作者:高村光太郎

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: た 高村 光太郎
(1883年(明治16年)3月13日 - 1956年(昭和31年)4月2日)
高村 光太郎(たかむら こうたろう)は、日本の詩人・歌人・彫刻家・画家。日本を代表する彫刻家であり、画家でもあったが、今日にあって『道程』、『智恵子抄』等の詩集が著名で、教科書にも多く作品が掲載されており、日本文学史上、近現代を代表する詩人として位置づけられる。 — ウィキペディア日本語版高村光太郎」より。
高村 光太郎

著作一覧[編集]

外部リンク[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1956年に著作者が亡くなっているため、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者の没後50年以上経過しています。従って、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の全部又は一部の著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。