作者:藤原家隆

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ふ 藤原家隆
(保元3(1158) - 嘉禎3(1237))
藤原 家隆(ふじわら の いえたか)は、鎌倉時代初期の公卿、歌人。中納言・藤原兼輔の末裔で、権中納言・藤原光隆の次男。官位は従二位・宮内卿。『新古今和歌集』の撰者の一人。小倉百人一首では従二位家隆。和歌を藤原俊成に学んだ。歌集の『壬二集(みにしゅう)』は六家集の一つ。『千載和歌集』(5首)以下の勅撰和歌集に281首が採録されており、『新勅撰和歌集』には最多の43首が収められている。— ウィキペディア日本語版藤原家隆」より。
藤原家隆

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。