作者:大伴家持

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search
作者索引: お 大伴家持
(養老2(718)頃 - 延暦4(785))
大伴 家持(おおとも の やかもち)は、奈良時代の貴族・歌人。官位は従三位・中納言。三十六歌仙の一人。長歌・短歌など合計473首が『万葉集』に収められており、このことから家持が『万葉集』の編纂に拘わったと考えられている。勅撰歌人として、『拾遺和歌集』(3首)以下の勅撰和歌集に60首が採られている。— ウィキペディア日本語版大伴家持」より。
大伴家持

この著作者の著作物は1923年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没年より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。