作者:杜牧

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: と 杜牧
(803年(貞元19年) - 853年(大中6年))
杜 牧(と ぼく)は、中国、晩唐期の詩人。字は牧之。号は樊川。晩唐の繊細な技巧的風潮を排し、平明で豪放な詩を作った。七言絶句に優れた作品が多い。杜甫の「老杜」に対し「小杜」と呼ばれ、また同時代の李商隠と共に「晩唐の李杜」とも称される。 — ウィキペディア日本語版杜牧」より。
杜牧

作品[編集]

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。