作者:高浜虚子

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: た 高浜虚子
(1874年〈明治7年〉2月22日 - 1959年〈昭和34年〉4月8日)
高浜 虚子(たかはま きょし、旧字体: 高濱 虛子)は、明治・大正・昭和の3代にわたる俳人・小説家。本名は高浜 清(たかはま きよし、旧字体: 高濱 淸)。『ホトトギス』の理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。— ウィキペディア日本語版高浜虚子」より。
高浜虚子

この著作者の全部又は一部の著作物は、1959年に著作者が亡くなっているため、著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の全部又は一部の著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。