作者:頼山陽

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ら 頼山陽
(安永9年12月27日(1781年1月21日) - 天保3年9月23日(1832年10月16日))
頼 山陽(らい さんよう)は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家。名は襄(のぼる)、字は子成。山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。贈正四位。— ウィキペディア日本語版頼山陽」より。
頼山陽

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。