作者:高楠順次郎

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
作者索引: た 高楠順次郎
(1866年6月29日(慶応2年5月17日) - 1945年(昭和20年)6月28日)
高楠 順次郎(たかくす じゅんじろう)は、戦前の仏教学者、インド学者。1912年、帝国学士院会員。学位は文学博士、ドクトル・フィロソフィエ(ライプツィヒ大学)など。称号は東京帝国大学名誉教授。1944年に文化勲章を受章。東京帝国大学で教鞭をとり、1897年に梵語学講座を創設。『大正新脩大蔵経』や『南伝大蔵経』等の大規模出版物を次々と企画し刊行した。— ウィキペディア日本語版高楠順次郎」より。
高楠順次郎

この著作者は1945年に亡くなっているので、この作者の全ての著作物又は一部の著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下(団体著作物にあっては公表後又は創作後)である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。