作者:藤岡作太郎

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ふ 藤岡作太郎
(1870年8月15日 - 1910年2月3日)
    藤岡作太郎(ふじおか さくたろう)は日本の国文学者。号は東圃(とうほ)・李花亭(りかてい)・枇杷園(びわえん)。1900年に東京帝国大学助教授。日本文学史を全体にわたって講義し、『国文学全史』の執筆にかかるが、平安朝篇のみ完成したところで病に倒れる。『国文学全史平安朝篇』は今も読み継がれる古典である。— ウィキペディア日本語版藤岡作太郎」より。
    藤岡作太郎


    共著[編集]

    著書[編集]

    校訂[編集]

    所蔵本[編集]