作者:沢庵宗彭

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: た 沢庵宗彭
(天正元(1573)- 正保2(1646))
沢庵 宗彭(たくあん そうほう)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての臨済宗の僧。大徳寺住持。号に東海・暮翁など。但馬国出石の生まれ。紫衣事件で出羽国に流罪となり、その後赦されて江戸に萬松山東海寺を開いた。書画・詩文に通じ、茶の湯にも親しみ、また多くの墨跡を残している。— ウィキペディア日本語版沢庵宗彭」より。
沢庵宗彭

この作者の作品は、1927年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。