作者:太宰治

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: た 太宰治
(1909年6月19日 - 1948年6月13日)
太宰 治(だざい おさむ)は、日本の小説家。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し、第二次世界大戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。— ウィキペディア日本語版太宰治」より。
太宰治