作者:源順

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: み 源順
(延喜11(911) - 永観元(983))
源 順(みなもと の したごう)は、平安時代中期の学者・歌人。三十六歌仙の一人。順は若い頃から奨学院において勉学に励み博学で有名で、20代で日本最初の分類体辞典『和名類聚抄』を編纂した。天暦5年(951年)には和歌所の寄人となり、梨壺の五人の一人として『万葉集』の訓点作業と『後撰和歌集』の撰集作業に参加した。源順の和歌を集めた私家集『源順集』には、数々の言葉遊びの技巧を凝らした和歌が収められている。また『うつほ物語』、『落窪物語』の作者にも擬せられ、『竹取物語』の作者説の一人にも挙げられる。— ウィキペディア日本語版源順」より。
源順

この著作者の著作物は1924年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没後100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。