作者:鹿持雅澄

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: か 鹿持雅澄
(寛政3(1791) - 安政5(1858))
鹿持 雅澄(かもち まさずみ)は日本の国学者。生涯を捧げた著述『万葉集古義』は、谷真潮以来の土佐万葉学の集大成であると共に、国学研究の記念碑的存在となった。生前上梓はされず、雅澄の門下生である佐々木高行などから『古義』の存在を知らされた明治天皇が、使者を土佐に遣わし散逸した稿本を集め、明治24年(1891年)に出版に至った。— ウィキペディア日本語版鹿持雅澄」より。

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。