作者:塚原渋柿園

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: つ 塚原 渋柿園
(1848年4月4日(嘉永元年3月1日) - 1917年(大正6年)7月5日)
    塚原 渋柿園(つかはら じゅうしえん)は、明治時代の小説家。 1892年に最初の歴史小説「敵討浄瑠璃坂」を連載してからは、多くの歴史小説、髷物小説を書いた。寥州(りゅうしゅう)、志かま(しかま)、十四庵(じゅうしあん)、縦死(じゅうし)、自由思園(じゆうしえん)、時迂叟(じうそう)など多くの別名を持つ。— ウィキペディア日本語版塚原渋柿園」より。

    作品一覧[編集]


    外部リンク[編集]

    この著作者の全部又は一部の著作物は、1917年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


    この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。