作者:羽地朝秀

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: は 羽地朝秀
(万暦45年5月4日(1617年6月6日) - 康熙14年11月20日(1676年1月5日))
羽地 朝秀(はねじ ちょうしゅう)は、琉球王国の政治家、歴史家。1650年、琉球最初の正史、中山世鑑を編纂した。— ウィキペディア日本語版羽地朝秀」より。

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。