするイエズスなり、 16ただしきてあしにててよ、なんじあらはれしは、なんじててえきしやし、かつなんじすでことと、またあらはれてなんじしめすべきこときてしようにんたらしめんためなり。 17われこのじんみんおよいはうじんよりなんじすくはん、なんじかれらつかはすは、 18かれらひらきてやみよりひかりに、サタンのけんゐよりかみたちかへらしめ、われおけしんかうりてつみゆるしせいとちゆうはいぶんとをさせんためなり、と。 19ればアグリッパわうよ、われてんしめしそむかずして、 20まづダマスコにひとびとに、つぎにエルザレムに、つぎにユデアぜんちはういたり、つぎいはうじんにまでもかれらかいしんすべきことまたかいしんふさわしきげふして、かみたちかへるべきことげつつありき。 21これために、が[しん]