作者:林泰輔

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: は 林泰輔
(1854(安政元) - 1922(大正11))
林 泰輔(はやし たいすけ)は、日本の漢学者。東京高等師範学校教授を務め、著書『周公と其時代』で学士院恩賜賞を受賞、『亀甲獣骨文字』の刊行で日本の甲骨学の先駆者となる。その甲骨文の研究は羅振玉にも影響を与え、甲骨学の大成に貢献した。— ウィキペディア日本語版林泰輔」より。

この著作者の全部又は一部の著作物は、1922年に著作者が亡くなっているため、著作権の保護期間が著作者の没後80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の全部又は一部の著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。