使徒行録2 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

使徒行録2

第14章[編集]

1イコニオムにおいて、兩人りやうにんあひともにユデアじん會堂くわいどうりてかたりければ、ユデアじんおよびギリシアじんこれしんずるものおびただしかりしが、 2しんぜざるユデアじん異邦いはうじんこころ煽動せんどうし、弟子でしたちたいしていかりおこさせたり。 3れど兩人りやうにんひさしく滞在たいざいして、はばかところなくしゆため盡力じんりよくし、しゆ彼等かれらによりてしるし奇蹟きせきとをおこなはしめて、恩寵おんちようをしへ保證ほしようたまへり。 4しかるにまち住民じゆうみん二個ふたつわかれて、あるひはユデアじん味方みかたとなり、あるひ使徒しとたち味方みかたとなりしが、 5異邦いはうじんとユデアじんそのかしらたちともに、さわぎちて兩人りやうにんはづかしめ、またいしなげうたんとせしかば、 6兩人りやうにんさとりてリカオニア[しう]のまちなるリストラ、デルペンおよそのあたり地方ちはうけ、 7彼處かしこにて福音ふくいん宣傳のべつたたり。 8リストラにあしかなはぬ一人ひとりをとこすはり、生來せいらい跛者あしなへにて、かつあゆみたることなかりしが、 9パウロのかたれるをきければ、パウロこれそそぎて、いやさるべき信仰しんかうあるを10なんじ眞直まつすぐ立上たちあがれ、とこゑたかひしかば、かれをどりあがりてあゆたり。 11群集ぐんしゆうパウロがせることこゑげ、リカオニアの方言はうげんにて、神々かみがみひと姿すがたにてわれくだたまへり、とひて、 12バルナバをヅウスとび、パウロをことばちやうぜるがゆゑにヘルメスとび、 13またまち此方こなたるズウスの神官しんくわん數多あまたうしはなかざりとを門前もんぜんたづさきたりて、人民じんみんとも犠牲いけにへささげんとせり。 14使徒しとたちすなはちバルナバとパウロとこれくや、おの衣服いふくき、群集ぐんしゆううちとびりて、 15よばはりつつひけるは、人々ひとびとよ、なんこれせるや、われなんじおなじく有情うじやう人間にんげんにして、なんじ福音ふくいんべ、かのむなしきものはなれ、なんじをしててんうみおよそのうちりとらゆるものつくたまひし、けるかみてんぜしめんとするなり。 16かみ前代ぜんだいおい萬民ばんみん己々おのれおのれみちあゆむをさしおたまひしも、 17みづからを證明しようめいたまはざることなく、てんよりめぐみみをたまひて、あめらしみのり季節きせつあたへ、食物しょくもつ欣喜よろこびとをもつて、われこころたしめたまふなり、と。 18兩人りやうにんこれことかたりて、かろうじて群集ぐんしゆうとどめ、おのれまつりささげざらしめたり。 19とき數人すにんのユデアじん、アンチオキアとイコニオムとよりきたり、群集ぐんしゆう煽動せんどうしてパウロにいしなげうち、すでせりとおもひてまちそと引出ひきいだしけるが、 20弟子でしたちこれたちかこみけるに、かれおきあがりてまちり、翌日よくじつバルナバとともにデルペンに出立しゆつたつせり。 21兩人りやうにんこのまち福音ふくいんべておほくのひとをしへしのち、リストラとイコニオムとアンチオキアとにもどり、 22弟子でしたちたましひかため、信仰しんかうとどまらんことすすめ、われ許多おほく患難くわんなんかみくにらざるべからず、とをしへつつありき。 23また彼等かれらために、教會けうくわいごと長老ちやうらうて、断食だんじき祈祷きたうとをして、彼等かれらその信仰しんかうせるしゆゆだねたり。 24かくてピシジア[しう]をてパンフィリア[しう]にいたりしが、 25[みやこ]ペルゲンにおいしゆ御言おんことばかたりてアッタリア[みなと]にくだり、 26其處そこより出帆しゆつぱんして、このたび為遂しとげたる事業じげふすべき、かみ恩寵おんちようゆだねられたりしところなるアンチオキアにかへれり。 27其處そこいたりて、教會けうくわい人々ひとびとあつめ、すべかみおのれともたまひしことまた異邦いはうじん信仰しんかうもんひらたまひしこと報告はうこくし、 28ひさしく弟子でしたちともとどまれり。

第15章[編集]

1かくある人々ひとびと、ユデアよりくだりて兄弟等きやうだいたちむかひ、なんじモイゼの慣例くわんれいしたがひて割禮かつれいくるにあらずば救霊たすかりず、とをしへければ、 2パウロとバルナバと、彼等かれらたいして一方ひとかたならぬさうろんししが、信徒しんとはパウロ、バルナバ、およ反對はんたいがは數人すにんをエルザレムにのぼせ、この問題もんだい使徒しとたちおよ長老ちやうらうたちうかがはんことさだめたり。 3れば彼等かれら教會けうくわい見送みおくられて、フェニケアおよびサマリアを異邦いはうじん感化かんくわ事情じじやうつぶさかたりて、兄弟きやうだい一同いちどうおほいなるよろこびおこさせたり。 4一行いつかうエルザレムにいたりて、教會けうくわい使徒しとたち長老ちやうらうたちとにむかへられ、かみおのれともたまひしこと次第しだいげしが、 5ファリザイうちなる數人すにん信者しんじやちて、異邦いはうじん割禮かつれいけざるべからず、まためいじてモイゼの律法りつぱふまもらしむべし、とひければ、 6使徒しとたちおよ長老ちやうらうたちこのこと調しらべんとてあつまれり。 7はげしきさうろんのち、ペトロちて彼等かれらひけるは、兄弟きやうだいたる人々ひとびとよ、ひさしき以前いぜんに、かみわれうちよりえらみて、わがくちもつ異邦いはうじん福音ふくいんことばかせ、これしんぜしめたまひしことは、なんじところなり。 8かつひとこころたまかみは、なんじたまひしごとく、彼等かれらにも聖霊せいれいたまひて證明しようめいたまひ、 9信仰しんかうによりて彼等かれらこころきよめ、われ彼等かれらとをいささかへだたまひしことなし。 10しかるをなんれぞ、なんじかみこころみて、われ先祖せんぞわれあたはざりしくびきを、いま弟子でしたちくびはせんとはする。 11われすくはるるはしゆイエズス、キリストの恩寵おんちようによれりとは、われしんずるところにして、彼等かれらまたしかるなり、と。 12會衆くわいしゆうみな沈黙ちんもくして、パウロとバルナバとが、異邦いはうじんうちおのれもつかみおこなたまひしすべてのしるし奇蹟きせきとをかたるをきたりしが、 13彼等かれら沈黙ちんもくたもちたるのち、ヤコボこたへてひけるは、兄弟きやうだいたる人々ひとびとよ、われけ、 14シモンすでかみはじめて異邦いはうじんかへりみ、そのうちよりおのたふとたみたまひし次第しだいべしが、 15預言よげんしやたちことばこれへり、かきしるして、 16こののちわれかへりて、たふれたるダヴィドの幕屋まくや再興さいこうし、そのくずれたるところつくろひ、かつこれてん、 17人々ひとびとおよび、ためわがばれたる萬國ばんこく異邦いはうじんしゆもとためなり、これたまところしゆこれのたまふ」、とあるがごとし。 18しゆはじめよりおのげふたまふ、 19これによりてわれおもふに、異邦いはうじんよりかみ歸依きえする人々ひとびとわづらはすべからず、 20ただしよおくりて、偶像ぐうざうささげられしものと、私通しつうと、絞殺しめころされしけものにくとをいましむべし、 21けだしモイゼのしよは、安息日あんそくじつごと會堂くわいどうおいまれ、これぶるひとむかしよりいづれの市町まちにもればなり、と。 22ここおい使徒しとたち長老ちやうらうたちおよ教會けうくわい一同いちどうに、そのうちよりひとえらみて、パウロ、バルナバとともにアンチオキアにつかはすをしとせり、その人々ひとびとはバルサバともばるるユダ、およびシラにして、兄弟きやうだいちゆう重立おもだちたるものなりき。 23彼等かれらたくせられし書翰しよかんぶんいはく、「使徒しとたちおよ兄弟きやうだいたる長老ちやうらう、アンチオキアとシリアとシリシアとに異邦いはうじんたりし兄弟等きやうだいたち挨拶あいさつす。 24われところれば、ある人々ひとびとわれめいじたることもなきに、われうちよりいできてなんじたましひくつがへし、ことばもつなんじみだしたるよしなれば、 25われ一致いつちしてひとえらみ、 26我主わがしゆイエズス、キリストの御名みなため生命いのちをしまざりしひとわれ至愛しあいなるバルナバおよびパウロとともに、なんじつかはさんことしとせり。 27ればユダとシラとをつかはしたるが、彼等かれらくちづからこれことなんじげん。 28けだし聖霊せいれいわれとは、必要ひつえうなることほかなんじ何等なんらをもはしめざるをしとせり。 29すなはなんじ偶像ぐうざうささげられしものと、絞殺しめころされしものと、私通しつうとをつべきことこれなり。これことつつしまば、それにてよろしかるべし、なんじ健康すこやかなれ、」と。 30彼等かれらいとまごひしてアンチオキアにくだり、信徒しんとあつめて書翰しよかんわたししが、 31人々ひとびとこれみて、なぐさめよろこべり。 32ユダとシラとはその預言よげんしやなれば、おほくの談話だんわもつ兄弟きやうだいすすかつかためたりしが、 33しばら此處こことどまりてのちおのれつかはししものもとかへらんとて、兄弟等きやうだいたち無事ぶじしゆくされていとまたり。 34れどシラは此處こことどまるをしとせしかば、ユダ一人ひとりエルザレムにかへり、 35パウロとバルナバとはアンチオキアにとどまり、數人すにんともしゆ御言おんことばをしへ、福音ふくいんべつつありき。 36數日すじつのち、パウロはバルナバにむかひ、いざわれあともどりして、さきしゆ御言おんことば宣傳のべつたへしすべての市町まちじゆんくわいし、その安否あんぴはん、とひしが、 37バルナバはマルコともばるるヨハネをたづさへんとおもへるに、 38パウロは、かれかつてパンフィリアにておのれはなれ、ともはたらかざりしものなれば、これ承容うけいるべからず、とかんがたりしかば、 39つひ衝突しようとつしてあひわかるるにいたれり。さればバルナバはマルコをたづさへてクプロ[じま]へ出帆しゆつぱんせしが、 40パウロはシラをえらみて、兄弟等きやうだいたちよりかみ恩寵おんちようゆだねられて出立しゆつたつし、 41シリアとシリシアとをめぐりてしよ教會けうくわいかため、使徒しとたちおよ長老ちやうらうたち規定きていまもるべきことをしたり。

第16章[編集]

1パウロデルベンとルストラとにいたりしに、をりしも此處ここにチモテオとへる弟子でしあり、信者しんじやとなりたるユデアけう婦人ふじんにて、ちちはギリシアじんなりしが、 2ルストラおよびイコニオムに兄弟等きやうだいたちこれ好評かうひやうあたへつつありき。 3パウロこれともなひて出發しゆつぱつせんとおもひさだめ、かれたづさへてその地方ちはうなるユデアじんたいして割禮かつれいほどこせり。彼等かれらみなそのちちのギリシアじんたりしことをればなり。 4かく市町まちまちとほとき、エルザレムに使徒しとたちおよ長老ちやうらうたち規定きていまもらせんとて、これ人々ひとびとわたしければ、 5しよ教會けうくわいその信仰しんかうかたうせられて、人員ひとかず日々ひび彌増いやましつつありき。 6兩人りやうにんフリジアおよびガラチア地方ちはうよぎりしに、聖霊せいれい[せう]アジアにおいかみ御言おんことばかたこといましたまひしが、 7またミジア[しう]にいたりて、ビチニア[しう]へかんとこころみしも、イエズスのれいこれゆるたまはざりき。 8かくてミジアをてトロアデにくだりけるに、 9パウロ夜中やちゆう幻影まぼろししめされ、一人ひとりのマケドニアじんりておのれたのみ、マケドニアにわたりてわれすくへ、とへるをたり。 10パウロこの幻影まぼろしるや、おのれがマケドニアじん福音ふくいんつたふるためかみよりされたること確信かくしんして、ただちにマケドニアへおもむかんとつとめたり。 11われトロアデより出帆しゆつぱんしてサモトラキアへ直航ちよつこうし、翌日よくじつネエプルにいたり、 12其處そこよりマケドニアの取付とりつき都會とくわいにして殖民しよくみんなるフィリッピにいたれり。數日すじつあひだこのまちとどまり、 13安息日あんそくじつあたりてまち門外もんぐわいで、かはほとりいのりおぼしきところき、あつまりたるをんなたちすはりつつかたりけるに、 14テアチロまち紅色こうしよく染料せんれうしやうにしてかみたふとべるルヂアとへるをんなこれきけるを、しゆそのこころひらきて、パウロよりはるることかたむかしめたまひ、 15かれ一家いつかともせんせられしが、ねがひて、なんじわれしゆ忠實ちゆうじつなるものとせば我家わがいへりてとどまれ、とひて、ひてわれらしめたり。 16ここいのり途中みちすがら卜筮うらなひ鬼神きしんかれて、卜筮うらなひもつその主人しゆじん許多そこばく利益りえきさせつつある一人ひとりむすめわれ出會であひしが、 17そのむすめパウロとわれあとしたがひつつよばはりて、このひとたちいとたかかみしもべにして、なんじ救霊たすかりみちぐるものなり、とたり。 18かくごとくすること數日すじつにして、パウロいたこころいため、回顧ふりかへりて鬼神きしんむかひ、われイエズス、キリストの御名みなによりて、なんじこのむすめよりいづことめいず、とひしかばかれ即時そくじでたり。 19しかるにその主人しゆじんは、おの利益りえきのぞみくなりたるをて、パウロとシラとをとらへ、官吏くわんりもと市場いちばまで連行つれゆきて、 20官吏くわんり差出さしいだし、この人々ひとびとはユデアじんにして、われ市中まちみだし、 21ロマじんたるわれくべからずおこなふべからざる慣習くわんしふつたうるものなり、とひ、 22人民じんみんはせきたりて使徒しとたち反對はんたいせしかば、官吏くわんりめいじてその襦袢じゆばんかせ、これむちうたせ、 23おほくのきずはせてのち監獄かんごくおくり、かたまもるべきよし看守かんしゆめいじたり。 24看守かんしゆかか命令めいれいけたれば、二人ふたりを奥の監房かんぼうれ、かせにてあしめたりしが、 25夜半よなかいたり、パウロとシラといのりてかみ賛美さんびし、監獄かんごく人々ひとびとこれたるに、 26たちまだい地震ぢしんありて、監獄かんごく基礎どだいまで震動しんどうし、ただちことごとひらけて、一同いちどう縲絏なはめけたり。 27看守かんしゆめさめて監獄かんごくひらけたるを囚徒しうとげしことおもひ、かたなきて自殺じさつせんとしければ、 28パウロこゑたかよばはりてひけるは、自害じがいすな、われみな此處ここり、と。 29看守かんしゆ燈火ともしびもとめてうちり、おののきつつパウロとシラとの足下あしもと平伏ひれふし、 30ともなひてそとで、きみたちよ、われなにしてか救霊たすかりべき、とひしかば、 31彼等かれらひけるは、しゆイエズスを信仰しんかうせよ、らばなんじ家族かぞく救霊たすかりべし、とて、 32看守かんしゆそのいへ人々ひとびと一同いちどうとにしゆ御言おんことばかたりしかば、 33看守かんしゆ夜中やちゆうながら即時そくじ兩人りやうにんひきりてそのきずあらひ、おのれ家族かぞくみなただちせんせられしが、 34なほ彼等かれら自宅じたくともなひてこれ食卓しよくたくそなへ、家族かぞく一同いちどうともかみしんじてよろこべり。 35あけいたり、官吏くわんり刑吏けいりつかはして、かの人々ひとびとゆるせ、とはせしかば、 36看守かんしゆこのことをパウロにげて、官吏くわんりなんじゆるせとてひとつかはしたるゆゑいまでてつつがなくけ、とひけるな、 37パウロ刑吏けいりひけるは、彼等かれら我々われわれおほやけむちうたせ、ロマじんたるもの裁判さいばんなくして監獄かんごくれたるに、いまひそか我々われわれ追出おひいだすか、しかあるべからず、彼等かれらきたりて、 38みづか我々われわれいだすべし、と。刑吏けいりこのことげしかば、官吏くわんりそのロマじんたることきておそれ、 39きたびて二人ふたりともなひで、このまちらんことことをひたり。 40かくてパウロとシラとは監獄かんごくよりでてルジアのいへり、兄弟等きやうだいたちひてこれなぐさめ、出立しゆつたつしたりき。

第17章[編集]

1それよりアンフィポリとアポロニアとをてテサロニケにいたりしが、此處ここにユデアじん會堂くわいどうありければ、 2パウロれいによりて彼等かれらうちり、みつ安息日あんそくじつわたりて、聖書せいしよきて弁論べんろんし、 3キリストがかならくるしみて死者ししやうちより復活ふくくわつすべかりしことと、なんじぐるイエズスがキリストたることとをきてろんしようしたるに、 4そのうちある人々ひとびとおよかみたふとべる數多あまたのギリシアじん其他そのた貴婦人きふじんたちすくなからず承服しようふくして、パウロとシラとにけり。 5しかるにユデアじんねたみおこして、無頼漢ぶらいかんうちより數人すにん惡者わるものけ、人々ひとびと招集せうしふして市中しちゆうさわがし、またヤソンのいへかこみてパウロとシラとを人民じんみんまへ引出ひきいださんとつとめたりしが、 6彼等かれら見付みつず、ヤソンと數人すにん兄弟きやうだいとを吏員りいんもと引行ひきゆきて、天下てんかくつがへしたるかの人々ひとびと此處ここにもきたれるを、 7ヤソンが承容うけいれて、一同いちどうにイエズス[とふ]わうべつりととなへ、セザルのちよくれいさからふなり、とさけびつつ、 8人民じんみんこれけるまち吏員りゐんとを煽動せんどうし、 9ヤソンおよ其他そのた人々ひとびとより保證ほしようきんけてこれゆるせり。 10兄弟等きやうだいたちただちに、パウロとシラとをうちにベレアへおくりしかば、彼等かれら其處そこきてユデアじん會堂くわいどうりしが、 11此處ここ人々ひとびとはテサロニケにものどもよりは、高尚かうしようにして、熱心ねつしんことばけ、このことはたしてしかりやいなやと、日々ひび聖書せいしよ調しらたり。 12かくそのうちしんじたるひとおほく、ギリシアの貴婦人きふじんにも男子だんしにもそのかずすくなからざりき。 13ほどにテサロニケにるユデアじん、ベレアにもパウロによりてかみ御言おんことばつたはれるをり、また此處ここきたりて、群集ぐんしゆう煽動せんどうしてさわがししかば、 14兄弟等きやうだいたち即時そくじにパウロを海辺かいへんいたらしめ、シラとチモテオとはベレアにとどまれり。 15パウロを案内あんないせる人々ひとびとはアデンスまでおくりきしが、シラとチモテオとにるべくすみやかわがもときたれとのめいを、パウロよりけてたちかへれり。 16パウロアデンスにりて彼等かれらてるあひだこの都會とくわい偶像ぐうざう崇拝すうはいふけるを憤激ふんげきし、 17會堂くわいどうにてはユデアじんおよびユデアけう歸依きえせし人々ひとびとろんじ、市場いちばにても居合ゐあはせたる人々ひとびと日毎ひごとろんたり。 18ときにエピクリアンおよびストイック哲學者てつがくしや數人すにんこれろんひけるが、あるひとは、この囀人さえづりてなにものぞ、とひ、あるひとは、かれあたらしき鬼神きしんぐるものごとし、とたり、これパウロがイエズスと復活ふくくわつとの福音ふくいん彼等かれらぐればなり。 19かくてパウロをアレオパグに連行つれゆきてひけるは、なんじけるこのあたらしきをしへ如何いかなるものぞ、われこれることをべきか、 20すなはなんじ何等なんらかのあたらしきことわれみみるるがゆゑに、われその何事なにごとなるかをらんとほつするなり、と。 21けだしアデンスじん寄留きりうにんみなただ耳新みみあたらしき何事なにごとかを、あるひあるひきておくものなりき。 22そのときパウロアレオパグの中央ちゆうあうちてひけるは、アデンスじんわれなんじ萬事ばんじおい宗教しうけうしんはなはあつきがごときをみとむ。 23すなはとほりがけに、つらつらなんじ禮拝れいはいぶつて、れざるかみに[ささぐ]、としるせるほこらをも見付みつけたればなり。ればわれなんじらずしてたふとべる其者そのものをばなんじげん。 24世界せかいそのなか一切いつさいものとをつくたまへるかみは、天地てんちしゆにてましませば、にてつくれるみやにはたまはず、 25おんみづから萬物ばんぶつ生命せいめい呼吸こきふ一切いつさいこととをたまへば、何等なんらとぼしきところあるもののごとく、人手ひとでにてつかへらるるものあらず、 26一人ひとりよりして全面ぜんめんすまふまでに人類じんるゐつくりたまひ、季節きせつ住居ぢゆうきよさかひとをさだたまへるは、 27これひとをしてかみもとめ、あるひさがしいださしめんためなり。しかれどもかれは、われ面々めんめんはなたまこととほからず、 28けだしかれりてこそ、われかつかつうごかつ存在そんざいするなれ。なんじ詩人しじん誰彼たれかれも、われまたかれすゑなり、とへるがごとし。 29われかみすゑなれば、かみきんあるひぎんあるひいしすなは芸術げいじゆつおよひと想像そうざうれる彫刻てうこくたるものおもふべからず。 30かみかか蒙昧もうまい時代じだい見過みすごたまひて、いまひとむかひて、何處いづこにてもことごと改心かいしんすべしとめいたまふ。 31けだしたまひて、そのみづかたまひし一個ひとりひとすなはこれ死者ししやうちより復活ふくくわつせしめて萬民ばんみんまへ保證ほしようたまひたる一人ひとりもつて、世界せかいしたがひてさばかんとしたまふなり、と。 32死者ししや復活ふくくわつきて、ある人々ひとびとは、嘲笑あざわらひ、ある人々ひとびとは、われこときてまたなんじかん、とへり。 33かくてパウロは、彼等かれらうちより立去たちさりしが、 34これしたがひて信仰しんかうせるもの數人すにんあり。そのうちにアレオパグの裁判官さいばんくわんジオニジオ、ダマリスとへる婦人ふじん其他そのたなほありき。

第18章[編集]

1そののちパウロアデンスをでてコリントにいたりしが 2クロウヂオ[皇帝くわうてい]が、ユデアじんみなロマをるべしとのめいくだししために、近頃ちかごろイタリアよりきたれる、ポントうまれのアクィラとへるユデアじんと、そのつまプリシルラとにひしかば、彼等かれらちかづき、 3同業どうげふなりければ、同居どうきよしてとも仕事しごとたり、幕屋まくや製造せいざうげふなりき。 4安息日あんそくじつごと會堂くわいどうおいろんじ、しゆイエズスの御名みなさしはさみて、ユデアじんとギリシアじんとをすすりしが、 5シラとチモテオとマケドニアよりきたりてのちは、パウロもつぱ宣教せんけう從事じゆうじし、イエズスのキリストたることをユデアじん證明しようめいしけるに、 6彼等かれらこれさからひかつののしりければ、パウロ衣服いふくふるひてひけるは、なんじなんじかうべすべし、われつみなし、いまより異邦いはうじんおもむかんとす、と。 7かく此處ここりて、かみたふとべるチト、ユストとへるひといへりしが、そのいへ會堂くわいどうとなりにして、 8會堂くわいどうつかさクリスポその家族かぞく一同いちどうともしゆ信仰しんかうし、またコリントじんおびただしくをしへきて、しんかつせんせられたり。 9ときしゆ夜中やちゆう幻影まぼろしもつてパウロにのたまひけるは、おそれずしてかたれ、もくすることなかれ、 10けだしわれなんじともれば、なんじうちかかりてがいするひとあらじ、わがたみとなるものこの市中しちゆうおほければなり、と。 11かくてパウロは一ねん箇月かげつあひだ此處ここ滞在たいざいして、彼等かれらうちかみ御言おんことばをしへたり。 12しかるにガルリオがアカヤ[しう]の総督そうとくたりしとき、ユデアじんこころあはせてパウロにさからひ、これ裁判所さいばんしよめしれ、 13このひと律法りつぱふはんしてかみたふとことひとすすむ、とひければ、 14パウロくちひらかんとしけるを、ガルリオユデアじんむかひて、ユデアじんよ、不正ふせいこと極惡ごくあくことならば、なんじくはもとより道理だうりなれど、 15もしをしへ名義めいぎなんじ律法りつぱふとにくわんする問題もんだいならば、なんじみづかこれよ、われかかこと審判しんぱんしやとなるをこのまず、とひて、 16彼等かれら法廷はふていよりおゐいだしければ、 17彼等かれらみな會堂くわいどうつかさソステネスをとらへ、裁判所さいばんしよまへにて打擲うちたたきたり、れどガルリオすこしこれとせざりき。 18パウロなほひさしく滞在たいざいしてのち兄弟等きやうだいたちわかれげ、プリシルラおよびアクィラも同船どうせんして、シリアへ出帆しゆつぱんせしが、はやくよりの誓願せいぐわんにて、ケンクレにおいかみりたりき。 19てエフェゾにいたり、かの二人ふたりきてみづからは會堂くわいどうり、ユデアじんろんりしが、 20彼等かれらなほひさしくとどまらんことひたれど、うけがはずして、 21わかれをげ、かみ思召おぼしめしならばふたたなんじかへるべし、とひてエフェゾより出發しゆつぱつし、 22カイザリアに上陸じやうりくして[エルザレムに]のぼり、教會けうくわい挨拶あひさつしてアンチオキアにくだれり。 23パウロアンチオキアに滞在たいざいすることしばらくにして出發しゆつぱつせしが、次第しだいにガラチア地方ちはうおよびフリジアをめぐりて、弟子でし一同いちどう堅固けんごならしめたり。 24ときをアポルロとばれ、能弁のうべんにして聖書せいしよたつしたる、アレキサンドリアうまれのユデアじん、エフェゾにきたりしが、 25このひとかつしゆみちをしへられ、ただヨハネの洗禮せんれいるのみなりしかど、熱心ねつしんにして、イエズスのことかたり、かつくわしくをしへつつありき。 26ればはばかところなく會堂くわいどうおい盡力じんりよくでしを、プリシルラとアクィラときてこれいざなひ、なほくはしくしゆみちかせたり。 27アポルロアカヤ[しう]にかんとほつしければ、兄弟等きやうだいたち書簡しよかん弟子でしたちおくりて、これ承容うけいれんことすすめしに、かれきてのちすでしんじたる人々ひとびとえきするところおほかりき。 28聖書せいしよによりてイエズスのキリストたること證明しようめいし、ゆうふるひて公然こうぜんユデアじん説伏ときふすればなり。

第19章[編集]

1しかるにアポルロコリントにりしとき、パウロは高地かうちかためぐりてエフェゾにきたり、ある弟子でしたちひて、 2なんじ信者しんじやとなりて聖霊せいれいかうむりたるか、とひしに、彼等かれらわれ聖霊せいれいことすらきしことなし、とひしかば、 3パウロひけるは、しからばなにによりてせんせられたるぞ、と。彼等かれらへらく、ヨハネの洗禮せんれいけたるなり、と。 4パウロひけるは、ヨハネは、おのれのちきたるべきものすなはちイエズスをしんずべし、とひつつ、改心かいしん洗禮せんれいもつ人民じんみんせんしたるなり、と。 5彼等かれらこれきてしゆイエズスの御名みなりてせんせられ、 6パウロこれ按手あんしゆせしかば、聖霊せいれい彼等かれらうへくだたまひて、彼等かれら異國いこくかたり、かつ預言よげんしたり、 7これ男子だんしおよそ十二にんなりき。 8パウロ會堂くわいどうりてさん箇月かげつあひだはばからずかたり、かみくにきてろんじ、人々ひとびとすすりしが、 9あるひ頑固かたくなになりてしんぜず、しゆみち群衆ぐんしゆうまへののしものありければ、パウロ彼等かれらりて弟子でしたちをもわかれしめ、日々ひびチランノとへるひと教場けうぢようにて弁論べんろんたり。 10ことねんわたりしかば、ユデアじん異邦いはうじんも[せう]アジアにめるものすべしゆ御言おんことばくにいたり、 11かみまたただならぬ奇蹟きせきをパウロのりておこなたまひ、 12そのより手拭てぬぐいあるひおびりて病人びやうにんくれば、やまひ彼等かれらはな惡鬼あくき立去たちさほどなりき。 13しかるに各地かくちめぐるユデアの呪術まじなひうちなるある人々ひとびとは、パウロがぶるイエズスによりてわれなんじめいず、とひて、惡鬼あくきかれたるひとうへに、こころみしゆイエズスの御名みなべり。 14せるはユデアじんなるスケヴァ大司祭だいしさいしちにん男子だんしなりしが、 15惡鬼あくきこたへて、われイエズスをり、パウロをれり、れどなんじたれぞ、とひて、 16極惡ごくあくかれたるそのひと彼等かれらとびかかり、二人ふたりとりおさへてめしかば、彼等かれら裸體はだかられきづつけられて、そのいへにげれり。 17このことエフェゾにめるユデアじんおよびギリシアじん一般いつぱんわたりしかば、恐怖おそれ一同いちどううへおそひて、しゆイエズスの御名みなあがめられつつありき。 18かく信仰しんかうせる人々ひとびとおほきたり、おのおこなひしことときあらははしてこれ告白こくはくり、 19またかつ魔術まじゆつおこなひたりし人々ひとびとおほその書籍しよせきもちきたり、衆人しゆうじんまへにて焼盡やきつくししが、その代價だいかさんりて銀貨ぎんかまんなることみとめたり。 20かみ御言おんことばひろまりて勢力せいりよくつつあることかくごとくなりき。 21これことなしげてのち、パウロ聖霊せいれいすすめられて、マケドニアおよびアカヤをてエルザレムへかんとこころざし、われ彼處かしこいたりてのちロマをもざるべからず、とひて、 22從者じゆうしやうちチモテオとエラストとの二人ふたりをマケドニアにつかはし、そのしばらく[せう]アジアにとどまれり。 23このときあたり、しゆみちきて、一方ひとかたならぬ騒動さうどうおこれり。 24すなはちデメトリオとへる一人ひとりぎん細工ざいくあり、ヂアナ女神めがみぎん厨子づしつくりて、細工さいくにんさする利益りえきすくなからざりしが、 25その細工さいくにんおよ同業どうげふ職工しよくこう呼集よびあつめてひけるは、をとこたちよ、われ利益りえきこの細工さいくれることなんじところにして、 26かのパウロが、にてつくれるものはかみあらず、とひて、すでにエフェゾのみならず、ほとんどぜんアジアをときすすめて、おびただしきひととほざからしめしことも、またなんじ見聞けんぶんせるところなり。 27これよりおこ危険きけんは、ただわれ職業しよくげふ信用しんよううしなのみならず、ヂアナおほ女神めがみみやも`ないがしろにせられ、アジアおよ世界せかいこぞりてあがたてまつおほ女神めがみ威厳ゐげんうせくべきことこれなり、と。 28彼等かれらこれきていかりむねち、さけびて、おほいなるかなエフェゾじんのヂアナ、とへり。 29かく市中しちうこぞりておほいにさわち、あひ一致いつちして、パウロのともなるマケドニアじんガイオとアリスタルコとをとらへて劇場げきぢよう押入おしいりたり。 30パウロも群衆ぐんしゆううち入込いりこまんとせしを弟子でしたちゆるさず、 31また[せう]アジアにてこくさいつかさどれる上官じやうくわんちうに、パウロの親友しんいうなる人々ひとびとあり、使つかひにて、劇場げきぢよう立入たちいらざらんことりしが、 32人々ひとびと彼是かれこれさけたり、會衆くわいしゆう混雑こんざつして、大方おほかたひとおのれ何故なにゆゑあつまりしかをさえらざればなり。 33かくてユデアじんよりつきられたるアレキサンドルを雑踏ざつたううちより引出ひきいだししに、かれ手眞似てまねしてしづまらんことひ、人民じんみんことよしべんとしたれど、 34人々ひとびとかれがユデアじんなるを見知みしるや、みな異口同音いくどうおんほとんどかんわたりて、おほいなるかなエフェゾじんのヂアナ、とさけべり。 35かく書記官しよきくわん群衆ぐんしゆうしづめてのちひけるは、エフェゾじんよ、エフェゾのまちはヅウスのすゑなるヂアナおほ女神めがみみやつかまつものたることたれかはらざらん、 36これこばむべからざることなれば、なんじよろしく穏便おんびんにして、何事なにごと軽率けいそつすべからず。 37すなはなんじこの人々ひとびとめしれたれども、彼等かれらみやものぬすみたるにもあらず、われ女神めがみののしりたるにもあらず。 38しデメトリオおよそのともなる細工さいくにんあるひときてうつたふるところあらば、法廷はふていひらかれたるあり、地方ちはう総督そうとくるあり、人々ひとびとたがひ告訴こくそすべし。 39なんじもし問題もんだいきてすることあらば、正當せいたう議會ぎくわいおいこれけつするをべし。 40けだし今日こんにちこときては、騒亂さうらんとがくるおそれあり、この集會しふくわいこと弁解べんかいすべき理由りいうわれひとつもあらざればなり、と。書記官しよきくわんをはりて散會さんくわいげたり。

第20章[編集]

1騒亂さわぎみてのち、パウロ弟子でしたち呼集よびあつめ、奨励しやうれいあたへてわかれげ、マケドニアへかんとて出立しゆつたつせり。 2かくかの地方ちはうめぐり、許多おほく談話だんわ人々ひとびとすすめてギリシアにいたり、 3滞在たいざいさん箇月かげつにして、シリアへ出帆しゆつぱんせんとしたるに、ユデアじんおとしあなまうけてちければ、マケドニアをかへらんと決心けつしんせり。 4ともなひし人々ひとびとは、ベレエうまれなるピルロのソパテル、テサロニケじんアリスタルコおよびセコンド、デルベンじんガヨおよびチモテオ、[せう]アジアじんチキコおよびトロフィモなりき。 5彼等かれらみなさきだちて、トロアにてわれちしが、 6われ無酵たねなきぱん祭日さいじつのち、フィリッピより出帆しゆつぱんし、いつかんにてトロアにいたり、其處そことどまこと七日なぬかなりき。 7しうだいじつわれぱんかんとてあつまりしに、パウロは翌日よくじつ出立しゆつたつすべきにて人々ひとびとろんり、夜半よなかまでかたりつづけしが、 8われあつまれる高間たかま燈火ともしびおほかりき。 9ここにユチコとへる青年せいねんまどうへして熟睡じゆくすいしたりしに、パウロのかたことなほひさしければ、ねむりのために三がいよりち、取上とりあげたればすでしたりき。 10パウロくだきてそのうへし、これかきいだきてひけるは、なんじうれふることなかれ、かれたましひうちり、と。 11かくまたのぼりてぱんかつしよくし、なほあけまでかたりつづけてそのまま出立しゆつたつせり。 12人々ひとびと青年せいねんきたるをつれきたりしかば、なぐさめらるること一方ひとかたならざりき。 13ここわれはアッソスにてパウロをせんとて、まづふねりて彼處かしこ出帆しゆつぱんせり、かれ陸行りくかうくわだてて豫定よていしたればなり。 14パウロアッソスにてわれいでひしかば、われこれせてミチレネにいたり、 15また其處そこ出帆しゆつぱんして翌日よくじつキオスの沖合おきあいいたり、次日つぎのひサモスにちやくし、明日あくるひはミレトにいたれり。 16けだしパウロ[せう]アジアにてひまらざらんため、エフェゾに立寄たちよらじとけつしたるなりき。これるべくばエルザレムにてペンテコステのすごさんといそたればなり。 17パウロミレトよりひとをエフェゾにつかはして、教會けうくわい長老ちやうらうたちび、 18彼等かれらきたりあつまりしかば、パウロこれひけるは、が[せう]アジアにりし最初さいしよより、つね如何いかにしてなんじともりしかは、なんじところなり、 19すなは一切いつさい謙遜けんそんなみだと、ユデアじん企書たくみよりわがおこりし患難くわんなんとにおいしゆ奉事ほうじしつつ、 20なんじえきするところすこしかくことなく、これなんじらせ、おほやけにてもまた家々いへいへきてもなんじをしへ、 21ユデアじんにも異邦いはうじんにも、かみたいして改心かいしんすべきこと我主わがしゆイエズス、キリストを信仰しんかうすべきこと證明しようめいしたり。 22いまわれ[せい]れいせまられてエルザレムにおもむくなるが、如何いかなることわが到來たうらいすべきかはこれらず、 23ただ聖霊せいれいすべての市町まちおいわれ保證ほしようし、縲絏なはめ患難くわんなんわれをエルザレムにてり、とのたまへるをるのみ。 24れどもこれことわれひとつおそろしとず、くべきみちよろこびてまつたうし、しゆイエズスよりたまはりたる恩寵おんちよう福音ふくいん證明しようめいするの[せい]えきをだにつくば、わが生命せいめいをもたふとしとはざるべし。 25われれり、われかつゆきめぐりてなんじうちかみくに宣傳のべつたへたりしが、よ、いまなんじすべふたたわがかほざるべし。 26ゆゑわれ今日こんにちなんじ断言だんげんす、衆人しゆうじんきてわれつみなし、と。 27かみ思召おぼしめしもらところなく、ことごとなんじげたればなり。 28聖霊せいれいかみ教會けうくわいすなは御血おんちもつたまひたる教會けうくわいぼくせよとて、なんじててむれうへ監督かんとくたらしめたまひたれば、なんじおのれにもむれ全體ぜんたいうへにもかへりみよ。 29われれり、出立しゆつたつのちむれをしまざるたけきおほかみなんじうちらんとす。 30また弟子でしたちさそひておのれしたがはせんとて、よこしまなることかた人々ひとびとなんじうちにもおこるべければ、 31なんじが三ねんあひだ晝夜ちうやとなく、なみだもつ一人ひとり々々びとりなんじすすめてまざりしことを、記憶きおくめて警戒けいかいせよ。 32いまわれなんじかみゆだね、また建物たてものつくことすべせいられたるひとともよつぎたらしむることとをたまふものの恩寵おんちようことばゆだぬ。 33ひと金銀きんぎん衣服いふくむさぼりしことなきは、 34なんじみづかれるがごとし。われおよわれとも人々ひとびとえうするところは、この兩手りやうてこれ供給きようきふしたればなり。 35かくごとく、はたらきてよわひとたすくべきこと、「あたふるはくるよりもさいはひなり」、としゆイエズスののたまひし御言おんことば記憶きおくすべきことを、われ萬事ばんじおいなんじしめせり、と。 36をはりてのち、パウロひざまづきて一同いちどうともいのりけるが、 37みなおほいにかなしみなげき、パウロのくびいだききて接吻せつぷんし、 38ふたたそのかほざるべし、とひしことばによりて殊更ことさらかなしみたりしが、人々ひとびとかれふねまでおくりけり。

第21章[編集]

1われやうや彼等かれらわかれてふねり、コス[じま]に直航ちよくかうして翌日よくじつロデ[じま]にいたり、それよりパタラ[]にきしが、 2フェニケアへ渡海とかいするふねひたれば、これりて出帆しゆつぱんし、 3クプロ[じま]おきいたり、これひだりてシリアにわたり、チロにいたれり。其處そこにて船荷ふなにおろすべければなり。 4弟子でしたちたづねいだして、其處そことどまこと七日なぬかなりしが、彼等かれらは[せい]れいによりて、パウロにエルザレムへのぼることなかれ、とたり。 5七日なぬかのち出發しゆつぱつしてきけるに、彼等かれらみな妻子さいしとも市外しぐわいまでおくりしかば、われ海岸かいがんひざまづきていのり、 6たがひわかれげて、われふね彼等かれらいへかへれり。 7かくわれチロよりうみわたてて、プトレマイスに上陸じやうりくし、兄弟等きやうだいたち挨拶あいさつして彼等かれらもととどまこといちじつ8翌日よくじつ出立しゆつたつしてカイザリアにいたり、かのしちにん一人ひとりなるフィリッポ福音ふくいんいへりてそのもととどまりしが、 9これ童貞どうていなるにんむすめありて、みな預言よげんしつつありき。 10われ數日すうじつ此處こことどまれるあひだに、アガポとへる一人ひとり預言よげんしやユデアよりきたり、 11われちかづきてパウロのおびり、おの手足てあししばりてひけるは、聖霊せいれいのたまはく、エルザレムにおいかくごとく、ユデアじんこのおびぬしをばしばりて異邦いはうじんわたさん、と。 12これきて、われ土地とち人々ひとびとも、エルザレムにのぼることなかれとねがたれど、 13パウロこたへてひけるは、なんじなにすれきてわがこころうれひしむる、われしゆイエズスの御名みなためには、エルザレムにおいしばらるるのみならず、ぬる覚悟かくごをさえせるなり、と。 14われつひときずして、しゆ御旨みむねままれかし、とひてみたり。 15數日すうじつのちわれたび支度じたくしてエルザレムにのぼとき16カイザリアよりの弟子でし數人すにんきたりてわれともなひ、ムナソンとへるクプロうまれのふる弟子でしもと宿やどらせんとて、そのいへともなけり。 17エルザレムにいたりしかば、兄弟等きやうだいたちわれ歓迎くわんげいせり。 18翌日よくじつパウロわれともにヤコボのいへりしに、長老ちやうらうたちみなあつまりしかば、 19パウロ彼等かれら接吻せつぷんして、おのせいえきりて異邦いはうじんうちかみたまひしことつぶさかたりけるに、 20彼等かれらきてかみ賞賛しやうさんし、かつパウロにひけるは、兄弟きやうだいよ、なんじごとく、ユデアじんうちしんじたるものいくまんおよびて、みな律法りつぱふ熱心ねつしんなるが、 21彼等かれらは、なんじ異邦いはうじんちゆうのユデアじんむかひ、面々めんめん男子だんし割禮かつれいさづくるにおよばず、慣例くわんれいしたがふにおよばず、とひてモイゼにとほざかることをしふるをけり。 22如何いかにかすべき、彼等かれらなんじきたれることくべければ、かならおびただしくきたりあつまるならん。 23ればわれなんじぐるところせ、われ誓願せいぐわんいうせるひとにんあり、 24なんじ彼等かれらひきりてともきよめ、かつ費用ひようべんじてそのかしらさせよ、しかせばひとみななんじきてきしところいつはりにして、なんじみづか律法りつぱふまもりつつあゆめることるべし、 25異邦いはうじんにしてしんじたる人々ひとびとくわんしては、われ議定ぎていして、ただ偶像ぐうざうささげられしもの絞殺しめころされしものと私通しつうとをくべし、と書贈かきおくれり、と。 26かくてパウロかの人々ひとびとひきり、翌日よくじつきよめてともに[しん]殿でんり、面々めんめんため供物そなへものさんとて、きよめ期日きじつさだめたり。 27七日なぬかをはらんとするとき、[せう]アジアよりのユデアじん、パウロを[しん]殿でんうちしかば、人民じんみん煽動せんどうし、かれけてさけびけるは、 28たすけよ、イスラエルの男子だんしたちこれいたところ人民じんみん律法りつぱふこのところとにはんすること人々ひとびとをしへ、しか異邦いはうじんを[しん]殿でんらしめて、この聖所せいじよけがせるものなり、と。 29けだし彼等かれらはエフェゾじんなるトロフィモがかれとも市中しちゆうるをて、パウロこれを[しん]殿でんれたりとおもひしなり。 30ここおい市中しちゆうこぞりてたちさわぎ、人民じんみんはせあつまりてパウロをとらへ、[しん]殿でんそと引出ひきいだししが、もんただちとざされたり。 31人々ひとびとパウロをころさんとはかりければ、軍隊ぐんたい千夫長せんぷちやうもとに、エルザレムまつたみだれたりとの報告ほうこくあり、 32千夫長せんぷちやうただちに、兵卒へいそつおよ百夫ひやくふちやうらをひきゐて人民じんみんところはせきたりしかば、人々ひとびと千夫長せんぷちやう兵卒へいそつとをて、パウロをことめたり。 33千夫長せんぷちやうちかづきてこれとらへ、めいじてふたつくさりにてつながせ、たれなるぞ、なにししぞ、とたづぬるに、 34群衆ぐんしゆううちより口々くちぐち彼是かれこれさけび、さわがしさに事實じじつたしかむることあたはざれば、めいじてパウロを兵営へいえいうち牽入ひきいれしめしが、 35階段かいだんいたり、パウロ人民じんみんの[押合おしあふ]いきほひため兵卒へいそつかきげらるるにおよべり、 36かれころせとさけびつつ、人民じんみんおびただしくあとしたへばなり。 37パウロかれて兵営へいえいらんとするとき千夫長せんぷちやうむかひ、われなんじかたりてきか、とひしかばかれひけるは、なんじギリシアれりや、 38過日くわじつ騒動さうどうおこして四千にん刺客せきかく引出ひきいだししエジプトじんなんじあらずや、と。 39パウロこれひけるは、われじつはシリシア[しう]のタルソうまれなるユデアじんにして、かくれなきまち公民こうみんなり、人民じんみんものいことゆるせ、と。 40かれゆるししかば、パウロ階段かいだんちて人民じんみん手眞似てまねしたるに、みな沈黙ちんもくしたりければ、ヘブレオにてかたりけるは。

第22章[編集]

1兄弟きやうだいにしてちちたる人々ひとびとよ、なんじべんとする事由ことわけけ、と。 2人々ひとびとかれがヘブレオにてかたるをきて一層ひとしほ沈黙ちんもくせり。 3かくてパウロひけるは、われはユデアじんにして、シリシアのタルソにうまれ、この市中まちそだてられ、先祖せんぞ律法りつぱふ眞理しんりしたがひてガマリエルの足下あしもとをしへられ、律法りつぱふため奮励ふんれいせしは、あたか今日けふなんじ一同いちどうせるごとくなりき。 4男女だんぢよしばかつ拘留こうりうして、いたらしむるまでこのみち迫害はくがいせしは、 5司祭しさいちやうおよ長老ちやうらうくわいわれきて證明しようめいせるがごとし。われまた彼等かれらより兄弟等きやうだいたちてたる書簡しよかんけ、人々ひとびとしばりてエルザレムにき、けいけしめんとてダマスコへきつつありしに、 6ダマスコにちかづかんとする途中みちすがら日中につちゆうたちまおほいなるひかりありてわれかこみてらせり。 7たふれて、サウロよ、サウロよ、何故なにゆゑわれ迫害はくがいするぞ、とわれへるこゑき、 8しゆよ、なんじたれぞ、とこたへしに、われなんじ迫害はくがいせるナザレトのイエズスなり、とはれたり。 9伴侶みちづれなる人々ひとびとひかりたれど、われかたれるものこゑをば聞分ききわけざりき。 10われしゆよ、なにすべきぞ、とひたるにしゆのたまはく、ちてダマスコにけ、すべなんじためさだまりたること其處そこにてはるべし、と。 11かくわれかのひかりかがやきためえざれば、伴侶みちづれひとかれてダマスコにいたれり。 12しかるにアナニアとて、律法りつぱふ遵奉じゆんぽう敬虔けいけんにして、たうめるユデアじん一般いつぱん好評かうひやうあるひと13わがもときたかたはらちて、兄弟きやうだいサウロ、よ、とひしかばわれ即時そくじこれたり。 14かれまたひけるは、われ先祖せんぞかみは、なんじをして御旨みむねり、なるものそのくちづからこゑかしめんこと豫定よていたまへり。 15なんじ見聞みききせしこときて、萬民ばんみんかれ證人しようにんたるべければなり。 16いまなにをか躊躇ためらふぞや、ちてせんせられよ、御名みなたのみてなんじつみすすぎれ、と。 17かくわれエルザレムにかへり、神殿しんでんにていのれるをりうばはるるごとくになりて、 18しゆたてまつりしが、しゆわれむかひて、いそげ、はやくエルザレムをでよ、人々ひとびとわれくわんするなんじ證明しようめい承容うけいれざるべければなり、とのたまへり。 19そのときわれしゆよ、かつしゆしんずる人々ひとびと監獄かんごく閉籠とぢこめ、これしよ會堂くわいどうにてむちうちしこと20またしゆ證人しようにんステファノのながされしときたちひ、かつ賛成さんせいしてこれころ人々ひとびと上衣うはぎまもりたりしことは、彼等かれらところなり、とひたるに、 21しゆわれのたまひけるは、け、なんじとほ異邦いはうじんつかはすべし、と。 22人々ひとびとこのことばまできけるが、ここいたりてこゑはりげ、かかもの地上ちじやうよりとりけよ、くるにらず、とひて、 23さけびつつ衣服いふくぬぎて、かつ空中くうちゆうちりなげとばしければ、 24千夫長せんぷちやうめいじてパウロを兵営へいえい牽入ひきいれしめ、また人々ひとびとかれたいしてくまでにさけぶことの何故なにゆゑなるかをらんとて、むちうたしめ拷問がうもんせしめんとせり。 25れば人々ひとびとかはひももつしばりたるに、パウロかたはらてる百夫ひやくふちやうひけるは、ロマじんにしてしか宣告せんこくせられざるものなんじむちうつこときか、と。 26百夫ひやくふちやうこれきて千夫長せんぷちやうちかづき、げて、なんじ如何いかにせんとするぞ、このひとはロマの公民こうみんなるものを、とひしかば、 27千夫長せんぷちやうちかづきてパウロにひけるは、われげよ、なんじはロマじんなりや、と。パウロ、しかり、とひしに、 28千夫長せんぷちやうわれ大金たいきんもつこの公民こうみんけんたり、とこたへしかばパウロ、われなほうまれながらにしてしかり、とへり。 29ここおい拷問がうもんせんとせし人々ひとびとたちま立去たちさり、千夫長せんぷちやうまたそのロマ公民こうみんたることりてのちは、これしばりたるがためおそれたり。 30翌日よくじつパウロがユデアじんうつたへらるる所以ゆゑんなほくわしくらんとて、千夫長せんぷちやうその縲絏なはめき、めいじて司祭しさいたちぜん議會ぎくわいとを招集せうしふし、パウロをひきいだしてそのまへたしめたり。

第23章[編集]

1パウロ議員ぎゐんかた熟視みつめてひけるは、兄弟きやうだいたる人々ひとびとよ、われ今日こんにちいたるまで、良心りやうしんつくしてかみ御前みまへつかへたり、と。 2ここおい司祭しさいちやうアナニア、たちへる人々ひとびとに、パウロのくちてとめいぜしかば、 3パウロこれひけるは、しろぬりかべよ、かみなんじたまはん、なんじ律法りつぱふままわれさばかんとてしながら、律法りつぱふはんしてめいじてわれたしむるか、と。 4たちへる人々ひとびとなんじかみ大司祭だいしさいのろふや、とひしに、 5パウロひけるは、兄弟等きやうだいたちよ、われその大司祭だいしさいなることらざりき。けだしかきしるして「なんじたみきみのろふことなかれ」とあり、と。 6パウロ議員ぎゐん一部いちぶはサドカイじんなるに、一部いちぶはファリザイじんなることりて、議會ぎくわいよばはりけるは、兄弟きやうだいたる人々ひとびとよ、われはファリザイじんにして、ファリザイじんなるが、死人しにん復活ふくくわつ希望きぼうため裁判さいばんせらるるなり、と。 7ひしかば、ファリザイじんとサドカイじんとのあひだ激論げきろんおこりて、會衆くわいしゆう分裂ぶんれつせり。 8はサドカイじん復活ふくくわつ天使てんしれいしとふを、ファリザイじんいづれもりと主張しゆちようすればなり。 9すさまじき叫喚さけびとなりて、ファリザイじんちゆうあるものどもたちあらそひてひけるは、われこのひと何等なんらあくをもみとめず、もしれいまた天使てんしありてかれかたりたらんには如何いかん、とて、 10はげしきあらそひとなりしかば、千夫長せんぷちやうパウロが彼等かれら引裂ひきさかれんことおそれて、兵卒へいそつめいじ、くだりて彼等かれらうちよりパウロをうばひり、えいない牽入ひきいれしめたり。 11つぎのしゆたちまちパウロのかたはらあらはれてのたまひけるは、はげめ、けだしエルザレムにおいわれしようしたるがごとく、ロマにおいてもしようせざるべからず、と。 12けて、あるユデアじんどもあひあつまり、ちかひてパウロをころすまでは飲食いんしよくすまじとへり。 13このくはだてあづかりしもの四十にん以上いじやうなりしが、 14司祭しさいちやう長老ちやうらうたちとのもといたりてひけるは、われ大願だいぐわんてて、パウロをころすまではなにをもくちれじとちかへり。 15れば、パウロの事情じじやうなほくわしくらんとするごとくにして、かれなんじまへ出頭しゆつとうせしむるやう千夫長せんぷちやう報知ほうちせよ、われそのちかづかざるうちこれころさんと覚悟かくごせり、と。 16パウロが姉妹しまいこのあくけいきて、きて兵営へいえいうちりパウロにこれげしかば、 17パウロ一人ひとり百夫ひやくふちやうびてひけるは、この青年せいねん千夫長せんぷちやうもとたづさけ、かれぐべきことあればなり、と。 18百夫ひやくふちやうたづさへてこれ千夫長せんぷちやうもとみちびき、ひけるは、囚人しうじんパウロわれふに、なんじかたるべきことあるこの青年せいねんなんじもとみちびかんこともつてせり、と。 19千夫長せんぷちやう青年せいねんりて別所べつしよ連行つれゆき、われかたるべきこととは何事なにごとぞ、とひしかば、 20かれひけるは、ユデアじんまうしあはせて、パウロの事情じじやうなほたしか尋問じんもんせんとするごとくにして、明日あすパウロを議會ぎくわい出頭しゆつとうせしめんことなんじ申出まうしいでんとす、 21れど彼等かれらしんずることなかれ、彼等かれらうち四十にん以上いじやうものどもかれころすまでは飲食いんしよくせずとちかひ、いますで準備じゆんびして、なんじ約束やくそくちつつあればなり、と。 22千夫長せんぷちやうこのことわれげたりとたれにもかたることなかれ、といましめて青年せいねんかへし、 23二人ふたり百夫ひやくふちやうびてひけるは、なんじカイザリアにけて、兵卒へいそつ二百にん騎兵きへい七十にん槍持やりもち二百にんよるの九より仕立したてさせ、 24またうまそなへてパウロをらしめ、無事ぶじ総督そうとくフェリクスのもとともなかしめよ、と。 25これユデアじんがパウロをとらへてころことあらば、おのれ賄賂まひなひけたるごとく、のちいたりて讒訴ざんそせられんことおそれしゆゑなり。 26かきへたる書簡しよかんぶんごとし、 27クロウヂオ、ルジア、いとたふと総督そうとくフェリクスに挨拶あいさつす。このひとユデアじんとらへられてすでころされんとせしを、われそのロマじんたることき、軍隊ぐんたい牽往ひきゆきて救出すくひいだしたるが、 28彼等かれらこれとがむる所以ゆゑんらんとほつして、これその議會ぎくわいめしれたるに、 29われそのうつたへらるるところ彼等かれら律法りつぱふくわんする問題もんだいたるをみとめて、いささか死刑しけいもしくは入獄にふごくあたつみあるをみとめず、 30加之しかのみならず彼等かれらこれがいせんとするくはだてありとげられたれば、これなんじもとおくり、告訴こくそにんにも、なんじ法廷はふてい起訴きそせよ、と告示こくじせり、なんじ健康すこやかなれ、と。 31れば兵卒へいそつ命令めいれいしたがひ、パウロをたづさへて夜中やちゆうにアンチパトリに連行つれゆき、 32明日あくるひ騎兵きへいのこしてこれともなはしめ、おのれ兵営へいえいかへりしが、 33騎兵きへいはカイザリアにいたり、総督そうとく添書てんしよわたして、パウロをもそのまへたしめたり。 34総督そうとく添書てんしよみて、本國ほんごく何國いづくぞ、とひ、そのシリシアしうなるよしきしかば、 35なんじ告訴こくそにんきたりてのちなんじくべし、とひて、めいじてパウロをヘロデのていないまもらしめたり。

第24章[編集]

1五日いつかのち司祭しさいちやうアナニア、ある長老ちやうらうたちおよびテルトルロとへる一人ひとり弁士べんしともくだりて、総督そうとくもとにパウロを告訴こくそしたり。 2パウロ呼出よびいだされければ、テルトルロうつたへをひらきてひけるは、いとたふときフェリクスよ、われなんじいんによりて泰平たいへいうち生活せいくわつし、かつなんじ先見せんけんによりて人民じんみんため改良かいりやうせらるることおほきは、 3何時いつにても何處いづこにても、われ感謝かんしやへざるところなり。 4なんじひまくまじきがゆゑに、こひねがはくはれい寛仁くわんじんもつて、しばらわれかれんことを、 5われこのひと疫病えきびやうごとものにして、世界せかいいたところすべてのユデアじんちゆう騒亂さうらんひきおこし、ナザレトじん一揆いつき張本ちやうほんにして、 6[しん]殿でんけがさんとまでつとめたることみとめたり。われこれとらへ、わが律法りつぱふしたがひて裁判さいばんせんとおもひしに、 7千夫長せんぷちやうルジア不意ふいきたり、多勢たぜいもつわれよりこれうばひり、 8その告訴こくそにんめいずるに、なんじもといたらんこともつてせり。なんじこれききたださば、われこれ告訴こくそする一切いつさい事情じじやうべし、と。 9ユデアじんまたこれくはへて、すべそのごとし、とへり。 10総督そうとく點頭うなづきて發言はつげんゆるししかばパウロこたへけるは、われなんじ多年たねんこの國民こくみんうへ判事はんじたることれば、こころよわがため弁解べんかいせん。 11けだしなんじ了解れうかいらるるがごとく、禮拝れいはいためエルザレムにのぼりたるのちいまだ十二にち以上いじやうたつせず、 12また彼等かれらわれを[しん]殿でんみとめたるも、ひとろんへるにもあらず、また會堂くわいどうにも市中しちゆうにも、人民じんみん召集せうしふしたりしにもあらず、 13いまわれ告訴こくそするてんきても、彼等かれらこれしようするあたはざるなり。 14りながらわれなんじ自白じはくせん、すなはわれ彼等かれら異端いたんべるみちしたがひて、わが先祖せんぞたちかみつかまつり、すべ律法りつぱふおよ預言よげんしやしよかきしるしたることしんじ、 15彼等かれらみづからもてる義者ぎしや不義ふぎしや未來みらい復活ふくくわつを、かみりて希望きぼうするなり。 16われこれりて、かみたいまたひとたいして、良心りやうしんつねとがめなくたもたんことつとむ。 17ねんわれわが國民こくみんほどこしし、かつ供物そなへもの誓願せいぐわんとをさんためきたりしが、 18そのさいアジアよりきたりし數人すにんのユデアじんすできよめられたるを、[しん]殿でん見付みつけたれど、群衆ぐんしゆうもなく騒亂さうらんもなかりき。 19われとがむべきことあらば、彼等かれらこそなんじまへちて告訴こくそすべきなれ。 20もしまたこの人々ひとびとにして、その會議くわいぎちしとき何等なんらかの不正ふせいなるかど見出みいだしたるならば、彼等かれらみづかふべし。 21ただ彼等かれらうちち、よばはりて、今日こんにちなんじ裁判さいばんせらるるは、死者ししや復活ふくくわつきてなり、とひし一聲ひとこえほかなかるべし、と。 22フェリクスこのみちこといとくわしくりたりければ、裁判さいばん延期えんきしてひけるは、千夫長せんぷちやうルジアのくだりてのちなんじかん、と。 23かく百夫ひやくふちやうめいずるに、パウロをくつろがしめ、友人いうじん一人ひとりにだもこれ供給きようきふするをきんずることなくしてまもるべきよしもつてせり。 24數日すじつのちフェリクス、ユデアじんなるそのつまドルジルラとともきたり、パウロをまねきてキリスト、イエズスにおけ信仰しんかうこときしが、 25パウロ正義せいぎ貞操ていさう未來みらい審判しんぱんとにきてろんじければ、フェリクスをののきてこたへけるは、たうぶんひきりてれ、われをりなんじまねかん、と。 26加之しかのみならずフェリクスは、パウロよりかねあたへられんことのぞめるがゆゑに、數次しばしばこれまねきてかたりつつありしが、 27ねんてポルチオ、フェストを後任こうにんしやたりければ、ユデアじんよろこばしめんとてパウロをつなぎたるままさしおけり。

第25章[編集]

1フェスト赴任ふにんして三日みつかのち、カイザリアよりエルザレムにのぼりければ、 2司祭しさいちやうおよびユデアじん重立おもだちたるもの、パウロをうつたへんとてそのもといたり、 3御恵みめぐみにはめいじてパウロをエルザレムに連行つれゆかしめたまへ、とねがへり。これ途中とちゆうまちぶせして、かれころさんとすればなり。 4フェストこたへて、パウロはまもられてカイザリアにり、われほどなく出立しゆつたつすべければ、 5もしかのひとつみあらば、なんじうちしかるべき人々ひとびとわれともくだりてこれうつたふべし、とへり。 6かくてフェストは、八日やうか十日とうかばかり彼等かれらうち滞在たいざいしてカイザリアにくだり、翌日よくじつ法廷はふていし、めいじてパウロを引出ひきいださせしが、 7パウロ召出めしいだされければ、エルザレムよりくだりたるユデアじんこれとりかこみて、種々しゆじゆ重罪ぢゆうざいはせたれど、これしようすることあたはざりき。 8パウロはみづか弁解べんかいして、われユデアじん律法りつぱふたいしても、神殿しんでんたいしても、セザルにたいしても、なんらのつみおかしたることなし、とへり。 9フェストユデアじんよろこばせんとて、パウロにこたへて、なんじエルザレムにのぼり、彼處かしこにてわがまへ裁判さいばんけんことほつするか、とひしかば、 10パウロひけるは、われはセザルの法廷はふていてり、此處ここにて裁判さいばんせらるべし。なんじれるがごとく、われはユデアじんがいくはへたることなし、 11もしがいくはへたるか、あるひ死刑しけいあた何事なにごとをかしたらんには、われせず、れど彼等かれらわれはすることひとつたずば、たれわれ彼等かれら交付ひきわたべからず、われセザルに上告じやうこくす、と。 12ここおいてフェスト、陪席ばいせきだんじてのちこたへけるは、なんじセザルに上告じやうこくしたればセザルのもとくべし、と。 13數日すじつてアグリッパわうおよびベルニケは、フェストの安否あんぴはんとてカイザリアにくだり、 14數日すじつかん滞在たいざいしければ、フェストパウロのことわうげてひけるは、ここにフェリクスよりのこかれたる一人ひとり囚人しうじんあり、 15われエルザレムにりしとき司祭しさいちやう、ユデアじん長老ちやうらうたちわがもときたりて、これ宣告せんこくねがひしかど、 16われ何人なにびとにもあれ、被告ひこくにん原告げんこくにん對面たいめんしてつみ弁解べんかいするをりざるうちに、これ刑罰けいばつするは、ロマじん慣例くわんれいあらず、とこたへたり。 17これより彼等かれらときうつさず此處ここあつまりきたりたれば。翌日よくじつわれ法廷はふていし、めいじてかのひと引出ひきいださしめ、 18原告げんこくにんこれたちひしに、嫌疑けんぎけたるごとつみをばいちてんはせず、 19おの宗教しうけうおよれりとパウロが断言だんげんせる一人ひとり死者ししやイエズスにくわんする問題もんだい提出ていしゆつしたるのみ、 20われかか問題もんだいには當惑たうわくしたればかのひとむかひて、なんじエルザレムにいたり、これきて裁判さいばんくることのぞむか、とひしに、 21パウロはオグストの裁判さいばん保留ほりうせらるるやう上告じやうこくせしかば、われめいじて、セザルのもとおくるまでまもらせけり、と。 22アグリッパ、われかのひときたし、とフェストにひしかば、なんじ明日きやうにちこれくべし、とへり。 23翌日よくじつアグリッパとベルニケと華美はでつくしてきたり、千夫長せんぷちやうおよまち重立おもだちたる人々ひとびととも公判廷こうはんていりしかば、フェストの命令めいれいもとにパウロ引出ひきいだされたり。 24かくてフェストひけるは、アグリッパわうおよ此處ここわれ列席れつせきせるひとたちよ、なんじこのひとは、ユデアじん群衆ぐんしゆうこぞりてわれうつたへ、最早もはやくべきものあらず、とさけびつつねがひしものなり。 25しかしてわれあたひする何等なんらつみなきことかれみとめたれど、かのオグストに上告じやうこくせしにより、これ送付そうふすべしとけつせり。 26われきみ上書じやうしよせんとするに確乎たしかなる事實じじつなきをもつて、これなんじまへことにアグリッパわうよ、御前みまへ引出ひきいだし、尋問じんもんして上書じやうしよすべき事柄ことがらんとす、 27囚人しうじんおくりてそのざいあんかきへざること無理むりなるをおもへばなり、と。

第26章[編集]

1アグリッパパウロにむかひ、なんじみづからのため弁解べんかいすることゆるされたるぞ、とひしかば、パウロべて事由ことわけいひでけるは、 2アグリッパわうよ、がユデアじんよりうつたへらるるすべてのことき、今日けふ御前みまへ弁解べんかいせんことは、りてさいはひとするところなり。 3殊更ことさらユデアじんあひだおけ慣習くわんしふ問題もんだいも、すべなんじところなれば、ねがはくは忍耐にんたいもつわれみみたまはんことを。 4はじめよりエルザレムにて、わがこくみんあひだいとなみし少年せうねん以來いらい生活せいくわつは、ユデアじんみなところにして、 5彼等かれらもし證明しようめいするこころあらば、われ宗教しうけうもつとたしかなるしたがひて、ファリザイじんとして生活せいくわつせしことは、もとよりこれれるなり。 6いままたかみよりわれ先祖せんぞれし約束やくそくのぞみをくればこそ、われちて裁判さいばんくるなれ。 7われの十二ぞく晝夜ちうやとなく、一向ひたすらかみ禮拝れいはいして、この約束やくそくこと希望きぼうするに、わうよ、この希望きぼうきてぞ、われはユデアじんよりうつたへらるる。 8かみ死者ししや復活ふくくわつせしめたまことを、なんじなんしんがたしとする、 9われに、ナザレトのイエズスの御名みなたいして、おほいにさからはざるべからず、とかつてはおもひたりしかば、 10エルザレムにおいてもしかせり、かつ司祭しさいちやうたちより権力けんりよくさづかりて、おほくの聖徒せいと監獄かんごく閉籠とじこめ、かつ彼等かれらころさるるときこれ賛成さんせい投票とうへうをなせり。 11またしよ會堂くわいどうおい數次しばしば彼等かれらばつし、冒涜ばうとくせまり、かつますます彼等かれらたいしてきようふんし、外國ぐわいこく市町まちまで迫害はくがいしつつありき。 12かく司祭しさいちやうたちより権力けんりよく許可きよかとをて、ダマスコにおもむきしをり13わうよ、途次みちすがら日中につちゆうに、かがやきにもまされるひかりわれおよ伴侶みちづれかこてらせるをたり。 14われ皆地みなちたふれしが、ヘブレオにて、サウロよ、サウロよ、なんわれ迫害はくがいするや、とげあるむちさからふことはなんじりてかたし、とわれへるこゑけり。 15われしゆよ、なんじたれぞ、とひしにしゆのたまはく、われなんじ迫害はくがいするイエズスなり、 16ただしきてあしにててよ、なんじあらはれしは、なんじてて役者えきしやし、かつなんじすでことと、またあらはれてなんじしめすべきこときて證人しようにんたらしめんためなり。 17われこの人民じんみんおよ異邦いはうじんよりなんじすくはん、なんじ彼等かれらつかはすは、 18彼等かれらひらきてやみよりひかりに、サタンの権威けんゐよりかみたちかへらしめ、われおけ信仰しんかうりてつみゆるし聖徒せいとちゆう配分はいぶんとをさせんためなり、と。 19ればアグリッパわうよ、われてんしめしそむかずして、 20まづダマスコに人々ひとびとに、つぎにエルザレムに、つぎにユデアぜん地方ちはういたり、つぎ異邦いはうじんにまでも彼等かれら改心かいしんすべきことまた改心かいしん相應ふさわしきげふして、かみたちかへるべきことげつつありき。 21これために、が[しん]殿でんりしとき、ユデアじんわれとらへてころさんとこころみたり。 22れどかみのおんたすけによりて、今日こんにちいたるまでたふるることなく、ちひさひとにも、おほいなるひとにも證明しようめいして、ところは、預言よげんしやたちおよびモイゼが、将來しやうらいこるべしとかたりしことほかならず。 23すなはちキリストのくるしむべきこと死者ししやうちよりさき復活ふくくわつして、人民じんみんおよ異邦いはうじんひかりつたうべきことこれなり、と。 24パウロがかたりて弁解べんかいしつつあるほどに、フェストこゑたかく、パウロよ、なんじくるへるなり、博學はくがくなんじくるわせたり、とひしかば、 25パウロ [ひけるは、]いとたふときフェストよ、われくるはず、かたところまこと常識じやうしきとのことばなり。 26けだし[アグリッパ]わうこれことたまへば、われまたはばからずしてこれかたる。このことひとつ片隅かたすみおいおこなはれたるにあらざれば、わうれざるものなきを確信かくしんすればなり。 27アグリッパわうよ、預言よげんしやたちしんたまふか、われそのしんたまふをれり、と。 28アグリッパパウロにむかひ、なんじわれきてキリスト信者しんじやたらしむるに、のこれるところわづかなり、とひしかば、 29パウロ [こたへける]は、かみ御前みまへのぞところは、わづかことらずおほことらず、ひとりなんじのみならでける人々ひとびとまた一同いちどうこの縲絏なはめのぞくのほかは、ごとものとならんことこれなり、と。 30このときわう総督そうとくとベルニケと、ならび列座れつざ人々ひとびと立上たちあがりしが、 31退しりぞきてのちかたりひて、かれ死刑しけいもしくは就縛じゆばくあた何事なにごとをもししことなし、とへるに、 32アグリッパフェストにひけるは、かのひとセザルに上告じやうこくせざりしならば、ゆるさるべかりしものを、と。


第27章[編集]

1かくてパウロイタリアへ航海かうかいし、かつ囚人しうじんともに、オグストたいのユリオとへる百夫ひやくふちやうわたさるべしとけつせられしかば、 2われは[せう]アジアの處々しよしよ廻航くわいこうすべきアドラミットのふねりて出帆しゆつぱんせしが、テサロニケのマケドニアじんアリスタルコも、またわれともりき。 3翌日よくじつシドンにいたりしに[百夫ひやくふちやう]ユリオは懇切ねんごろにパウロをあしらひ、友人いうじんいへいたりて歓待くわんたいくることゆるせり。 4此處ここ出帆しゆつぱんして、逆風ぎやくふうためにクプロ[じま]の風下かざしもとほり、 5シリシアとパンフィリアとのなだかうして、リシア[しう]のミラ[みなと]にいたり、 6此處ここにてイタリアへ出帆しゆつぱんするアレキサンドリアのふね見付みつけしかば、百夫ひやくふちやうわれこれじようへさせたり。 7數日すじつあひだふね進行しんかうおそく、からうじてグニド[半島はんたう]の沖合おきあひいたりしも、なほ逆風ぎやくふうためにサルモネ[みさき]にちかづき、クレタ[じま]の風下かざしもとほりて、 8やうやをか沿ひて、タラサのまちほどちかき、良港よきみなとへるところいたれり。 9ときことすでひさしく、断食だんじきせつぎしころとて、航海かうかい安全あんぜんならざれば、パウロ彼等かれら警戒けいかいして、 10ひけるは、男子だんしたちよ、われ航海かうかいやうや困難こんなんり、ただ積荷つみにふねのみならず、われにも損害そんがいおほかるべきことをみとむ、と。 11れど百夫ひやくふちやうは、パウロのところよりも船長せんちやう船主せんしゆとを信用しんようし、 12このみなとふゆすごすに不便ふべんなればとて、多數たすう決議けつぎによりて此處ここはつし、るべくクレタ[じま]のいつかうにして、西にしみなみきた西にしとの風下かざしもむかへるフェニスにいたりて、ふゆごさんこととなれり。 13をりしも南風みなみかぜしづかきければ、彼等かれらその目的もくてきかなへりとおもひていかりげ、ちかくクレタ[じま]に沿ひて航行かうかうしけるに、 14いくほどもなくユロアクィロとなづくる大風おほかぜふきすさみしかば、 15ふねふきながされて風上かざかみすすべくもあらず、かぜまかせてただよひつつ、 16コウダとへる[]じまもといたり、かろうじて小艇てんまとどむるをたり。 17これ引上ひきあげしに船員せんゐんは、シルト[わん]へふきられんことおそれて、そなへづなもつ船體せんたいまきくくり、おろしてそのままながれけるに、 18はげしき風浪あらしただよはされて、翌日よくじつ積荷つみにね、 19三日みつかにはづから船具ふなぐをもげたり。 20かく數日すじつあひだほしえず、はなはだしき風浪あらしかかりて、われたすかるべき見込みこみまつたたえてたり。 21人々ひとびと飲食いんしよくせざることすでひさしければ、パウロ彼等かれらうちちてひけるは、男子だんしたちよ、まへこときて、クレタ[じま]を出帆しゆつぱんせざりしならば、かか損害そんがい危険きけんとをまぬかれたりしものを。 22われいま安心あんしんせんことなんじすすむ、なんじうち一人ひとり生命いのちうしなはずして、ふねのみすたるべければなり。 23けだしぞくするところつかまつところかみ使つかひ昨夜さくやわれかたはらちて、 24ひけるは、パウロよおそるることなかれ、なんじはセザルのまへ出廷しゆつていせざるべからず、かつかみなんじ同船どうせんせるものをことごとなんじたまひたるなり、と。 25れば男子だんしたちこころやすんぜよ、われはれしごとく、しかあるべし、とかみりてしんずればなり。 26われかならあるしまいたるべし、と。 27かくだい十四いたりて、われアドリアかいかうしつつありしに、夜半よなかころ水夫すいふども何處いづこやらん土地とちゆるやうおぼえしかば、 28測鉛そくえんとうじたるに、廿ひろなることみとめ、すこしくすすみて十五ひろなることみとめたり。 29あたらんことおそろしければ、ともよりのいかりおろしてくるをちたりしが、 30水夫すいふふねよりのがれましさに、ふねへさきよりいかりおろさんとするを口實かこつけにてすで小艇てんまうみうかべたれば、 31パウロ百夫ひやくふちやう兵卒へいそつとにむかひ、この人々ひとびとふねとどまらずば、なんじたすかことあたはじ、とひしに、 32兵卒へいそつ小艇てんまつな断切たちきりてながるるにまかせたり。 33けんとするとき、パウロ一同いちどうしよくせんことすすめてひけるは、なんじなにをも飲食いんしよくせずして空腹くうふくてることすでじふよつなり、 34ゆゑわれなんじ健康けんかうためしよくせんことすすむ、けだしなんじ一人ひとりかみの一筋ひとすじだにせざるべし、と。 35いひをはりてぱんり、一同いちどうまへにてかみ感謝かんしやし、きてしよくはじめしかば、 36みな一層ひとしほこころおちきて、人々ひとびと食事しよくじしたり。 37われふねものすべて二百七十六にんなりしが、 38人々ひとびとあきりてのちむぎうみねてふねかろくせり。 39けてのちその土地とちをば見知みしらねども、ある砂浜すなはま入江いりえ見付みつけて、かなふべくは其處そこふねせんとおもひ、 40つなりていかりうみて、かじづなをもゆるめてへさきげ、かぜしたがひつつをかしてすすみけるが、 41兩方りやうほううみはさまりたるところいたりてふね乗上のりあげ、へさきはまりてうごかざれど、ともなみちからためはずたりき。 42このとき兵卒へいそつ囚徒しうとおよぎてげんことおそれて、これころさんとこころざしたれど、 43百夫ひやくふちやうパウロをすくはんとほつしてこれきんじ、めいじて、およ人々ひとびとをしてまづとびりてをかのがれしめ、 44のこれる人々ひとびとあるひいた(</