作者:山下幸内

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: や 山下幸内
(? - ?)
山下 幸内(やました こうない、生没年不詳)は、江戸時代中期の浪人。紀州藩の浪人で江戸麻布青山周辺に居住し、謙信流軍学者であると言われているが詳細は不詳。1721年(享保6年)、幸内は目安箱に諫書を投稿したが、これが世に言う山下幸内上書であり、享保の改革を批判した内容である。— ウィキペディア日本語版山下幸内」より。

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。